【解決】AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法

AirPods

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

【解決】AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法

 

AirPodsを無くしてしまったらどうやって探せばいいの?

AirPodsには1年の無償保証があるけど無くした時も保証を受けられるの?

 

iPhoneやiPadユーザーの中で大人気の「AirPods」。

2021年10月に発表されたAirPods(第三世代)ではAirPods Proでもお馴染みの「空間オーディオ」が搭載され話題になりましたよね。

最近はNetflixなど続々と空間オーディオに対応し、映画館にいるような音響で動画コンテンツをより楽しめるようになりました。

 

そんなAirPodsで唯一不安なのがケースやイヤホンの「紛失」。

ワイヤレスイヤホンという仕様上、コードイヤホンよりも無くし易いのが現状で、紛失に備えて何かしらの準備が求められます。

コードイヤホンはそこまで高価では無いですが、AirPodsともなると2万円を優に超えるので無くしたことを想像したら恐ろしいですよね。

 

・AirPodsを無くしてしまった時の探し方
・AirPodsの紛失保証

 

今回はAirPodsの無くしてしまった時の探し方について。

iPhoneやiPadで使える「探すアプリ」でAirPodsが表示されない時の対処法について解説しています。

筆者の経験談からAirPodsやAirPods Proを使っているユーザーに知って頂きたくまとめました。

 

また、AirPodsの紛失保証についてもまとめています。

AirPodsは購入時に無償の1年保証が付帯しますが、補償に紛失が適応されるか知っている方は少ないのではないでしょうか?

AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法について興味がある方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時

まずは本題でもあるAirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法について。

「探すアプリ」はApple IDに紐付いてるデバイス情報を地図上に表示したり、サウンドを鳴らすことで紛失時のサポートを目的としたアプリ。

デバイスの設定アプリでApple IDを設定したり、Apple IDで設定したアプリで利用すれば「探すアプリ」で表示されるようになるといった仕組みです。

 

AirPodsが「探すアプリ」で表示される条件はペアリングするだけ。

iPhoneなどにペアリングするだけで「探すアプリ」を利用するApple IDに紐付くので勝手に登録されます。

もちろんペアリングされた時点で「探すアプリ」で有効化されるので、ペアリング後に何か設定する必要もありません。

 

 

我々ユーザーにとって便利なアプリですが、「探すアプリ」でAirPodsが表示されない時があります。

最もよくあるのが本体のバッテリーが「0」になってしまうと「探すアプリ」でAirPodsの最新位置が表示されなくなってしまいます。

外出先で無くしたとのに地図上では自宅にあるのはこのパターンが多いです。

 

もう一つが「探すアプリ」で設定を無効化している時。

ペアリングすれば勝手にAirPodsが「探すアプリ」に登録されますが、意図的に探すアプリ上からAirPodsのデバイス削除を行うと表示されなくなってしまいます。

「探すアプリ」を開いて一覧の中にAirPodsが表示されない場合は削除してしまった可能性があり、この場合は再ペアリングすれば登録されます。

 

スポンサーリンク

AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法

既に無くしてしまっている場合は残念ながら手遅れですが、手元にあるのに「探すアプリ」で表示されない時は動作確認を行いましょう。

まずは「探すアプリ」を開いてAirPodsが一覧にあることを確認してください。

もし一覧にAirPodsが無い場合は再ペアリングをすれば登録されるはずです。

 

再ペアリングしても登録されない場合はiPhoneにApple IDを紐付けているか確認。

「設定アプリ」からApple IDでログインしているか確認してください。

初期化などしてApple IDのログインを忘れることは珍しくないので要注意です。

 

 

一覧にAirPodsが表示されたらタップし「サウンドを再生」を選択。

「サウンドを再生」を押してしばらくするとAirPodsからサウンドが再生されたらOK。

音量はそこまで大きくないので静かな所で試しましょう。

 

サウンドが再生できたら少し下にある「手元から離れた時に通知」を有効にしましょう。

「手元から離れた時に通知」を有効にすることで置き忘れた時にiPhone上に通知を出してくれます。

大事を防ぐことができるので設定しておくことを強くおすすめします。

 

スポンサーリンク

AirPodsの補償は紛失にも対応しているの?

AirPodsは有償の「AppleCare+」以外にも無償保証が付帯しています。

しかしながら、いずれの保証も「紛失は保証対象外」となっているので、無くして見つからない場合は新たに購入するしかありません。

ワイヤレスイヤホンという仕様を考えると致し方無いですね。

 

無くした場合はケースや方イヤホンを単品で購入することができます。

Appleストアでケースとイヤホンいずれも10,000円程で単体購入することができます。

イヤホンは片方「9,040円」ですが、ケースは種類によって値段が変わってきます。

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法

いかがでしたでしょうか?

今回はAirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法についてまとめました。

AirPodsが「探すアプリ」で表示されない時の対処法について興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました