ふるさと納税のシュミレーション結果がサイトによって違う理由

ふるさと納税

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

ふるさと納税のシュミレーション結果がサイトによって違う理由

 

ふるさと納税のシミュレーション結果がサイトごとに違うのは何で・・・?

 

地方の自治体に寄付することで様々な返礼品が貰えることで人気な「ふるさと納税」。

最近では多くの市区町村が参入し、魚介類から果物、電化製や宿泊券など様々な返礼品が取り揃えられています。

上京して都心で暮らしている方の中には地元を応援するためにふるさと納税を活用している方は多いのではないでしょうか。

 

返礼品の中には普段、特別な理由が無い限り購入しないような物が多数あります。

ふるさと納税を活用すれば伊勢海老やタラバガニ、黒毛和牛といった高級食材を納税しながら返礼品として頂くことができます。

食べ物の返礼品であれば量が多いのもあり、単身者のみならず家族で楽しめるのも魅力の1つです。

 

・ふるさと納税のシミュレーションがサイトで違う理由
・ふるさと納税の寄付上限を確認する上で注意すること
・ふるさと納税のおすすめサイト

 

今回はふるさと納税のシミュレーションについて。

最近ではふるさと納税のポータルサイトで寄付金のシミュレーションが行えますが、サイトによってシミュレーション結果が違う場合があります。

ふるさと納税に慣れていない方だと、自分がいったいいくら寄付できるのか不安になってしまいますよね。

 

本記事ではサイトによってシミュレーション結果が違う理由や、寄付上限を確認する際の注意点について解説しています。

重要なポイントに絞って解説していますので「寄付上限がサイトによって違うからいくら寄付できるのかわからないよ・・・」という方でもすんなり理解できるかと思います。

ふるさと納税は地方都市の良さを知ることができる大変良い精度なので、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税のシュミレーション結果は何故サイトによって違うのか

まずは本題でもあるふるさと納税のシミュレーション結果がサイトによって違う理由について。

シミュレーション結果がサイトによって違う理由は「シミュレーションする際に入力する項目が違うから」です。

サイトによって世帯情報と年収だけのところもあれば、詳細な社会保険料の入力を求められるところもありますよね。

 

もちろん、入力項目が多い方がより正確な寄付上限を割り出すことができます。

しかし、入力項目が少ないサイトは幅を利かせることで利用者が寄付をし過ぎて損をしないよう計らっています。

個人的な見解としては、わかるのであれば詳細入力してシミュレーションした方が良いけど、そこまで神経質にならなくても良いという考えです。

 

 

筆者の場合はかれこれ「ふるなび」を利用しています。

「ふるなび」は他のサイトと比べ入力項目は少ない方ですが、寄付し過ぎて損してしまったということは今のところありません。

一般的にどこのサイトも本来の寄付上限からある程度落とした金額をシミュレーション結果として出すようです。

 

ただ、よくある例として1つ注意事項があります。

会社員として企業で働き給与収入がある方の中で、副業していて事業所得がある方は「給与」と「副業」を分けて計算する必要があります。

副業による事業所得がある方は「セゾンのふるさと納税」がシミュレーションし易いのでおすすめです。

セゾンのふるさと納税

 

筆者の場合は、「給与収入」と「事業所得」、「保険料」、「世帯情報」で寄付上限を割り出しています。

シミュレーションは人によって合うサイトと合わないサイトがあるので、まずは自分に合うサイトを見つけましょう。

最後に、おすすめのふるさと納税サイトを紹介します。

 

スポンサーリンク

「Yahooショッピング」や「楽天市場」でふるさと納税すればポイント二重取りも可能

ふるさと納税する際におすすめなのが「Yahooショッピング」や「楽天市場」。

「ふるなび」など大手ふるさと納税サイトは「Yahooショッピング」や「楽天市場」に出店しているため、ポイント還元やクレジットカードのポイントと二重取りができます。

上記のように、米や魚介類、果物など一般的に人気な返礼品を数多く取り揃えています。

 

筆者はYahooショッピングのふるなびを使っているのですが、個人的にポイント還元がかなり魅力的です。

Yahooショッピングの場合はプレミアム会員になっていたり、毎週日曜日のポイント還元アップを活用すればふるなび本家よりYahooショッピング経由で寄付した方がお得。

還元されたポイントはコンビニ支払いで使ったりもできるので無駄がありません。

 

少しでもお得にふるさと納税したい方は「Yahooショッピング」か「楽天市場」がおすすめです。

利用しているスマホキャリアやクレジットカードによってもポイント還元率が変わってくるので、上のリンクボタンからどのくらいポイント還元されるかチェックしましょう。

基本的にふるさと納税の寄付金は数万単位なので、還元されるポイントも結構な金額になります。

 

スポンサーリンク

まとめ:ふるさと納税のシュミレーション結果がサイトによって違う理由

いかがでしたでしょうか?

今回は、ふるさと納税のシミュレーション結果がサイトによって違う理由についてまとめました。

ふるさと納税に興味がある方は是非参考にしてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました