リモートワークでVPN(ネットワーク)が遅い時の4つの解決法

リモートワーク
スポンサーリンク

リモートワークでVPN(ネットワーク)が遅い時の4つの解決法

・ネットワークの速度が遅くて仕事にならない
・自宅のネットワーク環境を改善して通信速度を上げたい

このような方へ向けた記事になっております。

 

「VPN遅すぎる・・・でもVPN接続しないと仕事できないし・・・」

 

リモートワークをしてて、こう感じたことはありませんか?

一般的な家庭であれば、YouTubeやNetflixを見るくらいのネットワーク環境で十分!

ほとんどの家庭は、ストレス無くVPNを使えるような環境は揃っていません。

 

そこで今回は、VPNが遅くて困っている方へ4つの解決法をご紹介します!

「これネットワークトラブルなのかな?」ってくらいVPN接続に困っている方もいるかと思います。

【解決】リモートワークでVPNに繋がらない時の対処法
本記事ではリモートワーク でVPNに繋がらない時の対象方を解説しています! VPNに繋がらなくて困っている方は是非参考にしてみてください!

 

今回紹介してる方法はいずれもお手軽なので、通信速度を少しでも早くしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね!

Wi-Fi接続から有線接続へ変更する

ネット接続をWi-Fiで行っていませんか?

もし、Wi-Fi接続してる場合は有線接続することで劇的に通信速度が上がります。

最もお手軽に行え、且つ効果が見込める対策法です。

 

必要なものは「LANケーブル」。

LANケーブルでルーターとPCを接続するだけでOKです。

Amazonなどで¥500から¥1,000で売っておりコスパが良いのもポイント。

もし、LANケーブルの差込口が無い場合は変換コネクタを準備しましょう。(MACは必須)

下の商品はタイプC向けの変換コネクタで、こちらも¥1,000くらいからあります。

PCにタイプCを搭載していない場合はPCにあった変換コネクタを探してみてください。

ルーターを変える

プロバイダから無料提供されたルーターを使っていませんか?

NetflixやYouTubeなどのストリーミングサービス、軽いネットゲームであれば十分です。

しかし、経年劣化や元の機器スペックによってはVPN接続する際に十分なパフォーマンスを発揮できないことがあります。

 

ルーターはインターネットの入り口。

ルーターを良い物へ変えることでもネットワーク速度は改善されます。

僕のおすすめは「BUFFALOのWSR-2533DHPL2/NB」です!

Amazonでもベストセラーに入っておりコスパ最強です。

 

「ルーターの種類が多過ぎてどれが良いのかわからないよ!!」

 

って方は上記を始めBUFFALO製品を買っておけばまず失敗しないでしょう。

コスパの良さから企業でもよく使われるので、名前だけ知ってる方も多いのではないでしょうか?

ルーターに近い箇所で作業する

ルーターから遠い場所で作業をしていませんか?

有線接続もWi-Fiもルーターとの距離が大切です!

壁や階を跨いでいる場合は見直した方が良いかもしれません。

ルーターを設置できるエリアは限られるので、作業する場所を設置してる部屋へ移動するなどしてみてください。

一人暮らしだと難易度低めですが、一軒家だと難しいかもしませんね・・・。

インターネットプロバイダを変更する

マンション共用のWi-Fiを使っていたり、賃貸契約時に勧められたプロバイダを使っていませんか?

最後にご紹介するのが「インターネットプロバイダの変更」。

プロバイダはいくつかあるのですが、おすすめは「NURO光」です。

とにかく速いです。

 

「こんなに早くなるのおおおおおおお!!!!」

 

ってくらい速くなります。

動画閲覧時にロードアイコンを見なくなることは必至、ネットゲームする際もノンストレスです。

値段は少し高めですが、他のプロバイダと天と地の差があるのと、今だったら¥36,000のキャッシュバックがあるのでチャンスです!



まとめ リモートワークでVPN(ネットワーク)が遅い時の4つの解決法

・Wi-Fi接続から有線接続へ変える
・ルーターを変える
・ルーターに近い箇所で作業する
・インターネットプロバイダを変更する

いかがでしたでしょうか?

今回は、リモートワーク でVPNが遅い時の解決法をご紹介しました!

通信速度に困っている方は是非参考にしてみてください!

最後までお読み頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました