2020年10月以前に製造されたAirPods Proにパチパチ音など不具合を含む可能性!

スポンサーリンク
AirPods Pro
スポンサーリンク

2020年10月以前に製造されたAirPods Proにパチパチ音など不具合を含む可能性!

 

2020年10月30日、Appleが

 

『AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム』

 

と題したAirPods Proのイヤホンに関する不具合を発表。

概要をざっくりとまとめてると以下の通り。

 

  • 問題は2020年10月より前に製造されたAirPods Proで発生
  • 問題が起きるのはイヤホンでケースは問題無い
  • 問題に該当する場合は無償修理サービスを受けられる(左右片方もしくは両イヤホンの交換)
  • 問題はイヤホンで発生
    • パチパチといった異音がする
    • ノイズキャンセリングが正常に動作しない

 

 

本記事は、僕のAirPods Proが上の問題でAppleへ連絡、Appleストアで無償修理サービスを受けるまでの記事になります。

 

AirPods Proを2020年の10月以前に購入した方で、普段使っていて異音やノイズキャンセリングに違和感を感じる方は要注意。

少しでも心当たりがある方は Apple - サポート - へ連絡しましょう!

 

公式発表は AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム からどうぞ。

 

問題の経緯とAppleへ連絡するまで

 

以前から使ってるAirPods Proで使用中にノイズや、片方のイヤホンだけノイズキャンセリングが発生しないという事象が発生。

この問題は昨年の秋から起きていて、2019年の11月頃に銀座Appleストアで両イヤホンを交換してもらいました。

 

しかしながら、数ヶ月後に同じ事象が再度発生。

AirPods Proをリセットしても改善しないのですが、1時間程放置すると改善するので最近まで様子見していました。

 

そんなところ、友人から「この記事見てイヤホン交換してもらったよー」という報告を受け急遽Appleサポートへ連絡。

 

本問題に該当する可能性が高いとのことで、Appleストアにて交換して頂くことになりました。

 

2020年11月3日 公式発表を見てAppleサポートへ連絡

 

最初は Apple - サポート - へ連絡しました。

結論から言うと

 

『継続的に発生しないとのことなのでしばらく様子を見て頂けますか?』

 

という回答の元、交換対応を見送られる事になりました。

 

冒頭に2019年秋にイヤホンを交換して貰ったけど問題は解決せず、継続的では無いにしても定期的に起きていると伝えたのに上記回答で困惑しました。

 

納得出来なかったので

 

サポートや修理サービスに関する Applehへのお問い合わせ に記載されてる日本用の電話番号へ連絡しました。

 

概要を伝えたところAirPods Proのスペシャリストに引き継がれ、内容を伝えたところ交換していただける事になりました。

 

本問題は最近発生したもので、下流のカスタマサポートは認識していない可能性があるので、直近で本件の問い合わせをする時は電話で行った方が良さそうです。

 

交換対応は『郵送』もしくは『Appleストア』を選択

 

肝心の交換対応はヤマトなど配達業者を交えた『郵送』か、店舗で行う『Appleストア』から選択できます。

 

自宅近くにAppleストアの表参道店があるので、こちらでの対応をお願いしました。

色々なAppleストアへは何度か足を運んだのですが、表参道店の対応が一番良かったのも理由の1つ。

 

担当者へAppleストアで対応を受けたい旨を伝えると、店舗へ行ける時間を聞かれます

時間を伝えるとその前後で予約を取ってくれます。

無事に予約が取れるとこのようなメールが送付されます。

 

 

Case ID(モザイク入れてます)とAppleストアの情報と予約した時間が記載されてます。

画像では渋谷店になっていますが、後から表参道店へ変更してもらいました。

予約時間は11月7日の15:15から行って頂くこととしました。

 

予約できる時間帯は柔軟で、土日も幅広い時間から選択することができます。

 

2020年11月7日 Appleストア表参道店でイヤホンを交換

 

11月7日の15:15にAppleストア表参道店で予約をとってもらったので、その時間に合わせて店舗へ行きました。

15分くらい前に到着したのですが、コロナ対策で10分前にならないと入場できないとのことで5分程待機。

 

時間になったらスタッフへ声に声をかけ、検温とアルコール消毒を済ませて入店します。

コロナ前と比べて店内のお客さんは少なく、店内で待ってる間も他のお客さんとの距離を広めに確保されていたように感じします。

 

10分くらい待つとスタッフさんが訪れ、まずはAirPods Proの診断から始まります。

この診断で落下などによる部品欠損が見つかると無料サポートを受けられなくなるようです。

僕のAirPods Proは特に問題ありませんでしたが、隣の人はイヤホンの内部パーツが壊れたり、ケースの充電パーツが壊れているとの話が聞こえてきました。

 

パーツを交換すると領収証を送るメールアドレス入力を促され、終わるとこのようなメールが送信されてきます。

 

 

こんな理由で○○が△△な対応をしました!

請求金額は□□円です!

 

という意味を表すメールですね。

交換後、何か問題が起きたらこのメールを参考にするようなので大切にした方が良さそう。

 

今現在、市場に出回ってるAirPods Proは大丈夫なのか?

 

一番気になる、『今現在、市場に出回ってるAirPods Proは大丈夫なのか?』という質問をしてみました。

結論から言うと

 

『Apple公式経由で買っていただければ大丈夫です。』

 

とのことでした。

公式発表直前にストア内の製品を入れ替えをしていたようで、公式からであれば大丈夫と自信を持って言えるとのこと。

 

Yahooショッピングや楽天など第三者が販売するAirPods Proは、2020年10月以前に製造された不具合を含んだAirPods Proをストックしてる場合があります。

こうした物が配給される可能性があるので、これからAirPods Proを購入する方はApple公式から購入した方が良さそう。

 

AmazonであればApple公式から5%オフで購入できるのでおすすめです!

参考までに各ショップへのリンクを貼っておきます。

 

価格
Yahooショッピング Amazon 楽天
¥28,280 ¥28,960 ¥28,470

 

2店舗よりAmazonは高めですが、安全を買うと考えたら安いのではないでしょうか。

店舗で買わない人はAmazonのApple公式ストアから購入することをおすすめします。

 

まとめ 2020年10月以前に製造されたAirPods Proにパチパチ音など不具合を含む可能性!

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、僕のAirPods Proが上の問題でAppleへ連絡、Appleストアで無償修理サービスを受けるまでをまとめました!

AirPods Proを2020年の10月以前に購入した方で、普段使っていて異音やノイズキャンセリングに違和感を感じる方はAppleサポートへ連絡しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました