【2021年】iPad Proの『容量は128GB』がおすすめな理由

スポンサーリンク
iPad

Amazonでのお買い物は『Amazonギフト券 チャージタイプ』がお得!

買い物前にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

Amazonギフト券をチャージする

【2021年】iPad Proの『容量は128GB』がおすすめ理由

 

『iPad Proの容量はどの程度あれば足りる?』

『256GBが欲しいけど10万円を超えてしまう・・・』

『写真や動画を管理しなければ容量はどのくらい余るの?』

 

iPad Proとても便利ですよね。

PC程のスペックを有しているので、マジックキーボードを接続することでPCとしてカフェで作業ができるのが魅力的です。

 

そんなiPad Proを購入する時に『容量』で悩む方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、iPad Proの容量は128GBで十分です!

僕は128GBのiPad Proを購入し、写真や動画、イラストをiPad Proで管理・編集していますが一度も容量が原因で困ったことはありません。

 

今回は、「iPad Proの容量は128GBがおすすめな理由」と「容量の枯渇対策」を解説しています!

iPad Proの容量でお困りの方は是非参考にしてみて下さい!

 

iPad Proの容量は128GBがおすすめな理由」

 

では本題です。

繰り返しになりますが、iPad Proの容量は128GBがおすすめです。

理由は『ポータブルSSD』を活用することでいくらでも容量拡張が行えるから!

 

ポータブルSSDはAmazonなどで売っており、写真や動画、イラストを保存するための領域としてiPad Proでも利用することができます。

ポータブルSSDで人気な『SamsungのTシリーズ』でさえ250GBで¥9,000を切ります。

つまり、ポータブルSSDを利用することでiPad Proの容量拡張と比較すると半分以下のコストでデータ保存領域を増やすことができます!

 

 

また、Samsungなど人気なSSDメーカーであれば128GB、256GB、512GBなどデータ容量ごとに販売しています。

データの種類や用途に応じてSSDを使い分けることでデータ管理が楽になり、PCへ動画など大容量のデータを移す時も難無く可能!

 

僕はSamsung Tシリーズの250GBを写真用、500GBを動画用に使っています。

管理が面倒くなりましたが、GoProで写真や動画を撮って容量を食い潰す使い方をしてる僕は、長い運用を考えるとポータブルSSDでのデータ管理が最善。

 

最近ではAmazon Primeや電子書籍など、データをローカルにダウンロードすることでWi-Fiが無い環境でも楽しめるサービスが増えてきました。

映画やドラマは長さによっては数GBの作品もあり、複数ダウンロードするとそれなりの容量が必要に!

普段使わないような写真や動画はポータブルSSDなど外部で管理するのがおすすめ。

 

 

iPad Proの最低容量である128GBから256GBへ拡張するだけでも¥11,000もお金がかかり、税込価格は¥105,380とハイスペックPCを購入できるお値段に・・・。

10万円を超えたら足踏みしてしまいますよね。

 

ちなみにですが、AmazonであればApple公式からポイント割引を受けながらiPad Proを購入することができます。

個人的に、Yahooや楽天の入荷ルートが不鮮明な業者から安く買うより安全なのでおすすめです。

 

 

お金を費やせば容量は大幅に増やすことができますが所詮は青空天井。

いくら容量を増やしたところで、使い続けたら『容量枯渇』から逃れることができません。

これからiPad Proを購入する方で、写真や動画管理を理由に大容量のiPad Proを購入を検討してる方は今一度考え直して頂ければと思います。

 

【2021年版】iPad向け『SSD』おすすめ4選
iPadで使えるSSDのおすすめを知りたいですか? 今回は、SSDが大好きな僕がiPadで使えるおすすめのSSDを紹介します! iPad用にSSDをお探しの方は是非ご覧ください!

 

iPad Pro容量のおすすめの枯渇対策

 

ここまで読んだら

 

『ポータブルSSD以外に容量を増やすことはできないの?』

『そもそもお金をかけずに容量を増やすことはできないの?』

 

と考える方は多いはず。

結論から言うと、『クラウド』という選択肢があります!

 

ここで言うクラウドは「Googleドライブ」や「Googleフォト」を指しており、これらはGoogleアカウントがあれば無料で利用することができます。

使える容量は少ないですが、無料で利用できるので使わない選択肢はありません。

 

有料なものだとGoProが提供している「GoPro Plus」とか。

僕はGoProを使い海外で写真や動画を撮っているんのですが、紛失や盗難のリスクが常に付き纏うため「GoPro Plus」でクラウドへ自動アップロードしています。

 

ただ、クラウドにもデメリットはあります。

動画など大容量のファイルをアップロード・ダウンロードする時は時間がかかったり、有料なクラウドだと月単位でコストがかかってきます。

 

iPad Proの容量問題はポータブルSSDやクラウドを利用することで然程お金をかけずに解決することができます。

予算や用途に合わせて検討してみて下さいね。

 

まとめ:【2021年】iPad Proの『容量は128GB』がおすすめな理由

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「iPad Proの容量は128GBがおすすめな理由」と「容量の枯渇対策」を解説しました!

iPad Proの容量でお困りの方は参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました