【2021年】iPad Pro(アイパッド・プロ)の値段や機能解説

iPad

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

【2021年】iPad Pro(アイパッド・プロ)の値段や機能解説

  • 2021年に発売したiPad Proの値段や機能はどんな感じ?
  • 前モデルとから何が変わったの?
  • 2021年モデルは買い?それとも待った方が良い?

 

日本で大人気の「iPad Pro」。

最新のiPad ProはMacBook Proにも劣らない機能性を持っており、発表直後はたいへん注目されましたね。

今回は、そんな2021年に発表したiPad Proについて。

巷では高い評価を得ている2021年モデルですが、具体的にどのような部分が優れているかわからない人は多いのではないでしょうか?

 

本記事では2021年に発売したiPad Proを購入した僕が「値段」や「機能」、「実際の使用感」について解説しています。

 

主にiPad Proを使ったことが無い方への内容となっております。

iPad Proの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

iPad Pro(アイパッド・プロ)の 値段や機能

本題でもiPad Proの値段や機能について。

まず初めにiPad Proの基本要件を抑えておきましょう。

注目すべき部分を赤文字で記載しています。

2021年に発売したiPad Proは11インチと12.9インチの2モデルとなりますのでそれぞれ分けてまとめました。

 

11インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\94,800
セルラーモデル価格:\112,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:466g(WiFiモデル) / 468g(セルラーモデル)
コネクタ:Thunderbolt

 

12.9インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\129,800
セルラーモデル価格:\147,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:682g(Wifiモデル) / 684(セルラーモデル)
コネクタ:Thunderbolt

 

いかがでしょうか?

正直なところ、パッと見で何が良いのかわからない方は多いのではないでしょうか?

次項から赤文字の部分を絡め、2021年モデルの優れた点を解説していきます。

スポンサーリンク

プロセッサ「Apple M1」による超高速処理

2021年モデルの最も売りである「Apple M1」。

iPad Proに興味を持った方であればApple M1というキーワードをご存じの方は多いのではないでしょうか?

「Apple M1」は「Intel Core i7」と同等もしくいはそれ以上の機能性を持つプロセッサ。

MacBook ProなどハイエンドモデルPCが搭載するプロセッサを2021年モデルは搭載してしました。

その結果どうなるかというと・・・

 

  • 「PhotoShop」など高負荷アプリケーションの動作
  • 「YouTube」や「Netflix」の動画再生の安定化
  • 「GoogleChrome」や「Safari」のWebブラウジング高速化

 

2つ目と3つ目は多くの方に恩恵をもたらすかと思います。

また、2021年モデルはプロセッサの機能を100%引き出すために「メモリ」も強化されています。

前モデルは6GBでしたが、8GBというハイスペックPCと同等の搭載量に。

このように、2021年モデルではプロセッサやメモリが大幅に強化されたことで、今まで以上に活躍の場が広がりました。

 

 

こちはiPad Proに「キーボード」と「トラックパッド」、「ケース」の3機能を搭載するiPad Pro向けアクセサリー。

「Magic Keyboard」を搭載することで普段はタブレット、作業する時はMacBookという使い方が可能になります。

僕のようなWebエンジニアやデザイナーにとっては最高のアイテム。

ノマドワーカーのような拠点を持たない人にとっても最高でしょう。

スポンサーリンク

Thunderboltによる最大40Gbpsのファイル転送

プロセッサと同等に進化したのが「コネクタ」です。

2021年モデルではThunderboltを搭載したことで最大40Gbpsという爆速ファイル転送が可能になりました。

家電量販店で売られている一般的なPCのファイル転送速度は10~20GBなので、2021年モデルの異常性がよくわかります。

「そんなファイル転送が早くても私には関係ないよ」

 

って思った方がほとんどかと思います。

スマホで撮影した「写真」や「動画」の保存方法に悩んだことはありませんか?

iPadやiPhoneのストレージには限界があり、保存できる写真や動画に制限がありますよね。

しかし、外付けSSDを用いることで2021年モデルでは高速なファイル送信が可能に。

 

  • 外付けSSDに写真や動画を保存することでiPhoneやiPad Proの容量を削減
  • 外付けSSDとiPad Proを組み合わせることで大量の写真や大容量の動画を爆速移動

 

今までのiPad Proはストレージの容量と価格がボトルネックに。

僕自身、高いオプション料金を支払ってストレージを強化するか悩んでいました。

最終的には最低容量のストレージを選択、別途外付けSSDを購入して写真や動画を移動。

しかし、爆速ファイル転送が可能になったことで外付けSSDによるファイル管理の利便性が大向上することになりました。

ちなみに、僕はこちらのSamsungの外付けSSDを愛用しています。

 

【2022年版】iPad向け『SSD』おすすめ4選
iPadで使えるSSDのおすすめを知りたいですか? 今回は、SSDが大好きな僕がiPadで使えるおすすめのSSDを紹介します! iPad用にSSDをお探しの方は是非ご覧ください!

 

スポンサーリンク

iPad Pro(アイパッド・プロ)の値段に対する使用感

僕は2020年モデルから2021年モデルの11インチへ買い替えたのですが、個人的には大変満足しています。

満足した内容は下記の通り。

 

  • 「MacBook」が無くても仕事ができる
  • 「MacBook」と比べて持ち運びが超楽
  • 「Magic Keyboard」を装着することで「遊び」と「仕事」を1つのデバイスで完結できる

 

僕の場合はPCが不要になりました。

MacBook Proが「\170,000」程だったので、Magic Keyboardを込みでもiPad Proの「\94,800」はだいぶ安い。

iPadシリーズの中で最も高価なiPad Proですが、トータルコスパはとても良いなと思います。

 

iPhoneやMacBookを使っている方、特にタブレットをお持ちではない方に大変おすすめです。

2021年モデルのiPad Proは「値段以上の機能性」を持っていることは間違いないと思っています。

気になっている方は是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ:【2021年】iPad Pro(アイパッド・プロ)の値段や機能解説

いかがでしたでしょうか?

今回は「2021年モデルのiPad Proの値段や機能」についてまとめてみました。

iPad Proの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました