【修理費2.5万円】Apple Watchに「保護フィルム」は本当にいらないのか?

Apple Watch

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

【修理費2.5万円】Apple Watchに「保護フィルム」は本当にいらないのか?

 

Apple Watchに保護フィルムはいらないの?

ぶつけてディスプレイが割れたり傷ついたりしない?

 

 

 

iPhoneに並ぶAppleの看板製品「Apple Watch」。

Apple Watchは毎年のようにモデルアップデートし、2021年の9月には「ディスプレイサイズの拡張」や「血中酸素ウェルネス」といった機能を追加した「Apple Watch Series7」が発表。

今年のApple Watchは機能強化以外にも物理面のアップデートも行われており、ターニングポイントを迎えた印象。

 

そんなApple Watchのシェア率は世界的に見ても高め。

この日本では高いiPhone需要が後押ししているのか、街を歩いていても結構な頻度で腕に付けている方を目にしますよね。

Apple Watchが他のスマートウォッチとは一線を画しているのがよくわかります。

 

・Apple Watchに保護フィルムはいらないのか?
・保護フィルムを貼ったら操作性は落ちるのか?
・Apple Watchのディスプレイが傷付いた時の修理費用
・おすすめの保護フィルム

 

今回はApple Watchのこのような内容について。

時計を愛用している方だとわかると思うのですが、時計本体を傷付けることは滅多に無いのでApple Watchも同様なんじゃないかと考える方は多いのではないでしょうか?

いるのか、いらないのかイマイチ判断が付き辛いディスプレイの「保護フィルム」についてまとめています。

 

また、本記事ではApple Watchの修理費用についてもまとめています。

実際にディスプレイを傷付けたら修理費用や手間はどのくらいかかるのかについても解説。

Apple Watchの保護フィルムでお悩みの方は是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

Apple Watchに「保護フィルム」本当にいらないのか?

まずは本題でもある「Apple Watchに保護フィルムはいるのかいらないのか問題」について。

結論から言うと、Apple Watchのディスプレイが割れるなどして修理費が必要になっても何ら問題無い人は保護フィルムはいらないでしょう。

尚、修理費については「Apple Care+」など追加保証加入によっても変わってきます。

 

では実際にApple Watchのディスプレイを割り、追加保証に入っていない時の修理費はいくらなのか。

Apple Watchの修理費はモデルによって変わり、最低でも「Apple Watch SEは約25,000円」、それ以外の「Apple Watch Series4~7は約35,000円」かかってきます。 

本体価格の半分以上のケースが多く、AirPods Proなどのアクセサリーが購入できるくらいの高さです。

 

 

それに対し保護フィルムは低価格。

表面強度が9Hの衝撃吸収してくれる保護フィルムがAmazonで1,000円程で販売されています。

筆者は1,000円程でリスクヘッジできるので保護フィルムを貼っています。

 

余談ですが、追加保証の「Apple Care+」は約10,000円。

加入することで修理費用を削減できますが、有効期限があるため10,000円支払えば安心できるという訳ではありません。

筆者のようにApple Care+に加入していないのであれば、保護フィルムくらい貼っておくべきと筆者は考えています。

 

スポンサーリンク

1,000円程で購入できる「表面強度9H」の保護フィルムの安心感が異常

繰り返しになりますが、Apple Watchの保護フィルムは主にディスプレイが傷付いたり、割れたりするのを防いでくれます。

最近は表面強度9Hの保護フィルムも出ており、こちらを貼っておけば地面に落とそうが、家具におもいっきしぶつけようがディスプレイを死守。

筆者はApple Watchを含め、iPhoneとiPad Proも表面強度9Hの保護フィルムを使っていますが、本体ディスプレイは当然として、保護フィルムにさえ傷が付いていません。

 

保護フィルムを貼る上で気になるのが操作性の低下でしょう。

iPhoneやiPadに保護フィルムを貼っていても何ら気にならない人は、Apple Watchでも同様に気にならないと思います。

とは言え、iPhoneやiPadのようにApple Watchでディスプレイ操作する機会は然程多くないですが。

 

 

保護フィルムを選ぶ上で唯一気にした方が良いのが「材質」。

Apple Watch向けの保護フィルムを出しているメーカーは多いので、購入前にレビューを確認することである程度の使用感がわかります。

Amazonであればたくさんのレビュー数があるのでおすすめ。

 

また、保護フィルムを選ぶ際はケース機能も兼ねている製品がおすすめ。

保護フィルムだけではサイド部分が傷付く可能性があるので、サイド部分も守ってくれる保護フィルムであれば安心感が半端ないです。

AmazonではApple Watch向けの保護フィルムを多数取り扱っているので、Apple Watchを使っている方は是非チェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ:【修理費2.5万円】Apple Watchに「保護フィルム」は本当にいらないのか?

いかがでしたでしょうか?

今回は、Apple Watchに保護フィルムはいらないかについてまとめました。

Apple Watchをこれから購入しようとしている方や、使っている方は是非参考にしてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました