【僕は買っちゃいました】iPad Proは新型を待つべきか?

iPad
スポンサーリンク

【僕は買っちゃいました】iPad Proは新型を待つべきか?

  • 2021年に発売したiPad Proはどんな感じ?
  • 次の新型を待った方が良い?
  • iPad Proではどんなことができるの?

 

日本で大人気なタブレット「iPad」。

iPadシリーズの中でも高スペックを売りにしているiPad Pro。

今までPCで動かすのが常識だったPhotoShopなど、スペックを求められるアプリもサクサク動いてしまいます。

今回は、そんな2021年に発売した新型iPad Proについて。

本記事では2021年5月に発売した新型iPad Proを購入した僕が「前モデルからの変更点」や「実際の使用感」についてまとめました。

iPad Proの購入を検討してる方は是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

2021年モデルと2020年モデルの違い

まずは2020年モデルからの変更点について。

2021年のモデルチェンジは変更点が多かったので、ユーザー視点に立ち利用に直結する部分のみ解説します。

ご自身の利用シーンに照らし合わせてみて下さいね。

 

11インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\94,800
セルラーモデル価格:\112,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:466g(WiFi) / 468g(Cel)
コネクタ:Thunderbolt

 

12.9インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\129,800
セルラーモデル価格:\147,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:682g(Wifi) / 684(Cel)
コネクタ:Thunderbolt

 

プロセッサが「A12Z」から「Apple M1」へ向上

人間の脳にあたる「プロセッサ」。

2021年モデルではMacBook AirやMac Book Proと同じ「Apple M1」を搭載。

M1チップを搭載したことでPhotoShopとなどAdobe系アプリもサクサク動くようになりました。

タブレットの域を超え、今までPCで動かすのが常識だったアプリをiPad Proで動かせるように!

僕のようなノマドワーカーはわざわざPCを持ち歩かなくて良くなるのでかなりの恩恵です。

 

「Neural Engine」を搭載

2020年秋にAppleは「Neural Engine」を発表。

Neural Engineは機械学習に特化したチップで、iPad Proの処理速度を上げ、バッテリー消耗を抑制。

M1チップだけで十分ですが、Neural Engineを搭載したことによってより柔軟な対応が可能となりました。

2020年のiPad Air4が搭載したため後発のiPad Proも予定はされていましたが、M1チップと合わせるのは想定外。

直近のモデルチェンジの中でここまでアップデートしたのは2021年発売のiPad Proくらいでしょう。

 

ファイル転送速度が「最大40Gbps」にアップ

充電などをするポートが「USB-C」から「Thunderbolt」へ変更されました。

「Thunderbolt」に変更されたことで最大40Gbsの通信が可能に。

具体的な利用シーンとしては「外付けSSD」など外部ストレージとのファイル転送。

写真や動画、イラストをiPad Proで管理するのはストレージ逼迫に直結するため非効率。

そのため外部SSDなどに保存するのですが、今まではファイル転送にかかる時間がネックになっていました。

今後はPCの有線LANをも上回るであろう転送速度を出すことができるように!

クリエイティブ系の仕事をしてる人にとってはプロセッサ向上に並び嬉しいアップデートではないでしょうか。

 

最低メモリサイズが「8GB」にアップ

iPadには処理速度に直結するフラッシュメモリが搭載されています。

2020年モデルでは最低6GBでしたが、2021年モデルでは8GBにパワーアップ。

「Apple M1チップ」の性能を100%活かすためのアップデートと予想されますが、メモリ8GBは10万円クラスのPCが搭載するレベル。

しかも、iPad Proのストレージを1TBオプションにするとメモリが16GBになります。

ここまで来るとゲーミングPCレベルになってきてもはやタブレットじゃなくなりますね。

 

スポンサーリンク

iPad Proは新型を待つべきか?

結論から言います。

2021年のiPad Proはアップデートの内容的にかなりお買い得です。

発売直後は「Apple M1」に関するベンチマークが少なく賛否両論でしたが最近の評価は高め。

僕は2020年モデルから2021年モデルへ移行しましたがとても満足しています。

自宅に「Corei7」の「メモリ16GB」のWindowsデスクトップがあるのですが、2021年iPad Proの方が早いです。

 

 

 

iPhoneやMacBook、AirPods Proをお使いの方であれば相乗効果が期待できます。

AirDropなどApple製品同士はシームレスな連携が可能なので、遊びも仕事もiPad Proはあなたに大きな恩恵を与えてくれるはず。

iPhone ⇔ iPad Pro ⇔ MacBookによる写真の移行は超便利です。

 

 

僕個人の意見ですが、2021年モデルのような高機能iPad Proを使いこなすには「Magic Keyboard」が必要だと思いました。

本気で使いこなすのであればPhotoShopやiMovieのような「クリエイティブ系アプリ」やExcelやWordなどの「Officeアプリ」を使うことになるかと思います。

「Magic Keyboard」があれば普段はタブレットとして使い、作業する時はMacBookとして使えるのでおすすめです。

そういえばMagic Keyboardもニューカラーのホワイトをリリースしていました。

 

 

もし、AmazonでiPad Proを購入する場合は「チャージタイプのAmazonギフト券」がおすすめです。

最大2.5%のポイント還元を受けることができ、通常のポイント還元と合せるとマックス3.5%。

僕は日用品、食べ物など全てをAmazonでまかなってるのでよく利用します。

Amazonでのお買い物は『Amazonギフト券 チャージタイプ』がお得!

買い物前にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

 

Amazonギフト券をチャージする

 

スポンサーリンク

まとめ:【僕は買っちゃいました】iPad Proは新型を待つべきか?

いかがでしたでしょうか?

今回は「2021年に発売した新型iPad Pro」についてまとめてみました。

iPad Proの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました