ふるさと納税のシュミレーションを正確に行えるおすすめサイト

ふるさと納税

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

ふるさと納税のシュミレーションを正確に行えるおすすめサイト

 

ふるさと納税のシミュレーションを正確に行うにはどうすればいいの・・・?

 

全国の地方自体から様々な返礼品が貰えることで人気な「ふるさと納税」。

返礼品はお米やお酒などリーズナブルなものから、伊勢海老や黒毛和牛など高価なものまで様々。

贅沢したくなる時にふるさと納税を活用する方は多いのではないでしょうか。

 

ふるさと納税を行うに当たって重要な寄付金額の上限。

収入や加入保険などによって変わることから、個人で寄付金の上限を確認しなければなりません。

余分に寄付金を納め過ぎると損をしてしまうので、ふるさと納税を行う時はしっかり確認するようにしましょう。

 

・ふるさと納税のシミュレーションを正確に行う方法
・ふるさと納税でポイント二重取りする方法

 

今回はふるさと納税のこのような内容について。

ふるさと納税の寄付金の上限シミュレーションを正確に行う方法についてまとめています。

副業などで複数の収入があったり、保険に加入している方は参考にしてみてください。

 

本記事ではお得にふるさと納税についてもまとめています。

筆者はふるさと納税で返礼品を貰いつつポイントを二重取りしています。

とてもお得なのでふるさと納税に慣れていない方は合わせてチェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税の寄付上限をシュミレーションで正確に確認する方法

まずは本題でもあるふるさと納税の寄付上限のシミュレーションについて。

ふるさと納税の寄付上限をシミュレーションで正確に確認するためには、収入や保険料など細かく入力できるサイトを使うのがおすすめです。

 

筆者はより正確な寄付上限を確認するために住居区の役所へ連絡したことがあります。

区のシミュレーションサイトなので正確なのは言うまでもありませんが、専門用語と項目が多く心が折れました。

参考までに港区のシミュレーションシステムのリンクを置いておきますので、感覚が掴める方はお住まいの区のシミュレーションサイトを使った方がいいかもしれません。

港区税額シミュレーションシステム

 

こういったことに慣れていない僕のような方におすすめなのが「セゾンのふるさと納税」の詳細シミュレーションです。

入力項目が分かり易いのと、副業で収入がある方にも対応しています。

筆者は副業で毎年収入が変動するのでセゾンのふるさと納税をシミュレーションのためだけにかれこれ3年使っていますが、今のところ大きな問題は起きていません。

セゾンのふるさと納税 - 詳細シミュレーション

 

詳細シミュレーションだけでは不安な方は他のサイトでもシミュレーションしてみましょう。

複数サイトでシミュレーションを行い、寄付上限結果に大きな変動が無ければ平均値をその年の寄付上限とすればほぼ間違い無いかと思います。

シミュレーションするだけであれば会員登録は不要なのでサクッと行えます。

 

ふるさと納税のシミュレーションを行えるサイトは「ふるさと納税」や「さとふる」など様々ですが、シミュレーションを試してみるとわかるのですが寄付上限を算出する計算式がは違いそうです。

複数サイトでシミュレーションを行い、いずれのサイトでも寄付上限が一致しなくても焦らないようにしましょう。

ここまでやっても不安な方はお住まいの市区町村にふるさと納税に関する電話窓口があると思うので、そちらに電話して相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税を「Yahooショッピング」か「楽天市場で」した時のポイント還元が凄い

最後にふるさと納税のお得な活用法について解説します。

ふるさと納税で有名な「ふるなび」などは「Yahooショッピング」や「楽天市場」に出店しているためPayPayや楽天スーパーポイントの還元を受けることができます。

言わずもがな、「Yahooショッピング」や「楽天市場」でふるさと納税した方が本家サイトでするよりもお得です。

 

ポイント還元率は人によって異なります。

定期的なポイントアップキャンペーン以外にもワイヤモバイルや楽天モバイルを契約してる方はそれだけで還元率が上がります。

上のリンクからサイトへアクセスして還元率をチェックしてみてください。

 

 

また、クレジットカード支払いすれば更にお得です。

JALカードやANAカードのように会社独自のマイル・ポイント還元している場合は二重取りすることもできます。

ふるさと納税の支払いを行う際はクレジットカードのチェックも合わせて行ってください。

 

ふるさと納税が終わったら各種申請を行います。

サラリーマンの方であればストップ特例制度を利用できるので、面倒な手続き無くふるさと納税を完了することができます。

ふるさと納税を1月にまとめて行うと支払金額が集中してしまうので、分散して行うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

まとめ:ふるさと納税のシュミレーションを正確に行えるおすすめサイト

いかがでしたでしょうか?

今回はふるさと納税の寄付金の上限シミュレーションを正確に行う方法についてまとめました。

これからふるさと納税を行う方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました