【格付け】MacBook Airの重さは?持ち運びに最適なPCとは

MacBook Air

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【格付け】MacBook Airの重さは?持ち運びに最適なPCとは

・MacBook Airの重さはどのくらい?
・最新のMacBook Airは重くなったの?
・タブレットPCの中で最も持ち運び易い製品は?

 

本体の軽さとパワフルなスペックで人気の「MacBook Air」。

2020年11月のモデルチェンジでプロセッサがIntel社製から自社製へ移行し処理速度が大幅に向上。

今までスペック面でMacBook Proを避けていた方も、今回のアップデートで注目しているのではないでしょうか。

 

今回は、そんなMacBook Airの重さについて。

本記事ではMacBook Airを含め、MacBook ProやiPadを対象に「持ち運び」と「スペック」が優れたタブレットPCを格付けしています。

ユーザー視点に立ち、実際の使用感を含めた内容となっておりますので余りPCに詳しくない方でも理解し易いかと思います。

MacBook Airの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

【Aランク】MacBook Airは「重さ・処理速度・操作性」が良バランス

まずはMacBook Airの重さや使用感について。

MacBook Airは2020年に「Apple M1」を搭載したことでハイエンドモデルへ昇華、動画編集など処理速度が求められることも可能に。

僕は新型MacBook Airを購入後に動画編集をMacBook Proから移行したのですが、操作していて全く違和感がありません。

 

本体の軽量さも相まって僕のようなノマドワーカーには最適。

「1.29kg」にも関わらず幅広いシーンで活躍が期待できるMacBook Airは、社会人や学生、職種問わず多くのユーザーに受け入れられると思います。

ハンドバックでも余裕で持ち運べ、何なら素手で抱えるのも余裕なくらいの軽さです。

 

MacBook Airで動画編集は可能?最も軽い編集ソフトは?
MacBook Airでの動画編集について知りたいですか? 本記事はMacBook Airでの動画編集についてまとめています。 MacBook Airでの動画編集について知りたい方は是非ご覧下さい。

 

MacBookシリーズに備わってるトラックパッドもポイント。

「Apple M1」を搭載したことで処理速度が上がり、「トラックパッド」による直感的な操作の相性が最高。

重さを感じることなく、まるで指のようにマウスポインタを滑らかに動かすことができます。

 

MacBook Airの評価は「Aランク」。

「Aランク」の理由としては「重さ・処理速度・操作性」の3点のバランスが良いから。

MacBook Airは初めてAppleのPCを購入する方におすすめです。

 

スポンサーリンク

【Bランク】MacBook Proは「Touch Bar」による外部UIが神

続いてはMacBook Pro。

MacBook Proは「Apple M1」による優れた処理速度に加え、「Touch Bar」による外部UIと「高鮮度ディスプレイ」が特徴。

MacBook Pro特有の機能である「Touch Bar」はアプリケーションごとに操作項目が変わり、トラックパッドの操作機会を減らすことで疲労感を削減してくれます。

 

若干ではありますがディスプレイ性能もMacBook Airよりも上。

グラフィック性能が関係する動画編集などを行う際は「MacBook Air」よりも「MacBook Pro」に軍配が上がります。

「Touch Bar」という外部UIの豊富差も大きな要因に。

 

【2021年】MacBook AirとMacBook Proを比較
MacBook AirとMacBook Proの比較について知りたいですか? 本記事はMacBook AirとMacBook Proの比較についてまとめています。 MacBook AirとMacBook Proの比較について知りたい方は是非ご覧下さい。

 

一時期の「Touch Bar」は高級おもちゃと揶揄されてました。

しかし、僕のようなマウスを使わないトラックパッドメインのユーザーにとって指を動かす機会が減ったのは大きなメリット。

使ってみるとわかりませんが、長時間作業していても手が全く疲れないんですよね。

 

そんなMacBook Proの評価は「Bランク」。

理由としては「Touch Bar」以外に「MacBook Air」との間に大きな差が無いから。

Proというからには積んでる「メモリ」を増やしたり、「GPU」の数を上げて貰いたかったですね。

 

スポンサーリンク

【A+ランク】iPad Proは「PC」と「タブレット」と2面利用が便利

最後がiPad Proです。

iPad Proの「真価」はトラックパッドとキーボードを備えるアクセサリー「Magic Keyboard」装着して初めて発揮。

今までMacBook AirとMacBook Proの「性能・機能差」が無いことにモヤモヤしていたのですがそれが解消されました。

 

普段の僕はプログラムを書いたり、サーバーに入ってコマンドを叩いているのですが、メインで使っているタブレットPCは「iPad Pro」です。

トータル重量「1.28kg」にも関わらずMacBook Proと変わらない「スペック」と「操作性」を有し、通常時はタブレットとして使えるのは控えめに言って最高。

仕事もプライベートも1台のデバイスで完結するので、机の上も煩雑にならず本当に便利。

 

iPad Pro「2021年モデル」は買わずに待つべき?
iPad Pro2021年モデルは買わずにまつべきかについて知りたいですか? 本記事はiPad Pro2021年モデルは買わずにまつべきかについてまとめています。 iPad Pro2021年モデルは買わずにまつべきかについて知りたい方は是非ご覧下さい。

 

iPadのようなタブレットに対し「高級おもちゃ」というイメージを持っている方は少なくないのではないでしょうか。

以前の僕もiPad Proは「高級おもちゃ」として使いこなせなかったのですが、「Magic Keyboard」を購入したことで「コーディング」、「ブログ執筆」、「動画編集」、「Netflix観賞」の4役を1つのデバイスで済ませるようになりました。

お昼ご飯を食べに行く際は脇に抱え、お店でダウンロードしたテレビドラマを見ながらラーメンを食べたり。

 

そんなiPad Proの評価は「A+ランク」。

理由としては「UI」が「MacOS」と比べが良くないところ。

PC向けに開発された「MacOS」に劣るのは当然っちゃ当然ですが、MacBookに使い慣れてると違和感が否めません。

 

スポンサーリンク

まとめ:【格付け】MacBook Airの重さは?持ち運びに最適なPCとは

いかがでしたでしょうか?

今回はMacBook Airの重さついて解説しました。

MacBook Airの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました