【解決】iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法

iPad

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法

  • iPadでUSBメモリは使えるの?
  • USBメモリがiPadで認識しない場合はどうすればいいの?
  • iPad用にUSBメモリを購入する際の注意点は?

 

国内で人気の高いタブレット「iPad」。

iPadを仕事で使い始める方はUSBメモリやHDD、SSDなどの外部接続機器で困る方は多いのではないでしょうか?

最近はWindows/Mac両方に対応している機器が多いですが、昔はWindowsライクの機器も多く、そういった製品はApple製品で動作しないケースがあります。

今回は、そんなiPadで「USBメモリが認識しない問題」について。

僕も以前から普段使わないデータは外部記憶領域に保存するようにしてるので、iPadを購入した当初に経験しました。

本記事ではiPadでUSBメモリが使えない時の解決法について解説しています。

USBメモリをiPadで使えず困っている方は参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法①USBメモリの故障確認

まずはUSBメモリが故障していないか確認しましょう。

USBメモリをお持ちということは、iPad以外でUSBを認識できるPCなど機器をお持ちのはずです。

まずはiPad以外の製品でUSBメモリを接続してみて問題無く動作することを確認しましょう。

  • 製品側でUSBメモリを認識する
  • データを書き込める(例 写真などをアップロード)
  • データを読み込める(例 写真などをダウンロード)

まずは上記を確認してみましょう。

問題無く動作する場合はiPadの問題、動作しない場合はUSBメモリの問題であることがわかります。

USB側の問題であればどうしようも無いので、中のデータは諦め買い直しになるパターンになるかと思います。

もし貴重なデータの場合はお金がかかりますが、専門業者へ依頼しデータサルベージしましょう。

スポンサーリンク

iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法①iPadの電圧

本項ではiPadでUSBメモリが認識しない原因を解説します。

USBメモリが認識しない原因は「電圧」が理由のケースが多いです。

iPadを含めPCなど電子機器には対応可能な電圧の上限を設けています。

身近な物としては「高速充電器」が挙げられ、高い電圧によって通常の充電器よりも早くバッテリー充電を可能としています。

しかしながら、電圧上限を設けないと充電される側のiPadに負担がかかり最悪は故障してしまいます。

ですが、iPadの対応電圧は公式には公開されておりません。

そのため下記のようなメッセージが表示された場合は電圧であることを察しましょう。

 

Cannot Use Accessory
USB Flash Drive: This accessory requires too much power.

 

語尾の「too much power」が電圧が問題であることを示しています。

お持ちのUSBメモリはiPadで使えないので、データを別の記憶領域に移す形で再度iPadに接続しましょう。

下ではUSBメモリに代わるSSDを紹介しています。

いずれも実際に僕が今も利用している製品なので、動作は問題無く行えると思います。

接続規格もiPad標準のType-Cに対応しているので購入後、そのまま利用できます。

SAMUSUNG T5シリーズ

僕がiPad用に一番よく使うのがSamsungのT5シリーズです。

書き込み・読み込み共に安定していて、2年前に使い始めた256GBモデルは現在もバリバリ動いてくれます。

SSDの特徴して読み込み・書き込み速度の速さがありますが、USBメモリより圧倒的に早いです。

USBメモリはiPadに直接刺せないことが多く、コネクタアダプタを仲介するので余計処理に時間がかかることも。

その点SSDは長く使え、且つ高パフォーマンスでストレスを感じないのでおすすめ。

USBメモリより値段は高いですが、間違いなく使い勝手が良いはずです。

スポンサーリンク

iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法②コネクタアダプタ

多くのUSBメモリは差込口の規格からiPadに直接接続できないことが多いです。

USBメモリを接続して「Cannot Use Accessory」が表示されない場合は「コネクタアダプタ」が原因の可能性が高いです。

こうした場合は「コネクタアダプタ」の変更が必要になりますが、下手にサードパーティ製を購入するよりApple純正の下記アダプタがおすすめ。

 

 

こちらはApple純正のUSB-C向けのUSBアダプタになります。

Apple製品であるiPadなどとの互換性が保証されておりますので安心して使用できます。

 

 

Amazonでの買い物は「チャージタイプのAmazonギフト券」がお得です。

プライム会員ならキャンペーンエントリー後、「チャージタイプのAmazonギフト券」を5,000円以上クレカ決済すると「0.5%」のポイント還元を受けられます。

筆者のようにAmazonでたくさん買い物をする方はあらかじめチャージしておくのがおすすめですよ。

 

キャンペーンにエントリーする

 

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法

いかがでしたでしょうか?

今回は「iPadでUSBメモリが認識しない時の解決法」についてまとめてみました。

iPadでUSBメモリが認識せずお困りの方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました