【2021年11月】iPadとiPad Proの違いと主な用途

iPad

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【2021年11月】iPadとiPad Proの違いと主な用途

 

iPadとiPad Proはどんな違いがあるの?それぞれどんな用途で使うのがおすすめ?

 

 

世界的に人気な「iPad」。

日本ではiPhoneの高い需要も相まり、長らく人気タブレットとして不動の地位を築いています。

iPhoneユーザーであればタブレットと言ったら真っ先に思い浮かぶのはiPadではないでしょうか。

 

Apple製品の中でもiPadは需要が高く、OSアップデートによる機能追加やモデルアップデートが毎年のように行われています。

直近ではiPad miniが久々にアップデートされましたが、評判も良く品薄状態が続いています。

iPad miniのサイズ感だとYouTubeやNetflixの動画鑑賞から電子書籍など様々な楽しみ方があります。

 

・iPadとiPad Proの違い
・iPadとiPad Proそれぞれの主な用途

 

今回はiPadのこのような内容について。

2021年の新型「iPad」と「iPad Pro」の違いについて重要なポイントに絞り解説しています。

ユーザー目線に立って解説しているので、始めてiPadに触れる方でもわかり易いかと思います。

 

また、iPadとiPad Proそれぞれの主な用途についてもまとめています。

実際のユースケースを通して購入後のイメージを想像することで、自身に適したiPadがわかるかと思います。

iPadもしくはiPad Proの購入を検討している方は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

iPadとiPad Proの違い①処理速度(搭載チップ)

iPadとiPad Proで最も違うのがアプリケーションなどの処理速度。

iPadでは2019年発表の「A13」が搭載されているのに対し、iPad Proは2020年発表の「M1」を搭載しています。

発表時期は然程変わりませんが、実際に両方を使ってみるとYouTubeの動画再生の安定性など露骨に違いを感じます。

 

では多種デバイスと比較するとどのくらいの違いがあるのか。

個人的にはiPadのA13はiPhone、iPad ProのM1はMacBookProと同等であると思っています

iPad Proは仕事で使うレベルのスペックを有しています。

 

 

iPad Proの処理能力が目立ちがちですが、iPadも十分な機能を有しています。

4~5万程度のスマホ、1~2万円程度のタブレットと比べたら圧倒的にiPadの方が処理速度は速いし、アプリもサクサク動きます。

最近はApple製品のハイエンド化が進み過ぎて、iPadやAppleWatch SEのような廉価版がショボく見えがちです。

デバイスを選ぶ上で一番重要なのが「何をやりたいのか」です。

スマホのサブ機として使いたい場合はiPadで十分ですが、PhotoShopなどAdobe製品を使って仕事をする場合はiPad Pro一択。

僕はプログラムを書いたり動画編集してるのでiPad Proを使っています。

 

スポンサーリンク

iPadとiPad Proの違い②iPad Proでは「Magic Keyboard」が使える

iPadをMacBookのように扱いたい場合はiPad Pro一択です。

iPad Proでは「Magic Keyboard」を装着することで「トラックパット」と「キーボード」の機能を備えられるので、MacBook Airよりも軽量な簡易ノートPCが出来あがります。

トラックパットとキーボードを備えれば、タブレットが抱えるUIが改善されます。

 

僕はiPad ProにMagic Keyboardを装着することで、手軽にカフェなどに持ち出し易くなりました。

Magic Keyboardは「カバー」と「スタンド」の役割も果たすので、手で持って行って机に置いて利用できるのがポイント。

Magic Keyboardを買う前は財布やスマホに立てかけていたのでだいぶ使い易くなりました。

 

 

Magic Keyboardは高級アクセサリーなので、遊び程度で使う場合はオーバースペックかもしれません。

しかし、家にいる時はスマホやテレビよりPCを使う方の場合、Magic Keyboardを買うことでiPad Proの利便性が増して利用頻度が高くなると思います。

ベッドや膝の上など不安定な所でもディスプレイの傾きを固定できるので、僕のような家の中でもPCを持ち歩く人にはおすすめです。

 

Magic Keybord以外にもiPadには数多くの便利なアクセサリーがあります。

iPhoneやMacBookをお持ちであれば、AirPods ProのようにiPadと一緒に使いまわせるアクセサリーを揃えるのも面白さです。

きっとQOL上がりますよ。

 

スポンサーリンク

iPadが気になる方は2021年にリニューアルされたiPad miniもおすすめ

iPadのスペックに似た機種としてiPad miniがあります。

2021年にリニューアルした「iPad mini」は処理能力も高く、ベゼルレスによってディスプレイも大きく進化したので、YouTubeや電子書籍を楽しむのに最適です。

iPhoneを使い続けてる方だとわかると思いますが、ベゼルレスがあるだけでディスプレイサイズがだいぶ変わりますよね。

 

スペックだけで見ればiPadよりもiPad miniの方が高め。

スペックが高い分、価格も上がってくるので予算が許す方はサイズ感が同じiPad miniの方が使い勝手は良いと思います。

SNSを見ていてもiPad miniの評判はとても良いので合わせてチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ:【2021年11月】iPadとiPad Proの違いと主な用途

いかがでしたでしょうか?

今回は、iPadとiPad Proの違いについてまとめました。

iPadとiPad Proのどちらにするか迷っている方は是非参考にしてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました