【2021年12月】iPhone SEは「第3世代」を待つべきか

iPhone SE
スポンサーリンク

【2021年12月】iPhone SEは「第3世代」を待つべきか

 

新型のiPhone SE(第3世代)はいつ発表されるの?

現時点で出てる噂やリーク情報はある?

 

 

iPhoneシリーズの中で名機と謳われることが多い「iPhone SE」。

iPhoneとしての機能性を保ちつつ、スペックを抑えることで低価格を実現したiPhone SEは、それまでの高価格イメージを崩したことで話題になりましたよね。

お手軽な価格であることから個人以外にも法人で社用携帯として用いられることも多く、発売から時間が経ちましたが未だその人気は健在です。

 

そんな人気なiPhone SEですが、iPhone SE(第2世代)の発売から約8カ月が経過。

巷ではiPhone SEの高い需要や、スマホの5G化を見込んでか新型であるiPhone SE(第3世代)に関する噂やリーク情報がSNSでは出始めています。

通常のiPhoneと比べたら革新的な噂やリーク情報はありませんが、最近は5G以外にもベゼルレスや有機ELディスプレイがありiPhone SE(第3世代)に期待してしまいますよね。

 

・iPhone SE(第3世代)を待つべきか
・現時点出ているiPhone SE(第3世代)の噂やリーク情報

 

今回は新型のiPhone SE(第3世代)について。

iPhone SEのリリース歴やSNSに転がってる情報を元にiPhone SE(第3世代)を待つべきかについて解説しています。

発売からもうすぐ1年が経とうとし、第3世代の噂がチラホラ出ている現在、iPhone SEを購入すべきなのか、それとも第3世代を待つべきなのか迷いますよね。

 

また、本記事ではiPhone SE(第3世代)の噂やリーク情報についてもまとめています。

Twitterやネットニュースに出回っているiPhone SE(第3世代)に関する「現実的な噂やリーク情報」を解説しています。

iPhone SEの購入を検討している方や、新型である第3世代に興味がある方は是非参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

iPhone SEは「第3世代」を待つべきか

まずは本題でもあるiPhone SE(第3世代)を待つべきかについて。

結論から言うと、第1世代と第2世代の発表間隔を参考にするとiPhone SE(第3世代)の発売はまだまだ先であることが予想されます。

余り話題になっていないので知られていませんが、iPhone SEは2020年に新型である第2世代が発表されているのはご存じでしょうか?

 

では実際にiPhone SEの第1世代と第2世代はどのくらい間隔が空いたのか。

発表時期はiPhone SEの第1世代が「2016年3月21日」に対し、第2世代は「2020年4月16日」と新型発表までに4年以上の間隔が空いています。

こう見るとiPadやMacBookと比べても新型発表の間隔がかなり長いように感じますよね。

 

 

新型発表の間隔が長かった製品が突然リニューアルされることは過去にありました。

しかし、他のApple製品と比べお世辞にも高い需要があるとは言えないiPhone SEが1年足らずで新型である第3世代を発表するのは考え辛いのではないでしょうか。

最近のトレンドであれば、AirPods ProやiPad Proの方に開発リソースを割いた方が採算が取れるのは我々ユーザーから見ても明らかです。

 

とは言え、SNSでは海外の有名アナリストが「〇〇〇〇年の○○月頃に発表される!」とツイートしているのは事実。

しかしながら、こういった新型発表に関するツイートは全く根拠が無く、過去に当たった内容もごくごくわずか。

新型発表を待ちわびるユーザーからするともしかしたらと期待してしまいますよね。

 

 

新型発表に関するツイートが全く根拠が無いと言ったらAirPods Proが良い例でしょう。

2020年からシーズン事にAirPods Proの新型が発表されるとアナリスト達がこぞってツイートしていましたが未だ新型発表はありません。

昨年は特にこういったツイートが多かったので、AirPods Proの購入を検討している方は振り回されたのではないでしょうか。

 

以上、筆者が考えるiPhone SE(第3世代)が近々発表されない理由でした。

SNSやネットニュースにある噂はリーク情報は根拠が無いため、「購入した後すぐに第3世代が発表されたらどうしよう」という気持ちを抱いている方も購入してしまった方が良いと言うのが筆者の結論です。

筆者はスマホ、タブレット、PC、イヤホンの全てですが、欲しいと思ったらすぐに買います。笑

 

 

仮に購入した後すぐに第3世代が発表されたとしましょう。

しかしながら、Apple製品のような高い需要を誇るiPhone SEはメルカリなどのフリマサイトで旧モデルであっても高価格で販売することができます。

購入してから半年くらいで第3世代が発表されたとしてもフリマサイトで旧モデルを売れば十分元は取れると思います。

 

余談ですが、2021年4月~9月のスマホシェア率はiOSが全体の41%を獲得。

圧倒的なiOSが評価されている日本では、iPhoneは新旧・シリーズ関わらず中古市場で高い価格で売買されています。

中古価格が高いということは1日当たりの利用コストが低いということなので、iPhoneはスマホの中でもコスパが良い部類だと思っています。

 

スポンサーリンク

iPhone SEの購入はAmazonがおすすめ

そんなiPhone SEですが、購入する際は「Amazon」がおすすめです。

「チャージタイプのAmazonギフト券」を介することで「最大で2.5%もポイント還元」を受ることができます。

流れとしては、iPhone SEを購入する前に「チャージタイプのAmazonギフト券」を購入するだけ。

 

また、Amazonではカスタマイズや保険に入ることもできます。

黒、白、赤の「カラーカスタマイズ」や「容量サイズカスタマイズ」に加え「Apple Care +」に加入することも可能です。

Appleストアで購入するよりもかなりお得なので是非チェックしてみてくださいね。

 

 

 

Amazonギフト券をチャージする

 

 

スポンサーリンク

iPhone SEは「第3世代」の噂やリーク情報

前述しましたが、SNSやネットニュースで囁かれている噂やリーク情報は何ら根拠がありません。

しかしながら、直近のApple製品のトレンドやリリース情報を参考に現実的な噂やリーク情報があるのは事実です。

本項ではこれらの情報をまとめてみました。

 

上位の「CPU(チップ)」搭載による処理能力の向上

iPhoneのみならず、iPadやMacBookの新型発表はCPU(チップ)の向上はマスト。

iPhone SEも第3世代は第2世代よりも上位CPU(チップ)を搭載されることが予想されます。

CPU(チップ)が強化されると処理速度が向上するので、YouTubeなど動画コンテンツが好きな方にとっては影響が大きいですね。

 

「ベゼルレス」よるディスプレイの拡大

直近で発表された新型製品のほとんどはベゼルレスが搭載されています。

ベゼルレスが搭載されていないのは「無印iPad」と「iPhone SE」くらいなので、遅かれ早かれこれらにも搭載されていることが予想されます。

直近でリリースされたiPhone 13やMacBook Proはベゼルレスの幅が更に小さくなったタイプが発表されたので、iPhone SE(第3世代)でも期待できるのではないでしょうか。

 

「Face ID」による認証のシームレス化

Apple製品の多くはは「Face ID」による認証処理が搭載されています。

実装コストが少なそうな理由からiPhoneSE(第3世代)にも「Face ID」が搭載される可能性は高そうです。

「指紋認証」と「Face ID」は賛否がわかれますが、マスクを付ける現代では「Face ID」は少々不向きかもしれませんね。

 

「5G」対応による通信の高速化

iPhone SE(第3世代)の「5G」対応はかなり理想的な予想です。

iPhoneシリーズの中で「5G」に対応している機種はiPhone 12とiPhone 13だけとかなり浅い機能なので、正味iPhone SEが「5G」対応する可能性はかなり低いと思います。

ただし、仮にiPhone SEが「5G」に対応したらかなりアツいですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ:【2021年12月】iPhone SEは「第3世代」を待つべきか

いかがでしたでしょうか?

今回は、iPhone SEの第3世代を待つべきかについて解説してみました。

iPhone SEの購入を検討している方や、第3世代を待つべきか迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました