【解決】Apple Watch Series7のケースは互換性があるのか?

Apple Watch

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】Apple Watch Series7のケースは互換性があるのか?

 

Apple Watch Series7のケースは互換性があるの?

旧モデルのケースをApple Watch Series7のケースとして使える?

 

スマートウォッチ市場で高いシェア率を誇る「Apple Watch」。

2021年9月には最新モデルの「Apple Watch Series7」が発表されました。

Apple WatchはiPhoneと並ぶAppleの看板商品となり、毎年のようにアップデートされますよね。

 

そんなApple Watch Series7は前モデルから大幅パワーアップ。

新機能「血中酸素ウェルネス」や「ディスプレイサイズの拡大」に加え、連続稼働時間が最大18時間まで伸びました。

豊富な健康管理機能に加え、我が国では高いiPhone需要が後押しして街を歩いていると多くの方が利用しているのを目にしますよね。

 

・Apple Watch Series7のケースの互換性
・Apple Watch Series7のおすすめケース

 

今回はApple Watch Series7のこのような内容について。

Apple Watch Series7のケースの互換性や、おすすめのケースについてまとめています。

発表間もないApple Watch Series7はケースなどアクセサリーに関する情報が少なく困っている方も多いのではないでしょうか。

 

また、本記事ではApple Watch Series7の新機能についても解説。

新機能や仕様変更など大幅にアップデートされましたが、利用に直結する部分を中心に重要なポイントをまとめました。

Apple Watch Series7の購入を検討している方は是非参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

Apple Watch Series7のケースは互換性があるのか?

まずは本題でもあるApple Watch Series7のケースについて、今回は前モデルであるApple Watch Series6とApple Watch SEの互換性を解説してます。

結論から言うと、Apple Watch Series7は過去モデルと比べサイズが異なる(大きい)ので新たにケースを購入する必要があると思われます。

Apple Watch Series6とApple Watch SEとで比べた場合、Apple Watch Series7の方が1mm大きくなっています。

 

とは言えそのサイズ差は1mmとほぼ無しに等しいです。

そのため、ソフト素材のケースであればApple Watch Series7でも利用できると個人的には思います。

伸縮性を兼ね備えたソフトケースであれば伸び縮みしますからね。

 

 

ただ、プラスティック素材のケースは要注意。

無理やり前モデル用のケースにApple Watch Series7を入れると擦れたりして本体に傷が付く可能性が。

本体が傷付くと修理費用が発生して余計にお金がかかる場合も考えられます。

 

まずそもそも、Apple Watch Series7が発表されていない当時に製造されたケースは互換性がありません。

互換性が無いケースを無理やり使うとApple Watchが傷付く可能性があるので、ケースを新調するのが無難でしょう。

ケース自体はAmazonで1,000円程で売っているので、Apple Watchの価格と比べたら気にならないかと思います。

 

スポンサーリンク

Apple Watch Series7の修理費は最低でも「36,980円」!?

最後に、Apple Watch Series7が傷付くなりして修理が必要になった場合について触れておきます。

Appleの公式サイトではApple Watch Series7はモデルによって異なりますが、修理費一覧に記載されてる最低価格「36,980円」と記載されています。

最終的な修理費は製品の診断と検査を行った上で算出されると記載がありますが、それでも高額です。

 

Apple Watch Series7本体が高いのは言うまでもありませんが、修理費もそれなりに高いことがわかりました。

専用ケースを購入しない選択をする場合はこういったリスクを許容できる場合に限りましょう。

尚、Apple Watch Series7を購入時にAppleCare+へ加入している場合は修理費が変わってきます。

 

 

Apple Watch Series7のケースはいずれも1,000円程で販売されています。

Amazonであれば1~2日で届くものがほとんどなので、高価なApple Watch Series7を長く使うためにもケチらずに購入するのが無難。

常に腕に付けているので家具などにぶつける可能性があるため、やはりケースに入れておくと安心です。

 

1,000円でApple Watch Series7を守れるのは安いと考えるのは筆者だけでしょうか?

個人的に、Apple Care+のような保障に入っていない場合は互換性のあるケースを装着すべきと考えています。

Amazonでは色々な種類のケースを取り揃えているので是非チェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】Apple Watch Series7のケースは互換性があるのか?

いかがでしたでしょうか?

今回はApple Watch Series7のケースの互換性についてまとめてみました。

Apple Watch Series7の購入を検討している方や、現在使っている方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました