【解決】Apple Watchをアップデート出来ない時の対処法

Apple Watch

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】Apple Watchをアップデート出来ない時の対処法

 

Apple Watchをアップデート出来ない時はどうすればいいの?

AndoirやWindowsユーザーはApple Watchをアップデートするの?

 

 

リリースから間も無くiPhoneと並ぶAppleの看板商品となった「Apple Watch」。

豊富な健康管理機能とApple製品とのシームレスな連携が特徴で、他のスマートウォッチとは一線を画しているのがよくわかります。

この日本でも高いiPhone需要が後押ししているのか、街を歩いていると多く方がApple Watchを使っているのを目にします。

 

そんな本製品は2021年9月に最新モデル「Apple Watch Series7」を発表しました。

新機能「血中酸素ウェルネス」や「ディスプレイ拡大」、「チタニウム仕上げ」といった内容をひっさげ登場。

より高度な機能と高級感のあるデザインがかっこよく、筆者も思わずポチってしまいました。

 

・Apple Watchをアップデートできない時の対処法
・Android/Windowsユーザーがアップデートする方法

 

今回はApple Watchのこのような内容に関して。

Apple Watchをアップデートできない時の対処法について解説しています。

アップデートは突然やってくるので、購入したての頃はよくわからない方が多いのではないでしょうか。

 

また、本記事ではiOS系の機器を持たないユーザーがアップデートする方法についてもまとめています。

Andoirdスマホしか持っていないユーザーでも簡単にApple Watchをアップデートする方法を解説しています。

Apple Watchを使用している方は是非参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

Apple Watchをアップデート出来ない時の対処法

まずは本題でもあるApple Watchをアップデート出来ない時の対処法について。

Apple WatchはwatchOSが6以上であればApple Watch単体でアップデートすることができます。

逆にwatchOSが5以下の場合はiPhoneなどiOS系デバイスが必要となってきます。

 

これらを踏まえ、アップデート出来ない時の主な原因は「WiFi接続」と「ペアリング」です。

Apple Watch単体でアップデート出来ない時は「WiFi接続」、iPhoneなどを交えてアップデートする場合は「ペアリング」を確認することでサクッと解決できることがほとんど。

それぞれ対処法をまとめましたので、Apple Watchをアップデート出来ない方はアップデート方法に応じて試してみてください。

【Apple Watch単体でアップデート】WiFiの接続状況を確認する

ディスプレイ上にWiFiマークが立っているからと言って正常にネットワーク通信が行えているとは限りません。

ネットワーク通信が必要なアプリを動かすなどしてWiFi通信が正常に行えているか確認しましょう。

アプリが動かない場合はネットワーク通信に失敗しているので、設定画面から接続先のWiFiを確認するなどしましょう。

 

接続可能なWiFiに自動接続する設定になっていたら要注意。

近年では飲食店に加え、公共交通機関など至る所でWiFiが飛んでおり、パスワード認証していないとネットワーク通信できないことがほとんど。

自動でWiFi接続するも認証を行っていないが故にネットワーク通信が行えない状態に陥ります。

【iPhoneでアップデート】接続登録を削除し再ペアリング

iPhoneでアップデートしようとしている方は再ペアリングが手っ取り早いです。

iPhoneやiPadに接続登録されている情報を削除し、Apple Watchをペアリングし直しましょう。

筆者の経験則上、AirPods Proのアップデートも同様に再ペアリングすることで解決することが多いです。

 

この方法で改善できた場合は、iPhoneやiPad上の登録情報に何かしらのトラブルが発生している可能性があります。

登録情報に問題がある場合は、削除した上で再登録することで問題は解消します。

iPhoneやiPad上にあるApple Watchの登録情報を削除するデメリットは無いのでサクッと再登録しちゃいましょう。

 

スポンサーリンク

Android/iOSユーザーがApple Watchをアップデートする方法

watchOSが6移行の場合はApple Watch単体でアップデートが行えます。

watchOSが6移行のApple WatchはWiFi接続した状態で「設定アプリ」を開き、「一般」の「ソフトウェアアップ・デート」からアップデートすることが可能。

昔はiOSなどAppleデバイスが必要だったのでだいぶ便利になりましたね。

 

問題はwatchOSが5以下のApple Watchを使用している場合。

watchOSが5以下の場合はApple Watch単体でアップデートすることは不可能で、iPhoneなどiOS系デバイスが必要になります。

Android/Windowsデバイスのみお持ちのユーザーはApple Watchをアップデートすることができません。

 

 

最もおすすめなのが銀座や表参道にあるAppleストアへ持ち込む方法。

Appleのカスタマーサポートへ問い合わせ、事情を説明したうえでアポイントの予約を取ってもらうこと店頭でApple Watchのアップデートを行って貰えます。

この場合は店頭へ行くための交通費しかかからないので、費用も掛からずおすすめです。

Apple サポート

 

Appleストアで対応してもらう際は1つ注意点があります。

予めアポイントの予約を取っていない状態でAppleストアへ行っても対応して貰えないことがほとんど。

必ずAppleのサポートセンターへ連絡するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】Apple Watchをアップデート出来ない時の対処法

いかがでしたでしょうか?

今回はApple Watchをアップデート出来ない時の対象法について解説しました。

Apple Watchをアップデート出来ない方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました