iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れる?利用価値は?

iPad

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れる?利用価値は?

 

iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れるの?

ソーシャルゲームなどまだまだ現役で使えるの?

 

優れたUIとスペックで大人気の「iPad Pro」。

新機種ではMacBookシリーズでもお馴染みの高性能CPU「Apple M1」を搭載したことで利用の幅が大きく広がりました。

Magic Keyboardを装着すればほぼMacBook化するので、iPad Proでプライベートとビジネス両方をまかなうという選択肢も。

 

iPad Pro 11インチの第一世代が発売したのは2018年。

発売から約4年が経過しているので新機種と比べるとどうしてもスペック面が見劣りしています。

出来ることなら新機種を使いたいところですが、まだまだ動くことから乗り換えに踏み出せない方は多いのではないでしょうか。

 

・iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れるの?
・まだまだ現役で使えるの?

 

今回はそんなiPad Pro 11インチ 第一世代について。

iPad Pro11インチ 第一世代が中古市場ではいくらで売れるのか、高く売るにはどうすれば良いのかについて解説しています。

高く売れれば新機種への乗り換え資金にも出来るので嬉しいですよね。

 

また、本記事ではiPad Pro 11インチ 第一世代の利用価値についても解説しています。

まだまだ動くiPad Pro 11インチ 第一世代が最近流行っているアプリなど、未だ現役で使えるかについて解説しています。

iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れるのかについて興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れる?

まずは本題でもあるiPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れるのかについて。

結論から言うと、付属品やストレージ数にもよりますが最低でも「60,000円前後」で売ることができます。

販売手数料や送料を考慮すると実際の利益は54,000円前後といったところでしょうか。

 

高いと見るか、安いと見るかは個人で分かれると思いますが、筆者的にはかなり高い部類だと思います。

iPad Proはタブレットとは言えほぼノートPCと変わらないので、そんな4年前の製品が60,000円で売れるというのはなかなか無いことだと思います。

理由としては日本におけるApple製品の人気だと思いますが、それにしても高いという印象です。

 

 

もし中古市場で売りたい場合はメルカリがおすすめです。

メルカリであれば手数料10%と送料以外に販売コストがかからないためゲオなど店舗買取型よりも高く売れるはずです。

また、メルカリはユーザー数も多いのでiPad Proのような人気なApple製品はすぐに買い手が見るかと思います。

 

販売する際は付属していた箱や説明書、ケーブルなど出来る限り付属しましょう。

本体を含め付属品を写真に収めて公開することで買い手も安心することができます。

出品自体は文章をコピペして写真を撮るだけなので5分もあれば終わるでしょう。

 

スポンサーリンク

iPad Pro 11インチ(第一世代)の利用価値は?

売って乗り換える以外にも使い続けるという選択肢もあります。

Apple製品は基礎スペックに加えて耐久年数が高いことから、数年前の製品でも余りストレス無く動く現実があります。

iPad Pro 11インチ 第一世代は4年前の製品であることから、Adobeが提供している動画・画像編集ソフト以外であれば動くはずです。

 

しかしながら、4年も使うとバッテリーの経年劣化で充電持ちが悪くなってるはずです。

さして高度なスペックを求められるアプリケーションを動かさないのであれば、バッテリー交換して使い続けるというのも一つの選択肢です。

ソーシャルゲームのサブ垢として使っている程度であれば買い替える必要は無いでしょう。

 

 

iPadシリーズでもお馴染みに「Apple Pencil(第二世代)」にも対応しています。

授業のノート代わりにも出来ますし、仕事で図を描くといった使い方もできます。

スペックや年式を気にしなければ個人的にはあと1~2年は使えるんじゃないかと思っています。

 

iPad Pro 11インチ 第一世代を売って新機種を買い替える場合の必要コストはだいたい50,000円程です。

少しでも新機種へ買い替える意志がある場合、時間経過と共にiPad Pro 11インチ 第一世代の販売価格が安くなることだけは認識しておきましょう。

新機種ではスペックを活かしてより幅広い使い方が出来るので、ご自身の使い方を振り返って選択してみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ:iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れる?利用価値は?

いかがでしたでしょうか?

今回は、iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れるかについてまとめました。

iPad Pro 11インチ(第一世代)はいくらで売れるかについて興味がある方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました