【解決】iPad Proは勉強にオーバースペックなのか?

iPad

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】iPad Proは勉強用にオーバースペックなのか?

 

勉強用にiPad Proはオーバースペックなの?
iPad Proを少しでもお得に購入する方法は?

 

タブレットの中でも圧倒的な人気を誇る「iPad Pro」。

iPadシリーズの中でも人気の高い「iPad Pro」はPCと同等のスペックを有しており、最近のモデルは「動画編集」といった今まではPCで行うイメージの強い使い方もカバー。

最新モデルは「Intel Core i7」よりも処理速度が速いと言われている「Apple M1」を搭載したことが話題になったのが記憶に新しいですよね。

 

そんな「iPad Pro」は幅広い利用方法があり、大学生など勉強用に購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

PCほど重く無いiPad Proであれば移動が多い学生にとっては適していますしスペックも文句ありません。

しかし10万円近い価格帯から「勉強用にiPad Proはオーバースペックなんじゃ?」と考える方も少なくないと思います。

 

・iPad Proは勉強用にはオーバースペックなのか?
・iPad Proの勉強用カスタマイズ
・iPad Proを少しでもお得に購入する方法

 

今回は勉強用に「iPad Pro」を最適に利用する方法について。

大学生といった学生が「iPad Pro」を利用するのはオーバースペックなのかについて解説しています。

iPad Proの特徴や出来ることがイマイチ分からない方でも理解できるよう、ユーザー目線に立ってまとめました。

 

また、iPad Proのカスタマイズ方法についてもまとめています。

仕事で「iPad Pro」を使っている筆者がおススメの勉強用カスタマイズを紹介しています。

勉強用にiPad Proがオーバースペックなのか気になる方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iPad Proは勉強用にオーバースペックなのか?

まずは本題でもあるiPad Proは勉強にオーバースペックなのかについて。

結論から言うと、iPad ProはどのようなPC・タブレットよりも勉強に向いていると筆者は考えています。

実際に使ってみるとわかるのですが、アプリケーションとハードウェアの相性が良く、iPhoneを持っている方だったら尚更。

 

では何故「iPad Proは勉強にオーバースペックかな?」という疑問が生まれるのでしょうか?

それはiPad Proの「できること」や「PCとの違い」について理解していないからでしょう。

本項ではこの2つにフォーカスを当て如何にiPad Proが勉強用に向いているかについて解説していきます。

 

Apple Pencilでメモや図を描くことでノート代わりになる

特徴的な機能としてApple Pencilを使うことでiPad Proをノート代わりにすることができます。

タグを付けておくことで授業や項目別にカテゴライズすることが出来るので、紙のノートを使うよりも煩雑にならず管理がとても楽。

また、紙のノートの場合はページに限界があるためメモを多く取る方にとってはこれだでもiPad Proを選択する価値があるでしょう。

 

Magic Keyboardを使うことでMacBookと同じ操作を行える

もう一つがMagic Keyboardを用いたiPad ProのMacBook化。

Magic Keyboardを装着することで「トラックパッド」と「キーボード」の2つの機能をiPad Proで使えるようになるので、資料を作ったり調べ物をするのが容易になります。

Magic Keyboardはケースの役目も果たし、角度をガッチリ固定できるので膝の上で使えるとても便利なアクセサリーです。

 

タブレットとノートPCの二つの役目を果たせる

Magic Keyboardを装着することでiPad ProはMacBook化できますが、勉強しない時はタブレットとして利用できます。

休憩する時にNetflixやYouTubeで動画を見たり、Kindleで読書を楽しむことが出来るので日常的に行う行動をiPad Pro一台でまかなうことが可能。

しばらく使い続けるとスマートフォンが必要なくなると感じるかもしれません。

 

5G通信でどこでもインターネットに接続できる

iPad ProはSimカードを挿入できるのでインターネット通信がどこでも行えます。

ノートPCを外出先で使う場合は「ポケットWifi」や「デザリング」が必要になりますが、iPad Proの場合はそれらが不要。

お金はかかりますがとても便利で慣れたら離れられなくなります。

 

以上が筆者が考えるiPad Proが勉強用に向いていると考える理由です。

他にもスペックが高いのでAdobe製品がサクサク動くので、動画編集といった今までPCでしか行えなかった操作をiPad Proで行うこともできます。

個人的に中途半端なPCを買うくらいだったらiPad Proを購入した方がよっぽど有意義だと思います。

 

スポンサーリンク

iPad Proを少しでもお得に購入する方法

最後に、iPad Proを少しでもお得に購入する方法を紹介します。

筆者のおススメはAppleが出店しており、Apple Care+にも加入できる「Amazon」。

iPad Proのような高額な買い物をする場合は保証サービスや購入元は大切です。

 

製造元のAppleストアよりもAmazonをおススメする利用の一つとしてポイント還元があります。

Amazonでは通常のポイント還元に加え、「チャージタイプのAmazonギフト券」で0.5%ものポイント還元を受けることができます。

Appleストアでポイント還元といったサービスは無いのでとてもお得ではないでしょうか?

 

 

Amazonでの買い物は「チャージタイプのAmazonギフト券」がお得です。

プライム会員ならキャンペーンエントリー後、「チャージタイプのAmazonギフト券」を5,000円以上クレカ決済すると「0.5%」のポイント還元を受けられます。

筆者のようにAmazonでたくさん買い物をする方はあらかじめチャージしておくのがおすすめですよ。

 

キャンペーンにエントリーする

 

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】iPad Proは勉強用にオーバースペックなのか?

いかがでしたでしょうか?

今回はiPad Proは勉強用にオーバースペックなのかについて解説しています。

iPad Proは勉強用にオーバースペックなのかについて興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました