Apple Watch Series 7の充電方法は?

Apple Watch
スポンサーリンク

Apple Watch Series 7の充電方法は?

 

Apple Watch Series 7の充電方法は?

iPhoneやApple Watchの過去モデルの充電器をApple Watch Series 7で使えるの?

 

日本で圧倒的人気なスマートウォッチ「Apple Watch」。

2021年9月には連続稼働時間や充電速度の向上、新型S7チップを搭載した「Apple Watch Series 7」が発表。

デザインもよりスタイリッシュになり、チタン製は高級感に溢れとても魅力的なデザインと評判です。

 

そんなApple Watchの欠点として長らく語られてるのが充電回り。

有線ケーブルによる充電が行えいApple Watchは充電速度の遅さが欠点でしたが、Apple Watch Series 7では充電速度が33%も向上。

結果として45分で80%も充電できるようになり、急時の際もすぐにバッテリーを回復できるようになりました。

 

・Apple Watch Series 7の充電方法
・iPhoneやApple Watchの過去モデルの充電器をApple Watch Series 7で使えるか
・Apple Watch Series 7を高速充電する方法

 

今回はApple Watchのこのような内容について。

Apple Watch Series 7の充電方法や、iPhoneなど他のApple製品の充電機がApple Watch Series 7で使えるかについて解説しています。

Apple Watchの充電方法は磁気充電を採用していることを認識している方は少ないのではないでしょうか。

 

また、本記事では高速充電についてもまとめています。

Apple Watchの過去モデルを使っている方は充電速度に不便さを感じていた方が多いと思いますが、こういった問題を解消する磁気タイプの高速充電器について解説しています。

Apple Watch Series 7の充電方法が気になる方は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

Apple Watch Series 7の充電方法

まずは本題でもあるApple Watch Series 7の充電方法について。

Apple Watch Series 7は専用の磁気タイプのワイヤレス充電器でのみ充電可能となっています。

一般的なワイヤレス充電器はQiタイプとなっており、Apple Watchを充電するための磁気タイプの充電機とはまた別物です。

 

Apple Watch Series 7はQiタイプのワイヤレス充電器には対応しておりません。

そのため、iPhoneやAirPods Pro向けのワイヤレス充電器ではApple Watchを充電することはできません。

筆者のようなiPhoneユーザーとしては、充電器をまとめ少しでも机の上を整理したいところですが、残念ながらまとめることはできません。

 

 

尚、Apple Watchの充電方法は磁気タイプのワイヤレス充電器のみです。

Apple Watch Series 7は有線ケーブルで充電できないので、必然的に有線ケーブルが一般的なiPhone、iPad、MacBook、いずれの充電器も使うこともできません。

Apple WatchはApple製品の中でも完全に独立した充電方法となっております。

 

尚、コンビニでApple Watchの充電器を扱っているところはほぼ無いかと思います。

コンビニで売られている充電器のほとんどがiPhoneやAirPods Pro向けのQiタイプのワイヤレス充電器なのがほとんど。

Apple Watch向けの磁気タイプのワイヤレス充電器はすぐ手に入る代物ではないため、筆者のようなヘビーユーザーは予備を準備しておくのが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

Apple Watch Series 7を高速充電する方法

最後に、Apple Watch Series 7の高速充電する方法について触れておきます。

結論から言うと、Apple Watch Series 7を高速充電する場合はApple純正の「Apple Watch磁気高速充電」がおススメです。

Apple純正の充電器はお世辞にも早いと言える物はありませんでしたが、筆者も使っているのですが過去の製品と比べて明らかに早いです。

 

ケーブルもApple純正のType-CケーブルでOK。

Amazonを見ると高速充電対応のType-Cと謳っている商品がありますが、純正と比較したことがありますが差を感じたことはありません。

Type-Cを買い替える場合は高速充電を謳っているものよりも、断線し辛い頑丈なケーブルを選択した方がコスパが良いと思います。

 

 

筆者は予備として上のAnkerの充電器使っています。

こちらの充電器を選んだ理由は「携帯性の高さ」と「Type-C対応」の2つ。

カフェならともかく旅行先のホテルでApple Watch対応の充電器を借りられたことはないので、Apple Watchを持っていたらこのようなコンパクト充電器を準備しておくのが無難です。

 

それ以外では自宅でiPhone、AirPods Pro、Apple Watchをまとめて充電するためにBelkinの充電器を使っています。

Appleストアに並ぶくらいスタイリッシュで、カラーをホワイトとブラックから選べるのが理由で購入したのですが高価格なのが難点。

割と有名ブランドのようですが、iPhoneやApple Watchの高速充電に慣れてる方からすると微妙かもしれません。

 

 

Apple Watchの充電方法に対応したサードパーティ製の充電器は数多く出ています。

充電器を購入する場合は電源コネクタがType-Cの物を選択し、30W以上の電源アダプタと組み合わせることですぐにバッテリーを回復できるはずです。

最近はApple Watch向けのポータブル充電器も出ているようなので、気になる方はチェックしてみてください。

 

最新のAnkerの充電器は最大45Wでの充電が可能。

Type-Cケーブル対応なのでiPhoneやiPad、MacBookなども高速充電できるので気に入っています。

内臓バッテリー量が少ないAirPods Proは一瞬でバッテリーを満タンにしてくれるのが良いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ:Apple Watch Series 7の充電方法は?

いかがでしたでしょうか?

今回はApple Watch Series 7の充電方法について解説しました。

Apple Watch Series 7の充電方法について興味がある方は参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました