【比較】AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違いは?

AirPods

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

【比較】AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違いは?

 

AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違いは?

価格が上がったけど機能はどのくらい進化したの?

 

iOSやiPadOS向けのワイヤレスイヤホンして人気の「AirPods」。

AirPods ProやAirPods Maxが発表される中、廉価版として根強い人気を誇る「AirPods」の第三世代が2021年10月に発表。

「空間オーディオ」などAirPods Proに搭載されている高機能を引っ提げての登場となり話題になりました。

 

そんなAirPodsでよく聞くのが「第三世代と第二世代の違い」について。

一見するとケース以外の変更が無いため、パッと見だと第三世代になって何が変わったのか、第二世代との違いが何なのかわからないと思います。

AirPods Proの方が注目を浴びがちなので、新型AirPods(第三世代)の情報が余り出回っていないのも現状。

 

・AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違い
・ユーザー目線での新機能の評価

 

今回はそんなAirPodsの「第三世代と第二世代の違い」について。

AirPodsのデザインや機能など第三世代と第二世代の違いについてまとめました。

違いがとてもお行ったのでユーザー目線に立って利用に直結する部分をピックアップしています。

 

また、本記事ではAirPodsのおすすめの使い方についても紹介しています。

iPhone用イヤホンとしては価格が高いと感じている方に向けて、実際に筆者が行っているAirPodsのおすすめの使い方をまとめました。

新型AirPods(第三世代 )の使い方について興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違い①「空間オーディオ」の搭載

今回のモデルアップデートで最も注目されているのが「空間オーディオ」の実装です。

映画館にいるような音響体験が出来る「空間オーディオ」はより動画コンテンツを楽しむことができることで、初めて搭載されたAirPods Proでは「ノイズキャンセリング」に並んで話題になった機能。

廉価版という位置付けだったAirPodsに搭載したのはかなり衝撃的でした。

 

最近では「Netflix」が空間オーディオに対応。

iPhoneなどで「Netflix」でダウンロードした動画コンテンツを通勤・通学の際に楽しまれてる方には大きなメリット。

実際利用してみるとわかるのですが、本当に映画館にいるような頭を囲まれるような音響体験ができます。

 

スポンサーリンク

AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違い②「タッチコントロール」の拡充

第二世代のタッチコントロールはダブルタップの一種類で物理操作性に難がありました。

第三世代では1~3回のタップ回数で操作を切り分けられるので、誤操作も無くなりストレス無く音楽再生をコントール可能に。

尚、第三世代ではタッチコントロールでSiriを呼び出すことも可能になりました。

 

第三世代で覚えておいた方が良いタッチコントロールは3つ。

1回タップで「曲の再生/一時停止」と電話応答、2回タップで「次曲を再生」、3回タップで「前曲を再生」。

コンビニなどで会計する時にわざわざiPhoneの画面を開かなくて済むので是非マスターしてみてください。

 

スポンサーリンク

AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違い③「充電速度」の加速

個人的に最もポイントなのが充電速度の加速。

何と新型AirPods(第三世代)ではたった5分充電するだけで1時間も再生できるようになりました。

AirPodsはバッテリー確認がし辛いので気付いたら使えなくなっていることも珍しくないですよね。

 

また、連続再生時間も延長されています。

第二世代の連続再生時間が「24時間」に対し第三世代では「30時間」と6時間の大幅パワーアップ。

バッテリー回りを強化したのがよくわかります。

 

スポンサーリンク

AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違い④IPX4の「防水対応」の実装

実はAirPodsが防水対応では無かったことはご存じでしたでしょうか?

外出先に持ち出すAirPodsは雨に晒されることも少なくないため、雨濡れによる故障はよくあるケース。

筆者も過去に防水対応しているiPhoneと同じ感覚で扱っていたら壊れた過去があります。

 

第三世代ではIPX4の防水対応が備わったため雨の中の利用も怖くありません。

結果的に故障リスクが下がったので、イヤホンを紛失しない限りいつまでも利用できるようになったと感じています。

とは言え、AirPodsは耐衝性は無いので引き続きケースに入れて利用するのが望ましいでしょう。

 

 

Amazonでの買い物は「チャージタイプのAmazonギフト券」がお得です。

プライム会員ならキャンペーンエントリー後、「チャージタイプのAmazonギフト券」を5,000円以上クレカ決済すると「0.5%」のポイント還元を受けられます。

筆者のようにAmazonでたくさん買い物をする方はあらかじめチャージしておくのがおすすめですよ。

 

キャンペーンにエントリーする

 

 

スポンサーリンク

まとめ:【比較】AirPodsの「第三世代」と「第二世代」の違いは?

いかがでしたでしょうか?

今回はAirPods(第三世代 )の使い方や第二世代との違いについてまとめました。

AirPods(第三世代 )の使い方や第二世代との違いについて興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました