「iOS 16」の不具合を軽くまとめてみた

iOS

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

「iOS 16」の不具合を軽くまとめてみた

 

iOS 16ではどんな不具合が報告されてるの?

日常利用に影響を及ぼしそうな不具合はある?

 

2022年のWWDCで発表されたiPhone向け新OS「iOS 16」。

史上最大のアップデートとして発表されたこちらのOSは、ロック画面のカスタマイズを中心に様々な機能が追加されたことで話題です。

例年ではOS系はそっちのけでiPhoneやiPadといった新モデルに注目がいきがちですが、今年はiOSがかなり注目されている印象。

 

実は先日にiOS 16に関するこのような記事を書きました。

記事では「日常利用に影響を及ぼす問題のリスクヘッジが行えればアップデートすべき」と締めくくっているのですが、確認されている不具合についてはまとめていませんでした。

iPhone/iOSのような人気製品は良いところばかり取り沙汰され、不具合に関する情報は相当クリティカルでない限り目に入らないような気がします。

 

iPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきか?
iPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきか知りたいですか? 本記事ではiPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきかについて解説しています。 iPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきかについて興味がある方は是非ご覧ください。

 

そこで今回はiOS 16の不具合について。

国内・国外で報告されている内容から、我々がよく使うアプリと照らし合わせて日常利用に影響しそうなiOS 16の不具合をまとめました。

いくつか重要そうな不具合が散見できたので、アップデートしていない方は目を通してみてください。

 

また、本記事ではiOS 16の使用感についても触れています。

iPhone 13 ProでiOS 16にアップデートした筆者が、新OSを使った感想を交えてまとめています。

iOS 16の不具合について興味がある方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

特定の動画視聴アプリにおいてフル画面再生が行えない

動画視聴アプリによってはiPhoneでフル画面による再生が行えないようです。

内容を見る限りいずれもアプリとiOSの互換性問題のようで、09/13時点で「NHKプラス」や「虎テレ」といったアプリで報告されており、アプリ側のアップデート待ちといった状況。

仮に発生した場合はアプリのアップデートが行われるまで待つしかなさそうです。

 

筆者もiOS 16下でいくつかの動画視聴アプリを使っています。

「Netflix」と「YouTube」をメインに「プライムビデオ」や「ディズニープラス」を使っていますが今のところこういった事象は発生していません。

モデルやアプリのバージョンの組み合わせで発生する可能性があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

アプリケーションがクラッシュする

iOSリリース直後はお馴染みのアプリケーションのクラッシュ。

iOSとの互換性の問題で「TikTok」といったアプリケーションがクラッシュする事象が報告されています。

アプリによっては深刻度合いが変わるようで、全く機能しなくなるアプリも。

 

娯楽系はまだいいですが、二段階認証や銀行系、クレジットカード系のアプリを使っている方は要注意。

動かなくなったら日常生活に支障をきたすアプリがある場合は予めiOS 16で動作するか確認しておきましょう。

特にAuthnticatorなど二段階認証アプリが動かなくなると悲惨です。

 

スポンサーリンク

音楽アプリ「Apple Music」がクラッシュする

起動中のApple Musicがクラッシュして突然落ちるといった問題。

不具合のトリガーの一つとして、Apple Musicを起動中にAirPods ProなどBluetooth機器を接続するとApple Musicがクラッシュするようです。

尚、ハイレゾ品質の曲でもクラッシュすることがあるようです。

 

ただ、発生頻度については低いようでユーザー影響は少なさそう。

予めBluetoothイヤホン・ヘッドフォンを接続した状態でApple Musicを起動すれば不具合は回避できる模様。

Apple Musicユーザーはひと手間かかりますがアプリを起動する前にイヤホン・ヘッドフォンを接続するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ロック画面でバッテリーのパーセンテージが表示されない

iPhoneのロック画面でバッテリーのパーセンテージが表示されないといった事象も報告されています。

iOS 15以前ではロック画面ではバッテリー残量をパーセンテージとして表示してくれますが、iOS 16では表示されないこともあるようです。

こちらiOS16の新機能として制御されている訳ではないようなので、不具合の可能性が高いとのこと。

 

テレワークなど常に充電環境が近くにある場合は余り気にしなくても良さそうですね。

しかし、外出する時間が多い方はモバイルバッテリーを持ち歩くなど何かしらの準備しておくと安心ですね。

最近はモバイルバッテリーの小型化が進んで便利になりました。

 

スポンサーリンク

まとめ:「iOS 16」の不具合を軽くまとめてみた

いかがでしたでしょうか?

今回は、iOS 16の不具合についてまとめました。

iOS 16の不具合について興味がある方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました