AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違い

AirPods Pro

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違い

 

AirPods Proは2021年にモデルアップデートされたの?

2021年のモデルはそれまでの旧モデルと何か違いはあるの?

 

 

ワイヤレスイヤホンの中で圧倒的な人気を誇る「AirPods Pro」。

iPhoneやiPad、MacBookといったApple製品とのシームレスな連携や、ノイズキャンセリングの機能性が好評で多くのユーザーに利用されているiOS系向けワイヤレスイヤホン。

iPhoneユーザーであればイヤホンを購入する際に真っ先に思い浮かべるのがAirPods Proではないでしょうか。

 

そんなAirPods Proは2021年の新型AirPodsの発表に合わせてモデルアップデート。

AirPods Proも新機能の追加など大きなアップデートが期待されていましたが残念ながらそういったことはありませんでした。

2年程前からSNS上でAirPods Proの新型発表に関するリーク情報は出ていますがカスりもしないのが実情です。

 

【2022年01月】AirPods Proは「第2世代」を待つべきか
AirPods Proの第2世代に関する情報を知りたいですか? 本記事はAirPods Proの第2世代に関する情報を解説しています。 AirPods Proの第2世代に関する情報を知りたい方は是非ご覧下さい。

 

・AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違い
・AirPods Proを購入する際の注意点

 

今回はAirPods Proのこのような内容について。

AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違いについて解説しています。

AirPods Proの購入を検討している方は今回のアップデートが気になる方は多いのではないでしょうか?

 

また、本記事ではAirPods Proを購入する際の注意点についてもまとめています。

AirPods Proを購入する際は2021年モデルを購入するのが最善なのは言うまでもありませんが、Apple以外で購入する場合は下記の不具合が含んだ旧モデルを売りつけられる可能性があります。

AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違いに興味がある方や、購入を検討している方は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」は何が違うのか?

まずは本題でもあるAirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違いについて。

結論から言うと、「2021年モデル」と「旧モデル」の違いは「MagSafe充電器」によるワイヤレス充電器に対応したことくらい。

筆者のようにLightningケーブルによる高速充電をしているユーザーにとっては変化が無いも同然ですね。

 

「2021年モデル」と「旧モデル」の違いは「MagSafe充電器」に対応したこと以外は無し。

2021年モデルは製品価格の変更やノイズキャンセリングに並ぶような機能追加は行われていません。

そのため、「旧モデル」のAirPods Proを使っているユーザーはわざわざ「2021年モデル」のAirPods Proを購入するメリットはありません。

 

 

上であげている「MagSafe充電器」はこちらになります。

「2021年モデル」は「MagSafe充電器」でしか充電が行えないという訳ではなく、「旧モデル」と同様にLightningケーブルでも充電することができます。

電源アダプタの挿し込み口がType-CのLightningケーブルが同梱されているので、電源アダプタがある方は特に準備する必要はありません。

 

AirPods Proを充電する速度はLightningケーブルの方が上です。

Ankerなどが販売している高速充電器(30W以上)で充電した場合、「MagSafe充電器」とは比較にならないくらいの速度で充電が可能。

筆者のように自宅にいる時間が多いユーザーはワイヤレスでも問題ありませんが、外出機会が多い方は有線ケーブルの方が良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

AirPods Proを購入する際の注意点

最後にAirPods Proを購入する際の注意点をまとめています。

これからAirPods Proを購入しようとしている方は下記の「3点」に注意してください。

AirPods Proは3万円近い高額な商品なので、長く使うためにも購入の際は参考にしてみてください。

 

旧モデルを購入しないようにする

最も注意すべきは旧モデルの購入です。

最悪の場合、不具合を含んだ2020年10月以前に製造されたAirPods Proを掴まされる可能性があります。

筆者は発売直後に購入したので見事に不具合を踏んだのですが、交換する際はサポートに連絡したりととても面倒でした。

 

旧モデルを掴まされるよくあるパターンは非正規店で大幅値引きされたAirPods Proを購入するとき。

Appleストアからの購入であれば気にすることはありませんが、購入コストを抑えるために楽天市場やYahooショッピングの非正規店で購入する場合は注意が必要です。

安い製品には安いなりの理由があるといったところでしょうか。

 

 

モデル番号「MWP22J/A」のAirPods Proを購入すること

Appleは製品を世界展開しており、地域によってモデル番号を振り分けています。

購入する場合は日本向けに製造されたAirPods Proであることを示す、モデル番号「MWP22J/A」の製品を購入しましょう。

AirPods Proを購入する方の多くが見落としがちなポイントなので要チェックです。

 

「MWP22J/A」以外のモデル番号が割り振られたAirPods Proは「並行輸入品」として扱われています。

楽天市場やYahooショッピングで販売されてる安いAirPods Proはアメリカやシンガポール向けに製造された「並行輸入品」のAirPods Proの可能性が大。

購入する際は必ずモデル番号をチェックしましょう。

 

尚、並行輸入品だった場合は中古市場で販売し難くなります。

メルカリといったフリマ市場では「並行輸入品」のAirPods Proを嫌われる傾向にあるので、不要になった時に売れなくて困るといった事態に陥る可能性があります。

とはいえ、AirPods Proとしてものは一緒なので使う分には何ら問題ありません。

 

交換・返金、メーカー保証を受けられるショップで購入する

AirPods Proのような高額な商品は購入する場合は購入元を選ぶのも大切です。

筆者のおススメはAppleが出店しており、Apple Care+にも加入できる「Amazon」。

Amazonのチャット・電話サポートは24時間開いており、不良品だったとしてもすぐに交換・返金対応をして貰えます。

 

何よりもAppleが出店しているので変な製品を掴まされることが無いのも大きいです。

AmazonではAppleが出店しているので、上に記載した「旧モデル」や「並行輸入品」を掴まされることもなく、銀座や表参道のAppleストアで購入するのと何ら変わりありません。

メーカー保証も言うまでもなくとにかく安全です。

 

AppleストアではAirPods Proの値引きやポイント還元は行っていません。

しかし、Amazonでは「チャージタイプのAmazonギフト券」で0.5%ものポイント還元を受けることができます。

購入前に「チャージタイプのAmazonギフト券」を跨ぐだけなのでとても簡単ですよ。

 

 

Amazonでの買い物は「チャージタイプのAmazonギフト券」がお得です。

プライム会員ならキャンペーンエントリー後、「チャージタイプのAmazonギフト券」を5,000円以上クレカ決済すると「0.5%」のポイント還元を受けられます。

筆者のようにAmazonでたくさん買い物をする方はあらかじめチャージしておくのがおすすめですよ。

 

キャンペーンにエントリーする

 

 

スポンサーリンク

まとめ:AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違い

いかがでしたでしょうか?

今回はAirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違いについて解説しました。

AirPods Proの「2021年モデル」と「旧モデル」の違いが気になる方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました