【解決】iPhone SEの「第一世代」はいつまで使えるのか?

iPhone SE

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【解決】iPhone SEの「第一世代」はいつまで使えるのか?

 

iPhone SEの第一世代はいつまで使えるの?

最近のアプリ正常に動くの?

 

コンパクトなサイズ感と手頃な価格感で人気の「iPhone SE」。

国内のiPhone人気も相まって数あるスマホの中でも人気な「iPhone SE」は初めてiPhoneを手に取る方にピッタリ。

低価格ながら優れたハードウェアとソフトウェアを持ち合わせ使い勝手が良いと評判です。

 

そんな「iPhone SE」の第一世代が発表されてはや6年。

2022年3月には「iPhone SE」の第三世代が発表され、最新のiPhone 13シリーズと同じチップを搭載していることで話題に。

今現在も「iPhone SE」の第一世代を使っている方は買い替え時期や、いつまで使えるか気になっている方は多いのではないでしょうか。

 

・iPhone SEの第一世代がいつまで使えるのか
・iPhone SEの第一世代と第三世代の違い

 

今回はそんなiPhone SEの第一世代について。

近年のスマホ市場を参考に「iPhone SE」の第一世代がいつまで使えるのかについて筆者なりの考えをまとめました。

長年iPhoneシリーズを愛用する筆者がユーザー目線に立ち、利用に直結する重要なポイントに絞ってまとめました。

 

また、iPhone SEの第一世代と第三世代の違いについてもまとめています。

実際の使用感を元に2022年3月に発表された「iPhone SE」の第三世代と第一世代の違いについて解説しています。

iPhone SEの第一世代をお使いの方は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

iPhone SE 第一世代のスペックはいつまで通用するのか

まずはiPhone SE 第一世代のスペックを見ていきます。

iPhone SEを日常利用する上で重要な項目を赤字でまとめました。

重要な項目は下記にまとめていますので一つずつ確認していきましょう。

 

通信規格 4G
ディスプレイサイズ 4インチ
チップ A9
最低容量 32GB
防水機能 無し
最大ビデオ再生時間 12時間

 

まずは通信規格について。

iPhone 13など5G通信に対応した端末を利用してる人だったらわかりますが、渋谷や新宿など日本の大都心にても5Gに繋がることは少なく5G対応による恩恵は無いようなもの。

数年後には5G通信になるかもしれませんが、今時点では重要度はかなり低いです。

 

最新のiPhone SE 第三世代は5G通信に対応。

5G通信に対応した最も安いiPhoneとして話題ですが、iPhone 13を日頃から使ってる者からすると全く魅力は感じません。

また、近年ではフリーWifiが普及していてカフェ以外にも公共交通機関など様々な施設でWifiを利用できるので、キャリアの通信速度に左右されることが少ないです。

 

 

二つ目はディスプレイサイズ。

iPhone SE 第三世代は「4.7インチ」に対し第一世代は「4インチ」とかなり小さめ。

iPhone SEのディスプレイはスマホの中でも小さめなので、ソシャゲや電子書籍を読む時は苦労するはず。

 

第三世代と第一世代の差が「0.7インチ」と聞いて"たったそれだけ?"と感じる方もいるかもしれません。

この「0.7インチ」という差は、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの「0.6インチ」を上回っています。

iPhone SEの使い方にもよりますが、個人的にはディスプレイサイズが大きくなったのは買い替える理由として十分に感じます。

 

 

三つ目の最も重要な「チップ」。

iPhone SE 第一世代のチップは「A9」とかなり古く、高級化が進むアプリを動かすにはかなり貧弱です。

第三世代は「A15 Bionic」となっているので、処理能力の差は明らか。

 

スマホアプリ各社はスマホのスペックを考慮してアプリ開発を行っています。

iPhone SE 第一世代のような古いスマートフォンは動作保証対象外となるケースが多く、他のスマートフォンでは普通に動くアプリが動かないことも。

荒野行動やポケモンGOなど通信量が多いアプリはiPhone SE 第一世代でストレス無く動かすのは厳しいはずです。

 

 

四つ目は「最低容量」。

「最低容量」に関しては外部ストレージなどで写真や動画を外部管理できるので32GBでも何ら問題ありません。

64GBだろうが、128GBだろうが青空天井では無いので、長く使うことを考えたら遅かれ早かれポータブルSSDなどを使うことになると思います。

 

五つ目は「防水機能」。

近年では当たり前のようにスマホに備わってる「防水機能」がiPhone SE 第一世代にはありません。

「防水機能」はスマートフォン以外にも備わってることが多いので、iPhone SE 第一世代にも備わってると思ってる方は多いのではないでしょうか?

 

 

スマートフォンのように常に持ち歩いているアイテムは濡れる機会は少なくありません。

トイレで手を洗った時や雨が降った時など、手が濡れてしまうとiPhone SEが濡れるのは必然。

防水機能が無いことはそれだけ故障リスクがあることだと認識しておきましょう。

 

最後が「最大ビデオ再生時間」。

こちらは身近に充電機が解決しますし、無くてもポータブル充電器を持っていれば問題無いので気にする必要は無いでしょう。

12時間もあれば寝る前に充電すれば、次の日の日中は充電しなくても使えるはずです。

 

スポンサーリンク

iPhone SEの「第一世代」はいつまで使えるのか?

では実際にはiPhone SEの「第一世代」はいつまで使えるのか?

結論から言うと、チップ「A9」がボトルネックになりこれからの利用は厳しくなることが想像されます。

ポテンシャルが高いと評判のiPhone SEとはいえ処理能力の差を埋めるのは厳しいのが現状。

 

特に最近のアプリの傾向を見ると、iPhone SE 第一世代は動作保証対象外としている物もチラホラ。

チップスペックが低すぎるため、近年の標準スペックに合わせて開発されたアプリを処理し切れないというのが具体的な理由。

今後もスマホの処理能力は上がっていくので、事態が改善するということはないでしょう。

 

 

また、iPhone SE 第一世代は「ガラスフィルム」といったアクセサリーの取り扱いが無いのも厳しいでしょう。

既に第二世代、第三世代が発表されたiPhone SEの「ガラスフィルム」や「ケース」といったアクセサリーは入手が困難。

「ガラスフィルム」を交換できないとディスプレイに傷が付く可能が出てきてしまいます。

 

防水機能が備わっていないことによる故障リスクも理由の一つです。

現時点で壊れていないのであれば、iPhone SE 第一世代のような旧型は壊れる前に移行することをお勧めします。

壊れてしまうとデータ移動など面倒になってしまうので、動いている内に済ませておくのが無難でしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】iPhone SEの「第一世代」はいつまで使えるのか?

いかがでしたでしょうか?

今回はiPhone SEの第一世代はいつまで使えるのかについて筆者なりの考えをまとめてみました。

iPhone SEの第一世代はいつまで使えるのか気になる方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました