【解決】iPad Proに「保護フィルム」は不要なのか

iPad

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

【解決】iPad Proに「保護フィルム」は不要なのか

『みんなiPad Proの画面に保護フィルムを貼ってるの?』

『外に持ち出さないからiPhoneみたいに画面を割ることはないと思うんだけど・・・』

『イラストや図を描くときに保護フィルムを貼ってると描きにくい・・・』

 

一度は上記のようなiPad Proの保護フィルムで悩んだことはあるのではないでしょうか?

外へ持ち出さず自宅で使う分には本体を落としたり、ぶつけたりするリスクも少ないですし。

 

ただ、Apple Pencilでイラストや図を描いたりすると話が変わってきますよね。

僕もiPad Proを仕事中のメモ書き用として、Apple Pencilで図を描いてたので最初はとても迷いました。

 

そこで今回は、体験を元に『iPad Proに保護フィルムは不要なのか』を徹底的に解説しました!

iPad Proの保護フィルムでお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

iPad Proに「保護フィルム」は不要なのか

それでは本題でもある『iPad Proに保護フィルムは不要なのか』について。

 

結論から言うと

『iPad Proに保護フィルムは必要』

です。

 

理由は

『画面を割った時の修理費が高額過ぎる』

から。

 

画面を割ってバキバキになっても気にならない方や、修理費の支払いに困らない方であれば話は別ですが、それ以外は保護フィルムを貼ることを強くおすすめします。

iPad Proの画面修理費はモデルによっても異なりますが、AppleCare+に加入していなければ最低修理費が『¥40,800』とかなり高額!

下記に年代別に画面の修理費用をまとめましたので、ご自分がご使用のiPad Proを割った時にどのくらいの修理費がかかるか念のため把握しておきましょう。

 

  • 2015年 12.9インチ:¥63,800
  • 2016年 9.7インチ:¥40,800
  • 2017年 10.5インチ:¥48,800
  • 2017年 10.5インチ:¥48,800
  • 2017年 12.9インチ:¥63,800
  • 2018年 11インチ:¥53,800
  • 2018年 12.9インチ:¥69,800
  • 2020年 11インチ:¥53,800
  • 2020年 12.9インチ:¥69,800

 

僕はAppleCareに加入していないので、パリンした場合は「2018年 11インチ」ので「¥53,800」が修理費用としてかかってきます。

本体価格が¥108,000程だったのでほぼ半額の費用ですね・・・高過ぎる。

 

では、仮にAppleCare+に加入していた場合はどうなるのか。

AppleCare+に加入していた場合は、全モデルの画面修理費は一律の「¥4,400」となっておりAppleCare+の加入費の「¥14,800」と合わせると合計で「¥19,200」。

だいたい半額以下の値段で画面修理することが可能です。

 

ただし一点デメリットが。

AppleCare+の保証期間は購入から2年間となっており、2年を過ぎるとAppleCare+が適用されません!

つまり、2018年以前にAppleCare+に加入してiPad Proを購入した方は高額の修理費がかかることに。

 

修理費もそうですが、iPad Proはタブレットとしてとても優秀で仕事やプライベートの必需品という方も多いのではないでしょうか。

僕も切り離せないiPad Proを大切に、長く使いたいので保護フィルムを貼るようにしています。

 

保護フィルムは高くても「¥1,500」と修理費に比べたらとても安価。

最近ではApple Pencilでイラストを描く人向けの「ペーパーライク保護フィルム」もあり、¥1,500でiPad Proの「画面割れ」や「内部故障」を防いでくれのは安いと思いませんか?

 

次項では「保護フィルム」と「ペーパーライク保護フィルム」をご紹介します!

もし、iPad Proをお使いで保護フィルムを使っていない方は、是非この機会に検討してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

iPad Proのおすすめの「保護フィルム」

1つ目は『NIMASO』の保護フィルム。

Amazonで常にベストセラーとなっており人気な保護フィルムです。

メーカーとしての信頼性が高く、僕は現在ペーパーライクフィルムを使っているのですが以前はこちらの保護フィルムを使っていました。

 

価格もAmazonだと¥1,499とかなりなお手頃価格。

簡単にフィルムを貼るための『枠』が付いているので初心者でも安心!

個人的に初めて買う保護フィルムとしておすすめです。

 

2つ目は『ESR』の保護フィルム。

ESRはApple製品のアクセサリーを多数取り扱っており信頼性の高いメーカーとして有名です!

僕もiPhoneの保護フィルムはESRのを使っているのですが、適当に貼っても気泡が入らず驚いたことをよく覚えています。

 

こちらも簡単に貼るための『枠』が付いています。

価格もほぼ同じなのでNIMASOとどちらを選ぶかは好みの問題。

既にESR製品を長く使っていると言う方はこちらの方が安心するかもしれませんね。

 

保護フィルムは上記の通りとても安価です。

Amazonであれば購入から配送までもスピーディに行われるので、保護フィルムをお使いでない方は是非検討してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

iPad Proのおすすめの「ペーパーライク保護フィルム」

1つ目は『NIMASO』のペーパーライク保護フィルム。

僕は現在このフィルムを使っているのですが、Apple Pencilでの描き心地もよくとても満足!

通常の保護フィルムも「Apple Pencilでイラスト描けますよ〜」と謳っていますが、ペーパーライク保護フィルムと比べたら段違いですね。

 

アンチグレイ加工してるので指紋がほとんど目立ちません。

画面の汚れが気になり定期的に拭き拭きしてる方はこのフィルムがおすすめ!

iPad Proで動画を観る時とか指紋が気になりますよね。

 

2つ目は『PCフィルター専門工房』のペーパーライク保護フィルム。

こちらは水洗いすることが吸着力が回復して再利用できるのが特徴!

保護フィルムって一度貼るの失敗したらホコリやゴミが入って面倒くさくなるのが通例ですが、PCフィルター専門工房の保護フィルムはそんな悩みを解消してくれます。

 

こちらもアンチグレイ加工してるので指紋が目立つことはありません。

フィルムの表面も精巧に作られており、ペン滑りが程良い摩擦で描き心地が抜群!

イラストをがっつり描く方にはおすすめの保護フィルムです。

 

いかがでしたでしょうか?

ペーパーライクの保護フィルムも通常のフィルムと価格差は余りありません!

僕が実際に使ったペーパーライク保護フィルムをまとめておりますので、もっと知りたいという方はこちらを参考にしてみて下さいね。

 

【2021年版】iPad Pro向け『ペーパーライクフィルム』おすすめ5選
iPad Pro向け『ペーパーライクフィルム』のおすすめを知りたいですか? 実際に使ってる僕がiPad Pro向けのペーパーライクフィルムをまとめました! iPadで絵やメモを書こうとしてる方や、新しいペーパーライクフィルムをお探しの方は是非ご覧下さい!

 

スポンサーリンク

まとめ:【解決】iPad Proに「保護フィルム」は不要なのか

いかがでしたでしょうか?

今回は、体験を元に『iPad Proに保護フィルムは不要なのか』を徹底的に解説しました!

iPad Proをお使いで保護フィルムを使っていない方は、是非この機会に検討してみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました