【2021年】iPadを学生が安く買う方法まとめ

iPad
スポンサーリンク

【2021年】iPadを学生が安く買う方法まとめ

  • iPadの学生学割はあるの?
  • 学生割引以上におすすめの購入方法は?
  • 学生におすすめのiPadアクセサリーは?

 

タブレットの中で最も人気の高い「iPad」。

最近では学生がノート替わりに使用したりと様々なシーンが増えてきました。

学生だとどうしても勉強ノートが溜まってしまいますが、iPadを使えば授業ごとにノートデータを整理可能。

溜まったノートはいずれ捨てることになってしまいますが、自分でせっかくとったノートを捨てるのは心もとなく、そういった問題をiPadは解消してくれます。

今回は、そんなiPadを「学生が安く買う方法」について。

iPadはとても便利ですが、高スペックPCくらい高価でなかなか手が出し難いですよね。

iPad ProとなるとMacBook Airよりも高価ですし、本当にiPadを買うのが正解なのかわからなくなってしまいます。

本記事ではAppleの学生割引を含め様々なお得な方法についてまとめています。

iPadを購入しようとしている方は是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

【結論】iPadを学生が安く買う方法

まずは本題でもあるiPadを「学生が安く買う方法」について。

結論から言うと、「Apple公式」で購入するのが最もお得です。

AppleはiPadに学生割引を適応しており、通常価格よりとてもお得に購入可能。

内容をざっくりまとめていきます。

学割制度によるディスカウント額

  • iPad Pro:\94,800 → \88,000
  • iPad Air:\69,080→ \63,580

上記は最新の2021年製iPad Proと2020年製iPad Airの最低価格を例にしたディスカウント額です。

Appleの学割制度を利用することで5~6%ものディスカウントを受けて購入することができます。

銀座や表参道のAppleストアで購入するより圧倒的にお得であることは明白ですね。

学割制度を利用する条件

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生(大学生)
  • 上記教育機関へ進学が決定した学生(小学生、中学生、高校生)
  • 大学受験予備校に在籍する学生
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員など

学割制度を利用してiPadを購入するには上記のような条件があります。

ざっくりまとめると、大学や専門学校に在籍してる生徒や、進学が決まった高校生は学割制度を利用可能。

学割制度には1つ落とし穴があります。

現在高校生で大学・専門学校へ進学予定だけど進学先が確定していない学生は学割制度を受けることはできません。

大学生であれば全く問題ありませんが、大学進学前にiPadを購入しようとしてる方は残念ながら学割制度を受けることができません。

尚、学割制度を利用するためには自身が対象であることを証明するための書類提出などが必要です。

ここまで色々書きましたが、何かめんどくさいと思う方は次項の「学生以外がiPadを安く買う方法」を参考にしてみください。

スポンサーリンク

学生向けのiPadのおすすめアクセサリー

iPad単体でも十分ですが、持っているととても便利なアクセサリーを2つ紹介します。

今回紹介するアクセサリーは実際に僕も使っており、iPadの利便性が上がり利用頻度が増えました。

iPadはどうしてもMacBookと比較しがちですが、差別化を図る意味でも最高のアクセサリー達です。

 

1つ目はAppleが販売している「Magic Keyboard」。

「Magic Keyboard」を取り付けることで「キーボード」、「トラックパッド」、「ケース」の3つがiPadに備わります。

iPadを操作する上で最もストレスな操作が指によるキーボード操作だと思うのですが、それがこのアクセサリー1つで解消されます。

これだけでも十分なのですが、ケースの作りがしっかりしているのでベッドや膝の上など不安定なところでの作業もOK。

僕はソファとか机が無い環境でも作業するのでとても役立っています。

控えめに言ってこのアクセサリーはAirPods Pro並みの神アクセサリーだと思います。

 

2つ目は「Apple Pencil」。

授業などでノートを頻繁に取る方は絶対に持っておくべきアクセサリー。

紙ノートのデータ管理はとても厄介で、過去のデータを追うのにとても苦労します。

iPadではデータ管理や検索といった紙ノートで生じる課題を解消してくれます。

ちなみにですが、Apple PencilはiPad Proにくっつけておくだけで充電されるので、基本的にバッテリー切れの心配はありません。

イラストを描く方に向けたアクセサリーなイメージが強いApple Pencilですが、色々な使い方があります。

スポンサーリンク

学生以外がiPadを安く買う方法

前項でも述べたように、進学先が確定していない高校生は学割制度を利用することはできません。

本項では「学割制度を利用できない方」に向けたiPadをお得に購入する方法を紹介します。

結論から言うと「Amazon」で購入するのが最もお得で安全です。

 

理由が色々あるので分かり易いに箇条書きで解説します。

 

  • 製品価格の「1%」をポイント還元
  • チャージタイプのギフト券で「最大2.5%」をポイント還元
  • Apple公式から購入可能
  • AppleCare+に加入可能

 

ポイントは2つ目の「チャージタイプのギフト券」。

Amazonでは購入前に「チャージタイプのギフト券」を1ステップ加えることで「最大2.5%」のポイントが還元されます。

これで通常のディスカウントと合わせ3.5%ものディスカウントが受けることが可能に。

 

 

基本的に自社製品の値引きをしないApple。

しかし、Amazonという世界最強のECサイトを通すだけで3.5%もの還元を受けられるのは異常です。

僕はAmazonのヘビーユーザーなので大きな買い物から日用品までのほとんどをAmazonで賄うのですが、チャージタイプのギフト券でだいぶ得をしています。

iPad以外のお買い物含め、Amazonで何か購入される際はチャージタイプのギフト券をチェックしてみて下さい。

 

Amazonギフト券をチャージする

 

スポンサーリンク

まとめ:【2021年】iPadを学生が安く買う方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はiPadを学生が安く買う方法についてまとめてみました。

学生さんでiPadの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました