macOS Catalina 10.15.5にアップデートできない時の対処法

macOS
スポンサーリンク

macOS Catalina 10.15.5にアップデートできない時の対処法

・macOS Catalina 10.15.5にアップデートできず困っている

このような方へ向けた記事となっております。

 

今回は、macOS Catalina 10.15.5のアップデートできない時の対処法を解説しています!

僕は複数台Macを使っているのでたまにアップデートトラブルに見舞われるのですが、

今回ご紹介する方法でたいていの場合は解決したので、参考までにまとめてみました。

アップデートできずお困りの方は参考にしてみてください。

OSバージョンの確認

・OSバージョンの確認はこのMacについてから
・最新OSは10.15.5
・10.15.4以前のバージョンはソフトウェアアップデートに通知が届いている

「アップデート出来ない」のでは無く、「既にアップデートしている」可能性もあるので、まずは自分が使っているMacのOSバージョンを確認しましょう。

左上のリンゴマーク > このMacについて

こちらの画面の「macOS Catalina」の文字の下にバージョンが記載されています。

現在の最新は10.15.5なので、10.15.4以前のバージョンであればソフトウェアアップデートに通知が届いているはずです。

システム環境設定からOSアップデート

・一番安全、且つベーシックなOSアップデートはシステム環境設定のソフトウェアアップデート

左上のリンゴマーク > システム環境設定 > ソフトウェアアップデート

一番安全、且つベーシックなOSアップデート方法はシステム環境設定のソフトウェアアップデートから行うことです。

10.15.4以前の場合はこちらにアップデート通知が届いているはずなので、ソフトウェアアップデートからポチってOSアップデートしましょう。

統合アップデートを使用してOSアップデート

・統合アップデートを使ってアップデート
・Catalinaのバージョンであればどのバージョンからでも10.15.5へアップデート可能

統合アップデートを使ったOSアップデート方法。

僕がソフトウェアアップデートから失敗した時はいつもこの方法で解決しています。

まず、Apple公式サイトからmacOS Catalina 10.15.5 統合アップデートをダウンロード します。

アップデートは「統合アップデート」と「アップデート」の2種類があるのですが、「統合アップデート」はどのバージョンからでもOSアップデート可能。

そのため、「アップデート」を使うより「統合アップデート」を使う方が問題が発生することは少ないと言われています。

事実、僕はいつも「統合アップデート」を使ってますが問題は起きていません。

バックアップのススメ

・OSアップデートにはリスクが伴う
・ローカル保存してるファイルをGoogleドライブなどクラウドに逃しておく

OSアップデートには不具合などのリスクが伴います。

滅多に無いと思いますが、最悪OSが起動しなくなった場合に備えてローカルで保存してるデータをクラウドに逃しておきましょう。

逃し先としては、多くの方がGoogleアカウントを持っているだろうという所で Googleドライブ がおすすめ!(Googleアカウント = GmailやYouTubeアカウント)

アップロード容量に上限がありますが、一般的な使い方をしてればGoogleドライブで十分のはず。

 

不具合は、OSやバージョン問わず有るように10.15.5にも有ります。

とは言え、10.15.5ではそこまでキツイ不具合は存在しないと思ってるのですが、OSアップデート前に確認することは大切。

macOS Catalina 10.15.5不具合まとめ!1週間で起きたトラブル
本記事では最新OSにアップデートした僕が経験したCatalina 10.15.5の不具合(トラブル)をまとめました! Macをご使用の方や、これからアップデートする方は是非ご覧下さい!

まとめ macOS Catalina 10.15.5にアップデートできない時の対処法

・OSアップデートはシステム環境設定のソフトウェアアップデートから行う
・ソフトウェアアップデートから失敗した場合は統合アップデートから行う
・OSアップデート前にはバックアップや不具合確認をしておく

いかがでしたでしょうか?

今回は、macOS Catalina 10.15.5のアップデートできない場合の対処法をまとめました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました