iPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきか?

iOS

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

iPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきか?

 

iPhoneユーザーはiOS 16にアップデートするべき?

iOS 16ではどんな機能が追加されたの?

 

新型iPhoneの発表でお馴染みの「WWDC(Worldwide Developers Conference)」。

今年のWWDC2022において"ロック画面の史上最大のアップデート"として「iOS 16」を発表しました。

過去の傾向では新製品に注目が集まりますが、今回のiOS 16はアップデート内容が豊富であることからかなり注目されています。

 

そんなiOS 16で最も注目されているのがロック画面のガジェットによるカスタマイズ。

iOS 16ではガジェットを通して自身にあったカスタマイズが行えるようになり、カスタマイズ次第ではiPhoneのロック解除も不要に。

今までは背景画像を変えるくらいだったらのでこれだけでもかなりの変化が伺えます。

 

・iPhoneユーザーはiOS 16にアップデートするべきか
・iOS 16で追加された注目の新機能

 

iPhoneユーザーはiOS 16にアップデートするべきかについて。

iPhone 13 ProでiOS 16にアップデートした筆者が、iOS 16にアップデートするべきかについて解説しています。

ユーザー目線に立ってまとめたので、ご自身の使用状況と照らし合わせながらアップデートを検討してみてください。

 

また、本記事ではiOS 16で追加された新機能についてもまとめています。

個人的に良いなと思ったiOS 16の新機能について解説しているので、こちらもアップデート判断の材料として参考にしてみてください。

iPhoneユーザーはiOS 16にアップデートするべきかについて興味がある方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iOS 16にアップデートするべきか?

まずは本題でもあるiOS 16にアップデートするべきかについて。

結論から言うと、「インストールアプリの動作不良」と「ディスク容量」が担保できるのであればiOS 16にアップデートすべきというのが筆者の見解。

何事もリスクヘッジは大切ですからね。

 

まず一番注意するのは「インストールアプリの動作不良」です。

各種アプリは新OS発表後に新OSに合わせた改修を始めるため、新OSリリース直後下の利用は動作保証が無いに等しいです。

もし、動かなくなったら身動きが取れなくなるようなアプリがあるのであれば控えるのが無難でしょう。

 

 

筆者の場合で言うと二段階認証アプリの「Authenticator」と「銀行アプリ」、「クレジットカードアプリ」。

特に「Authenticator」は仕事で使っているシステムログインで毎日利用するので動かなくなったら死活問題。

あとは「銀行アプリ」と「クレジットカードアプリ」といった金融系のアプリでした。

 

ただ「Authenticator」はGoogle Chromeのプラグインで代用できました。

仮にiOS 16で「Authenticator」が動かなくなってもプラグインで代用でき、「銀行アプリ」、「クレジットカードアプリ」もブラウザアクセスすればOK。

筆者は上記からリスクヘッジできると判断しiOS 16へアップデートしました。

 

 

もう一つがiPhoneの「ディスク容量」です。

どうやらiOS 16ではインストーラーが約5GBちょいあるらしいので、容量が枯渇している方は一旦アップデートを控えましょう。

写真や動画ファイル、Netflixやプライムビデオでダウンロードしていた動画ファイルを削除してディスク容量の空きを増やしましょう。

 

容量が不足した状態でiOSアップデートを実施すると「リンゴループ」という問題を発症する場合があるそうです。

俗にいう「無限ループ」に当たるようで、Appleのリンゴマーク表示と再起動を繰り返してしまうようで、かなり発生した場合は自己解決は絶望的とのこと。

筆者は余り写真や動画を取らないのでディスク容量は十分にありましたが、余り余裕が無い方はインストールアプリと合わせて注意してください。

 

スポンサーリンク

iOS 16の注目新機能

ではiOS 16ではどんな機能が追加されたのか?

最も特徴的な新機能は「ロック画面へのガジェット追加」でしょう。

本来であればiPhoneをロック解除してアプリ上で得られる情報をロック画面に表示することができます。

 

例えばUberEatsの配送状況。

UberEatsの配送状況はアプリを開かないと確認できませんが、ガジェットを追加することでロック画面からでも確認できるようになるようです。

筆者は余りデリバリーアプリは使いませんが、忙しい人にとっては大変ありがたいですね。

 

 

ガジェットと同じくらい注目されているのがマップアプリのアップデート。

交通ICカードをウォレットに追加することでチャージ操作をマップ操作中に行えるようになるので、煩わしい遷移操作が不要に。

移動中のアプリ切り替えはとても不便なので、こういったシームレスな操作はめちゃくちゃ助かります。

 

SNSで注目されているのが「画像を調べる」という機能。

撮影した写真の人物を長めにタップすると切り抜いてクリップボードに保存でき、様々なアプリに貼り付けることができます。

PhotoShopのような編集アプリで行っていた作業をiOS標準機能でまかなえるようになったようです。

 

 

他にも様々な機能追加が行われています。

新機能一覧を見る限り日常利用に直結する新機能は然程多く無さそうな印象。

とはいえiPhoneロック解除する機会が減るのは明らかなので今回のiOS 16は過去のiOSと比べても注目される理由は理解できます。

 

筆者はiOS 16にアップデートしたので推す形になっていますが、周囲の状況を見るのも選択肢としては有りです。

これから不具合に関する情報があがってくるはずなので、万全を期するなら1ヶ月くらい空けてから各種アプリが新OSに対応し、不具合の修正パッチが公開されるのを待っても遅くはありません。

iOSはダウングレードが行えないので、利用バージョンで不具合が発生した場合はパッチ公開されるまで待つしかないですからね。

 

スポンサーリンク

まとめ:iPhoneユーザーは「iOS 16」にアップデートするべきか?

いかがでしたでしょうか?

今回は、iOS 16にアップデートするべきかについてまとめました。

iOS 16にアップデートするべきかについて興味がある方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました