Macでスクリーンショットで保存した画像を圧縮する方法

スポンサーリンク
画像

Amazonでのお買い物は『Amazonギフト券 チャージタイプ』がお得!

買い物前にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

Amazonギフト券をチャージする

Macでスクリーンショットで保存した画像を圧縮する方法

・スクリーンショットで保存した画像の容量が大きくて困っている

このような方へ向けた記事となっております。

 

スクリーンショット機能はとても便利ですよね。

仕事やブログを書く時など、誰かに情報を伝える手段として大活躍です。

そんな便利なスクリーンショットですが、保存した画像は容量が大きいのをご存知ですか?

 

何も設定をしないままスクリーンショットをすると、ファイル形式が PNG で保存されます。

よく使う機能なので、できたら PNG よりも軽い JPG で保存したいですよね。

そこで今回は、「スクリーンショットをJPGで保存し、更に画像容量を圧縮する方法」をご紹介します。

様々なシーンで使えるので是非試してみてくださいね。

 

スクリーンショットの保存形式をJPGに変更

・保存形式の変更はコマンドで行う
・ファイル形式は右クリックした先の情報を見るから確認

まずは、スクリーンショットの保存形式をPNGからJPGに変更します。

右上の虫眼鏡 > ターミナル で検索 > ターミナル を開く

 

ターミナルが開いたらコマンドを実行してファイル形式をPNGからJPGに変更します。

下記コマンドをコピペでターミナルに貼り付けEnterを押してください。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

実際にスクリーンショットで保存された画像の形式がJPGであるか確認します。

Command + Shift + 4 を押してスクリーンショットを起動し適当に画像を保存してください。

ファイルが保存できたら、情報を見るの一般情報から形式を確認します。

画像を右クリック > 情報を見る をクリック

 

以上でスクリーンショットの保存形式を変更する作業は終わりです。

以外とあっさり終わりましたね笑

スクリーンショットで保存した画像を圧縮

・画像の圧縮は無料で使えるJPEGmini Proを使用
・JPEGmini Proを使えば容量を半分どころか数十分の1まで減らすことができる

最後に、スクリーンショットで保存した画像を圧縮します。

今回は JPEGmini Pro という無料で使えるアプリを使用します。

このアプリを使えば、容量を半分どころか数十分の1まで減らすことができます。

JPEGmini Proのインストールから設定、使い方まで詳細にまとめているので下記記事をご参考下さい!

タイトルの通り、僕は画像容量を20分の1まで減らすことができました。

404 NOT FOUND | FatGreed
ITや食べ物、旅行について発信してます!

まとめ Macでスクリーンショットで保存した画像を圧縮する方法

・スクリーンショットのデフォルト保存形式はPNG
・保存形式の変更はコマンドで行う
・画像の圧縮はJPEGmini Proを使えば容量を20分の1まで減らすことが可能

いかがでしたでしょうか?

とても簡単に容量の圧縮まで行えましたね!

画像容量はページ表示速度に直結する部分なので、Webサイトを運営してる方にとても重要です。

一度設定してしまえば長く使えるので、是非この機会にお試しください!

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました