【WordPress】ConoHaのVPSが最強だと思った4つの理由

サーバー

スポンサーリンク

【WordPress】ConoHaのVPSが最強だと思った4つの理由

・ConoHaのVPSでのWordPress運用に興味がある
・レンタルサーバーとVPSの違いを知りたい
・VPSを使う利点を知りたい

このような方へ向けた記事となっております。

 

今回は、WordPress用のサーバーとして人気が高い

ConoHaのVPS

についてお話します。

このブログをConoHaのVPSで動かし2週間が経過しました。

結論から言うと、僕の中でWordPress用サーバーはConoHaのVPSが最強です。

今回は、そう思った理由を「使用感」と「他のWordPress用サーバーとの比較」を交えてご説明します。

これからWordPressでブログを始めようとしている方や、VPSへの移行を考えてる方の参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

WordPress最速化OSのKUSANAGIが使える

・2020年現在WordPressの最速環境と言われるKUSANAGIを採用
・他のレンタルサーバーより表示速が3倍速いとのデータが出ている

ConoHaのVPSを選ぶ一番の理由はKUSANAGIでしょう。

KUSANAGIはプライムストラテジー社が提供しているWordPressのパッケージングサービス。

WordPressを動かすために必要なソフトウェアを最適化した状態でパッケージングしています。

そのため利用者は、KUSANAGIーバーを立ち上げた時から激速WordPressを利用できます。

しかし、そんな優秀なKUSANAGIですが、近頃注目されたテクノロジーのためConoHaやさくらなど一部のサーバーでしか利用することができません。

他のWordPress用より3倍速いとのデータも出ており、実際に使ってみると画像を貼り連ねても重さを感じません。

ページの表示速度はユーザー離脱率に大きく影響するので、KUSANAGIはSEO対策にも大きく貢献していると言えます。

スポンサーリンク

VPSのため安定可動

・OSが独立しているため他者影響を受けない
・サーバーのカスタマイズが可能

VPSはサーバーの種類の1つで、仮想専用サーバーとも呼ばれます。(レンタルサーバーとは別物)

レンタルサーバーは1つのOS共有し合うのに対し、VPSは1つのOSを占有しているため他者影響を受けず、安定可動が期待できます。

そのため、レンタルサーバーのように「Aさんのサーバーで通信量が急増したから、OSを共有してるBさんとCさんも通信量に制限がかかります」的なことが起こりません。

過去の記事で、WordPress用サーバーでレンタルサーバーとVPSの比較まとめをしているので興味がある方は是非ご覧下さい。

404 NOT FOUND | FatGreed
ITや食べ物、旅行について発信してます!

また、OSが独立しているためサーバーのカスタマイズを自由に行えます。

nginxなど表示速度に関わるミドルウェアのチューニングを行いたい時やセキュリティ設定が行えないのは厳しいです。

サーバーに詳しい人にとってカスタマイズできることは大きなメリットで、KUSANAGIとも相性が良いです。


スポンサーリンク

データセンターのリージョンが東京

・インフラ基盤が強くデータ通信の遅延が発生し辛い

ConoHaのリージョンは東京のため、国内からのアクセスであればデータの通信距離が均等で遅延が発生し辛いです。

データの通信距離はページ表示速度に直結する重要な内容なのですが、我々利用者はどうすることもできません。

サーバー会社が提示する選択肢の中から選ぶしかないのですが、ConoHaは「東京」か「シンガポール」を選択できます。

国内向けサイトの場合、「東京」を選択すれば日本の中心に位置するので通信距離が均等で遅延が発生し難いのです。

サーバー会社の多くは土地が安い北海道など都市部から外れたエリアに設置するのですが、ConoHaは日本の中心にあるのでインフラ基盤も強いです。

データーセンターが北海道、アクセス元が沖縄だとうーん・・・ってなりますよね。

スポンサーリンク

OpenStackを採用

・スケールアップで容量が足りなくなったら簡単に追加できる
・スナップショットでWordPressを丸っとコピーし検証やデータ復旧に使える

OpenStackはクラウドサービスをパッケージングしたものです。

クラウドサービスの中にはSSD(容量)が足りなくなったら追加するスケールアップや、

WordPressを丸っとコピーし検証環境構築や、サイトが動かなくなった時のデータ復旧に使えるスナップショットがあります。

OpenStackはサーバー運用する上で必須とも機能の1つで、これがあるかないかでだいぶ安心感が変わります。

半年に1回の頻度でアップデートされ、機能も増えているのでWordPressを運用する強い仲間とも言えるでしょう。

そんな心強いOpenStackですが、残念ながらレンタルサーバーでは使えません。

スポンサーリンク

まとめ 【WordPress】ConoHaのVPSが最強だと思った4つの理由

・KUSANAGIがとにかく速い
・OS独立しているため他社影響を受けず安定している
・データセンターが日本の中心にあり通信遅延が発生し辛い
・スケールアップやスナップショットがあり運用が楽

いかがでしょうか?

上記の通り、ConoHaはブログ高速化と安定稼働の面で圧倒的なパフォーマンスが期待できます。

昔のVPSはサーバーの知識が無いと難しいというイメージがありましたが、

「KUSANAGI manager」というブラウザ操作だけでWordPressを作れる機能がリリースされ、初心者の方に向けたサービスや情報が日々増えていっています。

インフラエンジニアの僕が使い、胸を張っておすすめできるサービスなのでこれからWordPressを始める方や、移行を考えてる方は是非検討してみ下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました