【解決】iPad Proで動画編集の容量不足を解消する方法

iPad

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】iPad Proで動画編集の容量不足を解消する方法

 

iPad Proで動画編集してたら容量が足りなくなる・・・。

容量が足りなくなったらファイル削除する以外に方法はないの?

 

 

ハイエンドモデルとして人気な「iPad Pro」。

高性能なiPad Proでは一般的な利用方法以外に、動画編集やプログラミングといった一般的にPCで行う作業もサクサク行うことができて好評です。

Magic Keyboardを装着すればトラックパッドとキーボードを使えるようになり、超軽量版MacBookとして活躍してくれます。

 

かくいう筆者もiPad Proで仕事をしているユーザーの一人。

ブログを書いたり、プログラミング、動画編集といったプライベートと仕事で行う作業を一貫してiPad Proでまかなっています。

とても軽量なので持ち運びも楽ちんで、ちょっとした外出でも持ち運びやすいのでMacBook離れが加速しました。

 

・iPad Proで動画編集の容量不足を解消する方法
・iPad Proで動画編集をストレス無く行う方法

 

今回はiPad Proの動画編集と容量について。

現在進行形でiPad Proで動画編集を行っている筆者が、容量不足の解消法についてまとめてみました。

iPad Proにおける容量不足は永遠の課題で、購入時に真っ先に考えるのが「容量足りるかな?」ではないでしょうか。

 

また、本記事ではiPad Proで動画編集をストレス無く行う方法についても解説しています。

MacBook ProやWindowsのデスクトップPCで動画編集からiPad Proへ移行する際に用意したアイテムや注意点を解説しています。

iPad Proで動画編集の容量不足に不満を感じている方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iPad Proを購入時に容量拡張してもいずれ限界は訪れる

まずは本題でもある動画編集の容量不足を解消する方法について。

今回紹介する方法は既にiPad Proを購入している方、これから購入しようとしている方へ向けた内容となっております。

iPad以外にもiPhoneなどでも使える方法となっているので、写真や動画を撮影する方は覚えておくことをおススメします。

 

現在のiPad Proは追加料金を支払うことで最大で2TBまで容量を拡張することができます。

しかしながら、500GBあたり約2万円と凄まじくコスパが悪い上に拡張したところで使い続けるといずれ限界を迎えます。

大前提として、iPad Proで動画編集を行う方など容量を気にする方は追加料金を支払うことで拡張することはおススメできません。

 

本記事ではiPad Pro以外でも使える汎用性の高い解決法を紹介しています。

iPad Pro以外にスマートフォンやPCを扱っている方にコスパが高い大変おススメの方法です。

容量不足に困っている方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

iPad Proで動画編集の容量不足を解消法は「外付けSSDの利用」がベスト

最もおススメなのが外付けSSDへのデータ移動です。

筆者は動画や写真は外付けSSDで管理しているのですが、費用をかけずに安全にファイル管理が行えるのが理由です。

コスト的にも買い切りタイプなので、毎月費用がかかるといったこともありません。

 

外付けSSDでデータ管理する一番のメリットはデータの転送速度です。

大容量なHD動画ファイルは移動するだけで時間を要しますが、USB-Cケーブルでデバイス接続すれば大容量ファイルもiPad Pro⇔スマホ⇔PCを瞬時に移動可能。

GoogleDriveなどで動画ファイルを管理すると移動するだけでも大変ですよね。

 

 

もう一つがiPad Proのパフォーマンスを落とさないこと。

iPad Proを含めiPhoneやPCは容量が枯渇するとアプリケーションの動作が遅くなったりと支障が出てきます。

iPad Pro本体の容量を潤沢に保つことは日常的に使う上で最も大切な要素です。

 

最後が安全にファイル管理が行えること。

日常的に使っているiPad Proでファイル管理するのは楽ですが、日常的に使うということはそれだけファイル損失の可能性があります。

誤って削除してしまう可能性がありますし、毎日見たり使ったりする訳ではないファイルは外部デバイスで管理するのが望ましいです。

 

スポンサーリンク

iPad Proで動画編集をストレス無く行う方法

最後にiPad Proで動画編集をストレス無く行う方法についてまとめます。

お世辞にもiPad Pro単体で動画編集を行うのは厳しいものがあり、操作性の面で「やっぱりPCの方が楽だな」と感じる方は多いと思います。

語弊はありますがiPad ProはiPhoneの画面が大きくなった版ですからね。

 

こういった問題を解消してくれるのがAppleの「Magic Keyboard」です。

iPad Proに「Magic Keyboard」を装着することでトラックパッドとキーボードが使えるようになるので、操作性が格段に向上して動画編集もストレス無く行うことができます。

スタンド機能もしっかりしているので、ベッドや膝の上でも作業できちゃいます。

 

Magic Keyboardを装着しても総重量はMacBookよりも軽いのもポイント。

iPad Pro本体を手で持っても苦は無い重さなので、ちょっとした外出でも持ち運べるので利用の幅が広がります。

僕はiPad ProにMagic Keyboardを装着しているのですが、便利過ぎてMacBookに戻れなくなりました。

 

 

動画編集していたら音楽や効果音を挿入するのは必然。

ワイヤレスの「AirPods Pro」は使っていてストレスが無く、ノイズキャンセリングを搭載しているので外出先でも集中して動画編集に没頭できます。

iPhoneやMacBookともシームレスな連携が行えるのでこれらデバイスを持ってる方にとっては汎用性が高いはず。

 

 

最近はバトロワやFPSゲームをプレイする時のゲーミングイヤホンとしても使っています。

こういった音が大切なゲームでは「AirPods Pro」のノイズキャンセリングと相性が良く、ヘッドセットと異なり頭が痛くならないのもポイント。

Bluetoothが付いていないWindowsPCやPS5でもオーディオアダプターを挿せばすぐに使えます。

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】iPad Proで動画編集の容量不足を解消する方法

いかがでしたでしょうか?

今回はiPad Proで動画編集の容量不足を解消する方法について解説しました。

iPad Proで動画編集の容量不足でお悩みの方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました