【解決】iPad Airは「64GB」と「256GB」どっちが最適?

iPad

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】iPad Airは「64GB」と「256GB」どっちが最適?

 

iPad Airの容量は64GBと256GBどっちがおススメ?
容量が足りなくなったらどうすればいいの?

 

iPadシリーズの中でも人気な「iPad Air」。

「iPad Air」は低価格でありながら高性能なスペックで勉強や仕事など様々な使い方ができることが人気。

スペック的には「iPad Pro」には適いませんが、それでもそこら辺のAndroidタブレットと比べたら圧倒的な差があります。

 

そんなiPad Airは2022年の3月にモデルアップデート。

MacBookシリーズにも搭載されてる高性能CPU「Apple M1」を搭載したことが話題に。

iPad Proと同じく動画編集が行えるスペックに大進化を遂げました。

 

・iPad Airのサイズは「64GB」と「256GB」どっちがおススメ?
・iPad Airの容量が足りなくなった時に対処法

 

そんなiPad Airを利用する上で付きまとうのが「容量」に関する問題。

撮影した写真や動画に加え、最近ではNetflixなどオフライン再生するために動画をダウンロードする機会も多く「容量枯渇」が大きな課題になっています。

そのためiPad Airを購入する際に容量サイズを「64GB」と「256GB」どっちにするか迷う方は多いのではないでしょうか?

 

今回はiPad Airの容量サイズについて。

iPad Airの容量サイズが「64GB」と「256GB」どっちが良いのかに加え、容量が不足した時の対処法についてまとめています。

iPad Airの容量サイズが「64GB」と「256GB」どっちが最適か気になる方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iPad Airは「64GB」と「256GB」どっちが最適?

まずは本題でもあるiPad Airは「64GB」と「256GB」どっちが最適なのかについて。

結論から言うと筆者は「64GB」が最適と考えており、これまで購入したiPad AirやiPad Proも容量は最小サイズを選択。

容量が少ないことで写真や動画の保存数が少なくはなりますが、使い方次第でそういった問題は解決しています。

 

大前提として、iPad Airを使っていればいずれ容量は限界を迎え何かしらの対策を取らなければいけません。

「256GB」選択したとしても長く使っていれば容量不足になるため、容量を増やすよりも、容量不足対策にお金をかける方が有意義と考えているからです。

64GBから256GBへカスタマイズするとかかる2万円を容量不足対策に回すわけです。

 

 

そこで出てくるのが「ポータブルSSD」の存在。

写真や動画といった「普段は使わないけど残しておきたいデータ」をポータブルSSDへ保管することで、iPad Air内の容量を大きく削減することができます。

写真や動画は思い出として残したいと思う反面、頻繁に閲覧することは無いのでiPad Airに残すのは無駄ですよね。

 

以上が64GBが最適と考える最たる理由ですが、他にも理由があるのでまとめてみました。

iPad Airを利用する環境にも左右されるので、自身の環境と照らし合わせてみてください。

これからiPad Airの購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

写真や動画を撮影する程度は余り容量は減らない

動画ならともかく写真を撮る程度では容量は余り減りません。

普段iPhoneなどスマートフォンで写真や動画を撮る場合はさしてiPad Airの容量は気にしなくてOK。

Netflixで動画をダウンロードする程度あれば64GBで十分です。

 

ましてカメラ機能であればスマートフォンの方が優秀なケースは多いです。

iPad AirはCPUなど処理能力は十分ですが、お世辞にもカメラ機能は優秀ではありません。

最新のiPhone 13など新しめのモデルを持っている方はiPad Airでよりもスマートフォンで撮影するようにしましょう。

 

「ポータブルSSD」でデータ管理すればデバイス間の移動が速い

ポータブルSSDを利用するメリットはiPad Airの容量を節約する以外にも様々なメリットがあります。

ポータブルSSDの多くは高速通信に対応したType-Cケーブルのため、4K動画のような大容量ファイルでも素早くデバイス間の移動が行えます。

iPad Airの場合はAir Dropを使うことでiOS系のデバイスとスムーズにファイル移動が行えますが、無線通信のため時間はかかります。

 

また、ポータブルSSDにデータを保存することでバックアップの役目も果たします。

誤ってデータをバックアップする前にiPad Airを初期化してしまう・・・といったことも珍しくはありません。

普段使わないけど残しておきたいファイルはポータブルSSDへ移動させておくと安心です。

 

以上が筆者がiPad Airの容量は64GBで良いと考える理由です。

少なくとも、iPad Airで写真や動画を撮らない方は64GBで十分でしょう。

iPad Airの使い方によっても容量の減りは大きく変わってくる是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iPad Airを少しでもお得に購入する方法

最後にiPad Airを少しでもお得に購入する方法を紹介します。

iPad Airを購入うする際は「Apple Care+」への加入に「加えポイント還元」まで受けられる「Amazon」がおススメ。

YahooショッピングなどApple Care+に加入できないことがほとんどなので、iPad Airのような大きな買い物をする場合は保証サービスは大切ですよね。

 

また、Amazonで購入する場合は多額のポイント還元を受けることができます。

Amazonでは通常のポイント還元に加え、「チャージタイプのAmazonギフト券」を跨げば0.5%ものポイント還元を受けることが可能。

iPad Airの場合はちょっとしたケースなどのアクセサリーを購入できるくらいのポイント還元を受けられます。

 

 

Amazonでの買い物は「チャージタイプのAmazonギフト券」がお得です。

プライム会員ならキャンペーンエントリー後、「チャージタイプのAmazonギフト券」を5,000円以上クレカ決済すると「0.5%」のポイント還元を受けられます。

筆者のようにAmazonでたくさん買い物をする方はあらかじめチャージしておくのがおすすめですよ。

 

キャンペーンにエントリーする

 

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】iPad Airは「64GB」と「256GB」どっちが最適?

いかがでしたでしょうか?

今回はiPad Airは「64GB」と「256GB」どちらが最適なのかについて解説しています。

iPad Airは「64GB」と「256GB」どちらが最適なのかについて興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました