Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法

Apple Watch

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法

 

Apple WatchでLINE(ライン)の電話通知が届かない・・・。
Apple WatchでLINE(ライン)の電話通知を受け取るためにはどうすれば良いの?

 

 

スマートウォッチ市場ので高いシェア率を誇る「Apple Watch」。

2021年9月に発表された「Apple Watch Series 7」では血中酸素濃度を計測したり、心拍数や心電図を測定できるようになり話題になりましたね。

近年の傾向から健康に対する意識が強くなり、Apple Watchはこういった方々への要望に応える機能を多く搭載しています。

 

そんな便利なApple Watchの機能の中でも利用頻度が高いのがLINE(ライン)。

iPhoneと連携することでLINE(ライン)にメッセージが届いた時や電話があった時にApple Watchに通知を出すことが出来ます。

わざわざiPhoneを開く必要が無く、手元を見るだけなので使いこなせたら凄く楽ですよね。

 

・Apple WatchでLINE(ライン)の電話通知が届かない時の対象法
・iPhoneとApple Watchを連携することでLINE(ライン)で出来ること

 

今回はApple WatchのLINE(ライン)について。

Apple WatchでLINE(ライン)の電話通知が届かない時の対象法についてまとめてみました。

Apple WatchでLINE(ライン)を連携するための設定方法について解説しています。

 

また、iPhoneとApple Watchを連携することでLINE(ライン)で出来ることについてもまとめています。

Apple WatchでLINE(ライン)で出来ることを完璧に把握している方は少ないのではないでしょうか?

Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法について興味がある方は是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法①「iPhoneの基本通話と統合」

まずは本題でもあるApple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法について。

Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時はiPhoneのLINEで設定画面を開き、「iPhoneの基本通話と統合」をオフにすることで問題は解消します。

設定方法はとてもシンプルですね。

 

しかしそもそも「iPhoneの基本通話と統合」がどういった設定なのか分からない方は多いと思います。

端的に言うと、iPhone画面がロックされた状態で電話着信のようにLINE電話も受け取るかどうかを制御する設定項目。

近年はわざわざ電話番号で電話をかけてくる方は少ないので有効化してる方は多いと思いますが、Apple Watchで通知を受け取るためにはオフにする必要があります。

 

スポンサーリンク

Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法②「おやすみモード」

もう一つが「おやすみモード」が有効になっているパターン。

iPhoneの「設定アプリ」>「集中モード」>「おやすみモード」が有効になっており、それがApple Watchにも同期されていると電話通知が届きません。

静かに寝たい方は知らず知らず「ナイトモード」と一緒に「おやすみモード」を有効にしていることもあるので確認しましょう。

 

しかしiPhoneだけで「おやすみモード」を有効にしたい方は多いと思います。

この場合はiPhoneの「設定アプリ」>「集中モード」>「おやすみモード」から「デバイス間で共有」をオフにしましょう。

「デバイス間で共有」をオフにすることでデバイスごとに「おやすみモード」をコントロールすることができます。

 

スポンサーリンク

iPhoneとApple Watchを連携することでLINE(ライン)で出来ること

最後にiPhoneとApple Watchを連携することでLINE(ライン)で出来ることについてまとめておきます。

Apple Watchできることは主に「メッセージ受信とスマートリプライによる返信」と「電話通知の受信」の二つ。

スマートリプライは定型文による返信で、実際に自分で文字を打つことはできません。

 

尚、Apple Watchを介してLINE通話はできません。

そのためApple Watchでは通知のみ管理し、返信や折り返しの電話はiPhone上から行うのが一般的です。

一見するとApple Watchでレスポンスを返せなくて不便に感じるかもしれませんが、知人からの連絡にいち早く気付けるのでとても便利だと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法

いかがでしたでしょうか?

今回はApple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法についてまとめました。

Apple WatchでLINE(ライン)電話の通知が届かない時の対象法について興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました