【お得】iPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由

iPhone 13

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【お得】iPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由

 

キャリアの店頭でiPhone 13 miniが格安で投げ売りされてるって本当?

iPhone 13 miniを回線契約なしでも格安で買うことはできるの?

 

日本で圧倒的な人気を誇る「iPhone」

2021年9月に新型の「iPhone 13シリーズ」が発表され、新機能「シネマティックモード」が話題に。

発表イベントで公開された「シネマティックモード」を使ったショートムービーの繊細さが話題を呼び、巷ではカメラは必要無いんじゃないかと言われる程。

 

そんなiPhone 13シリーズの中でもサイズとコストを抑えた「iPhone 13 mini」も人気。

iPhone SEと同じ廉価版のiPhoneですが、通常モデルと同じチップ「A15 Bionic」を搭載しているため処理能力は抜群。

高機能なカメラが不要なユーザーにとっては最適なモデルで、ソシャゲやYouTubeを見る分には何ら違和感無く使うことができます。

 

・iPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由
・iPhone 13 miniの使い心地や評判

 

今回はそんな「iPhone 13 mini」について。

巷で話題になっているキャリア店舗で「iPhone 13 mini」が回線契約なしで投げ売りされる理由について深堀してみました。

iPhone SEもそうですが、数万円もする人気スマホが格安で売られるのは何か裏を感じてしまいますよね。

 

また、本記事では「iPhone 13 mini」の使い心地や評判についても触れています。

実際に「iPhone 13 mini」を使っている筆者が、良かった・悪かった部分をユーザー目線に立ってまとめました。

「iPhone 13 mini」が回線契約なしで投げ売りされる理由について興味がある方は是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

iPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由

まずは本題でもあるiPhone 13 miniが契約なしで投げ売りされる理由について。

auやSoftBankといったキャリアの店頭で「iPhone 13 mini」や「iPhone SE」といった人気機種がキャンペーンで投げ売りされることがあり、たまにTwitterなどSNSで話題になることがあります。

価格は1円から1万円と幅が広く、キャンペーンを行ってる店頭や時期によって異なります。

 

我々ユーザーからすると「iPhone 13 mini」のような人気機種を投げ売りする理由は理解できないかもしれません。

実際には投げ売りを餌にした「客引き」や「販売実績の促進」といった理由が考えられます。

上場している企業の場合は決算発表前にブーストをかける時があり、2~3月はこういったキャンペーンを目にする機会は多いです。

 

 

この中でも最も現実的な理由が「客引き」。

"iPhone 13 miniを回線契約なし"など魅力的な誘い文句で客を集め、あの手この手で何かしらの契約まで持ち込もうとするパターン。

意志が固ければ問題無いのですが、流され易かったり、スタッフが強気だと苦労するかもしれません。

 

もう一つが「販売実績の促進」。

これは実際に筆者もあったことですが、決算発表が行われる前月末にSoftBankの店頭で乗り換え契約を条件にiPhoneを無料で頂いたことがあります。

最低契約期間が6カ月だったので、1ヶ月の携帯代が5,000円だとしてだいたい30,000円程でキャリア回線を使いつつiPhoneを頂くことができました。

 

 

その時にスタッフの方が言っていたのが「決算発表」。

「決算発表」で株主へ少しでも良い顔を見せるため、前月はなるべく多く契約を取りたいとのこと。

こういったことは現在も行われているようなので、端末移行が急ぎで無いのであれば2~3月の時期を狙うのが良いかもしれません。

 

以上が筆者が考えるiPhone 13 miniが契約なしで投げ売りされる理由です。

auやSoftBankといった名の知れたキャリアなので疑り深くなる必要は無いと思いますが、こういったキャンペーンでスマホを購入する際は余計な契約を結ばされないよう注意しましょう。

自分の意志を強く持つことが大切ですね。

 

スポンサーリンク

iPhone 13 miniの使い心地や評判

iPhone SEのような廉価版の「iPhone 13 mini」。

miniとは言え最新の「A15 Bionic」を搭載しているため処理速度は高く、フレームレスのディスプレイを採用しているため日常使いには最適。

通常モデルと比べてとてもコンパクトなので持ち運びには便利。

 

処理速度も十分なので、容量が枯渇しない限りはサクサク動きます。

通信量が多い「ポケモンGO」もストレス無く動いたので、「YouTube」や「Netflix」といった日頃よく利用するアプリも問題無く動きました。

 

 

難点をあげるとしたらカメラ機能。

通常モデルに備わってる「シネマティックモード」が「iPhone 13 mini」には無く、全体的に機能性は低めです。

Instagramをしていて写真や動画を撮る人にとっては致命的ですが、そうではない方にとっては問題無いでしょう。

 

カメラを使わない方であれば「iPhone 13 mini」で十分で、SNSをされている方は「iPhone 13 Pro」がおススメ。

「iPhone 13 Pro」は重いのが難点ですが、全体パフォーマンスが高いので筆者のようなスマホ中毒者には向いている機種。

iPhone 13シリーズ自体は優れたスマートフォンなので、自身の用途に応じて判断すれば後悔することは無いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:【お得】iPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由

いかがでしたでしょうか?

今回はiPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由についてまとめてみました。

iPhone 13 miniが回線契約なしで投げ売りされる理由に興味がある方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました