iPhone12で「マスク顔認証」を行う方法

iPhone 12

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

iPhone 12で「マスク顔認証」を行う方法

 

iPhone 12はマスクを着けたままFace IDの顔認証を行えるの?

iPhone 12で顔認証が行えない時の対処法は?

 

iPhone 13の発表に伴い手頃な価格で手に入るようになった「iPhone 12」。

旧モデルとはいえ高性能なCPUを搭載しており、数万円のAndroidと比べたら雲泥の差。

そのため新型へ切り替えるにはまだまだ早く、しばらく使おうと考えている方は多いのではないでしょうか?

 

そんなiPhone 12に搭載された注目の新機能が「マスク着用時のFace IDによる顔認証」。

今までFace IDはマスクを着用していると失敗していましたが、最近のアップデートでマスクを付けていてもFace IDによる顔認証が行えるようになりました。

国内ではまだまだマスクを身に付ける習慣は続きそうなので、iPhone 12を使っているユーザーにとっては有難い機能ですよね。

 

・iPhone 12でマスクを身に付けたままFace IDによる顔認証を行う方法
・マスクを身に付けたままFace IDによる顔認証が失敗する時の解決法

 

今回はiPhone 12でのマスクを身に付けたままFace IDによる顔認証を行う方法について。

iPhone 12でマスクを付けた状態でもFace IDで顔認証を行うための設定方法をまとめました。

今回紹介する設定はアップデートで追加されましたが、毎日使っているiPhoneでも知らない方が大半だと思われます。

 

また、マスクを付けた状態で顔認証が失敗するケースについても解説しています。

「ちゃんと設定したのにマスクを付けると顔認証が失敗する・・・」なんて時の原因についてもまとめました。

iPhone 12でのマスクを付けたままFace IDによる顔認証を行う方法をお探しの方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iPhone 12で「マスク顔認証」は対応しているのか?

そもそもiPhone 12はマスクを付けた状態でFace IDの顔認証が行えるのか?

結論から言うと、iPhoneシリーズでは「iPhone 12以降」であればマスクを付けた状態でも顔認証を行うことができます。

つまるところ、iPhone 11以下ではマスクを外さないと顔認証を行えません。

 

ではFace IDによる顔認証で何が行えるのか?

主な例であげると「AppStoreでの購入」や「iPhoneのロック解除」、「Apple Payでの支払い」を指しています。

iPhone 12以降であればiPhoneを通して何かしようとしてマスクを外していた動作が全て必要無くなるわけです。

 

余り知られていませんが、iPhone 12の顔認証は「メガネ」も認識します。

日頃「メガネ」を使っている方はFace IDを設定する際、「メガネ」を付けた状態で設定しましょう。

尚、登録できる「メガネ」は4本までとなっております。

 

スポンサーリンク

iPhone 12で「マスク顔認証」を行う方法

では実際に設定方法についてです。

設定するのは「iPhoneのOSアップデート」と「マスク着用時 Face ID」の有効の二つ。

この二つを設定するだけでiPhone 12ではマスクを付けた状態でFace IDによる顔認証が行えます。

 

iOSを「15.4」以降にアップデート

まずはiOSをアップデートしましょう。

iOSのアップデートは「設定アプリ」を開き、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」から行います。

アップデートにかかる時間はだいたい15分程。

 

現在の最新バージョンは「iOS15.5」。

「iOS 15.4」で発生したバグ修正が含まれているようなので、特にこだわりが無ければ最新の「iOS15.5」にしておきましょう。

アップデートする際はデータ通信量の問題でWiFiに接続した状態が望まれます。

 

「マスク着用時 Face ID」の有効化

次が設定アプリ上での設定有効化。

「設定アプリ」を開いたら「Face IDとパスコード」を開き、その先にある「マスク着用時 FaceID」を有効化します。

有効化したら後は手順に従い、マスクを付けた状態で顔スキャン設定をするだけです。

 

顔スキャンをする際、メガネを使っている方は必ずメガネを装着しましょう。

メガネを使っているのに顔スキャン設定する際にメガネを含めないと顔認証の精度が落ちるようです。

顔認証が失敗する要因にもなる可能性があるので、コンタクトレンズとメガネを使い分けている方は要注意です。

 

以上がiPhone 12で顔認証を行う方法です。

iOSを最新にしていれば割とすぐに設定でき、マスクを外さないことによる感染予防にもなるので是非設定してみてください。

iPhoneを使う度にわざわざマスクを下げる所作から解放されとてもストレスフリーになりました。

 

スポンサーリンク

まとめ:iPhone 12で「マスク顔認証」を行う方法

いかがでしたでしょうか?

今回はiPhone12でマスク顔認証を行う方法についてまとめました。

iPhone12でマスク顔認証を行う方法について興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました