iPad Pro「2021年モデル」は買わずに待つべき?

iPad
スポンサーリンク

iPad Pro「2021年モデル」は買わずに待つべき?

  • 2021年発売のiPad Proはどのくらいパワーアップしたの?
  • 次世代モデルを待った方が良い?
  • iPad Proを使いこなすには?

 

タブレット製品の中でもとても人気の高い「iPad」。

ハイエンドモデルとして発表されたiPad Proは、MacBookに匹敵するスペックを持ち様々な利用が可能。

今回は、そんな「iPad Proの2021年モデル」について。

2021年05月21日に新型iPad Proが発表されてはや1ヵ月。

新型iPad Proのレビュー記事も増え、様々な評価を目にするようになってきました。

本記事では、2018年モデルから2021年モデルに買い替えた僕がユーザー目線に立って新型モデルをレビューしています。

iPad Pro 2021年モデルの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね!

 

11インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\94,800
セルラーモデル価格:\112,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:466g(WiFi) / 468g(Cel)
コネクタ:Thunderbolt

 

12.9インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\129,800
セルラーモデル価格:\147,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:682g(Wifi) / 684(Cel)
コネクタ:Thunderbolt

 

スポンサーリンク

iPad Proの次世代モデル発表は1年以上先

iPad Proを買い悩む理由の1つとして次世代モデルがあるかと思います。

 

「次のモデルで大きなアップデートがあったら後悔しそう・・・」

 

これは購入を検討してる方であれば誰もが考えることで、僕も考えていました。

しかし、MacBookと変わらないスペックへ大進化した2021年モデル。

そんな神スペックを持つ2021年モデルを超える次世代モデルは早々に発表されることはないでしょう。

 

【格付け】MacBook Airの重さは?持ち運びに最適なPCとは
MacBook Airの重さについて知りたいですか? 本記事はMacBook Airの重さについてまとめています。 MacBook Airの重さについて知りたい方は是非ご覧下さい。

 

iPad Proの過去のモデルチェンジは最低でも1年以上であることから、今回も同じような間隔になることが想像。

とすると、次回の発表は2022年の5月以降でしょう。

 

  • 2021年後期に「Apple M1」の次世代チップ搭載のMacBookを発表
  • 翌年、新型プロセッサを搭載したiPad Proを発表

 

という流れが自然で可能性として高そうな気がします。

仮に2021年中に発表があったとしても、M1チップを搭載した5月程のインパクトは無さそうですね。

 

スポンサーリンク

僕は「iPad Pro 2021年モデル」を買うべきか迷った末に買いました

結論から言うと、僕はiPad Pro2021年モデルを購入しました。

色々要因で迷ったのですが、M1チップのおかげで作業速度が上がり、自由時間の創出ができ大変満足しています。

本章では、購入し現在も毎日使っている僕がiPad Pro2021年モデルの利点や向いている方を解説したいと思います。

 

「処理速度」が求められる作業をしてる方

 

僕が思うに、iPad Pro2021年モデルの大きな特徴は「Apple M1チップ」を搭載したことによる処理速度の向上です。

iPad ProでAdobe製品のような高負荷アプリケーションを動かしている場合は大きな変化が起きるでしょう。

僕はAdobe製品に加えてiMovieを使っていたのですが、コンテンツの保存に大変時間を要していました。

それがM1チップのおかげで作業時間を大幅に削減でき、自由時間が増えました。

 

「動画」や「イラスト」をiPad Proで管理してる方

 

iPad Proの容量はお世辞にも大きくありませんが、外付けSSDを利用することでストレージを無限化できます。

iPad ProはType-C対応しているので外付けSSDとは相性が良く、使っている方も多いはず。

iPad Pro 2021年モデルでは「Thunderbolt」を採用しており、最大で40Gbpsでファイル転送が行えます。

40Gbpsはとんでもない数値で、数十GBの動画ファイルも一瞬でiPad Pro⇔外付けSSDを行き来することが可能。

ファイル転送だけで言えば、そこら辺のPCよりも早いはず。

 

「Magic Keyboard」を持っているor購入する方

 

Magic Keyboardというものをご存じでしょうか?

Magic KeyboardはiPad Proに「キーボード」、「トラックパッド」、「ケース」の機能を付属するアクセサリー。

個人的にAirPods Proに並ぶiPad Proの神アクセサリーだと思っているのですが存在時代を知らない人も多いはず。

Magic Keyboardを装着することで、普段はタブレットとして使い、調べものや作業する時はMacBookとして使うことができます。 

ここまで来るとiPadがMacBookを超えてしまいますね。

 

スポンサーリンク

「iPad Pro 2021年モデル」は買わずに待つべきなのか?

色々な意見はあると思いますが個人的な感想としては

「使ってるモデルの機能面に満足できない方は買った方が良い」

です。

僕のようなiPad Proを学業や仕事で毎日使うことが想像できる人には超おすすめ。

自分の環境と照らし合わせて考えてみて下さいね。

 

 

 

もし、AmazonでiPad Proを購入する場合は「チャージタイプのAmazonギフト券」がおすすめです。

最大2.5%のポイント還元を受けることができ、通常のポイント還元と合せるとマックス3.5%。

僕は日用品、食べ物など全てをAmazonでまかなってるのでよく利用します。

Amazonでのお買い物は『Amazonギフト券 チャージタイプ』がお得!

買い物前にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

 

Amazonギフト券をチャージする

 

スポンサーリンク

まとめ:iPad Pro「2021年モデル」は買わずに待つべき?

いかがでしたでしょうか?

今回は「iPad Pro2021年モデルは買わずにまつべきか」についてまとめてみました。

iPadの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました