【2021年】iPadシリーズの「値段比較」まとめ

iPad
スポンサーリンク

【2021年】iPadシリーズの「値段比較」まとめ

  • iPad mini/Air/Proの値段はどのくらい違うの?
  • 各モデルごとのスペックや違いは?
  • どのモデルがおすすめ?

 

日本でも大人気のタブレット「iPad」。

YouTubeで動画を観るときや、モニターのサブディスプレイにするなど幅広い利用方法がありますよね。

最近発売されたiPad Proに至ってはPCに劣らないスペックを有しており、動画編集など今までPCで行っていた作業もiPadで可能に。

今回は、そんな「iPadシリーズの値段比較」について。

iPadは無印/mini/Air/Proの4種類が存在、それぞれ値段やスペックが異なります。

本記事では「iPad各シリーズの値段」と「利用用途に応じたおすすめモデル」を解説しています。

これからiPadの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

iPadシリーズの値段比較

まずは本題でもiPadシリーズの「値段比較」について。

まずは4つのシリーズの「最低価格」を確認していきましょう。

  1. iPad \38,280
  2. iPad mini \50,380
  3. iPad Air \66,880
  4. iPad Pro \94,800

一番安いのが2020年9月に発売した無印のiPad(\38,280)。

その次がiPad mini(\50,380)。

3番目が2020年10月に発売し、カラー展開の多さが話題になったiPad Air(\66,880)。

そして最も高いのが2021年5月に発売し、MacBookに劣らないスペックで話題のiPad Pro(\94,800)となります。

 

廉価モデルのiPadが\38,280に対し、ハイエンドモデルのiPad Proが\94,800とその値段差は約\60,000。

比べてもわかる通り、iPadシリーズはモデルによってかなりの値段差があることがわかります。

次項ではモデル毎に「スペック」や「用途」、「購入に向いている人」を解説していきます。

 

スポンサーリンク

iPadシリーズの値段比較 ①iPad

 

最近はAirやProばかり注目を浴びていますが、無印の「iPad」があるのをご存じでしょうか?

「iPad」の特徴はなんと言っても「お手頃価格」ですが、2020年にモデルチェンジしたAirと並ぶ新しめのモデルとなります。

廉価モデルではありますが「A12チップ」を搭載しており、AppStoreでインストールできるアプリケーションや、動画再生は問題無く動作します。

Apple Pencilの第1世代にも対応しており、イラストやメモを取ることも可能。

しかしながら、容量が低めなので外付けSSDを持っておくと便利で、ディスプレイも10.2インチと余り大きくないので動画鑑賞にも向いていません。

個人的には「ソーシャルゲーム用」など遊びで使う方におすすめのモデル。

\40,000以下でApple製のタブレットが買えるってすごくないですか?

発売日:2020年09月18日
Wi-Fiモデル価格:\38,280
セルラーモデル価格:\54,780
ストレージ:32GB/128GB
ディスプレイサイズ:10.2

 

スポンサーリンク

iPadシリーズの値段比較 ②iPad mini

 

タブレットの中でコンパクトということで大人気の「iPad mini」。

ハードウェア面で目立った特徴はありませんが、「重量」と「サイズ」が最強。

手で持って使っても全く疲れないし、ハンドバッグやボディバッグにも余裕で入ります。

バッグへ入れずとも持ち運べるので、iPadの中でも最も外へ持ち出し易いモデル。

「YouTubeで動画を観たいし、Kindleで電子書籍も読みたい!」という方に大変おすすめ!

Kindleは電子書籍には最適ですが動画が見れないので、両方楽しみたい方にはもってこいのタブレットでしょう。

発売日:2019年03月18日
Wi-Fiモデル価格:\50,380
セルラーモデル価格:\66,880
ストレージ:64GB/256GB
ディスプレイサイズ:7.9

 

スポンサーリンク

iPadシリーズの値段比較 ③iPad Air

 

たくさんのカラー展開で話題になった「iPad Air」。

「A12チップ」を搭載しているので複数のアプリケーションを同時並行して動かせるうえ、「ベゼルレス」でイラストや動画鑑もカバーできるのが特徴。

トータルコスパが良く、初めてiPadを購入する方にはもってこいでしょう。

iPad最強アクセサリー「Magic Keyboard」に対応しているのも嬉しく、こちらを搭載すればほぼMacBook言っても過言ではありません。

スペックが求められるPhotoShopなどのAdobe製品を動かさない方であればiPad Air一択と良い位おすすめ。

カラーバリエーションも豊富で今までApple製品には無いカラーも追加されてますね。

発売日:2020年10月23日
Wi-Fiモデル価格:\69,080
セルラーモデル価格:\85,580
ストレージ:64GB/256GB
ディスプレイサイズ:10.9

 

スポンサーリンク

iPadシリーズの値段比較 ④iPad Pro

キング・オブ・iPadこと「iPad Pro」。

2021年5月に「M1チップ」を搭載してしまい、MacBook Airを軽く凌駕し、タブレットの域を超越した最強のiPad。

PhotoShopやiMovieは余裕でサクサク動き、同時にYouTubeやNetflixを再生しても余裕。

最新のiPad Proを使いこなすには「Magic KeyBoard」が無いと不可能と言われるくらいのフィジカル性能を誇ります。

遊びで使うにはオーバースペックにも程があるため、ノマドワーカーなど色々な場所で働かれる方におすすめのモデル。

僕は1個前のモデルを使用していますが、MagicKeyboardと合せて使うことでPhotoShopによる動画編集、コーディングなどPCと何ら変わらず作業できてます。

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\94,800
セルラーモデル価格:\112,800
ストレージ:128GB/256GB/512GB/1TB/2TB
ディスプレイサイズ:11/12.9

 

スポンサーリンク

iPadの購入は「Amazon」がおすすめ

結論から言うと、iPadを始めApple製品は「Amazon」での購入がおすすめ。

理由はAppleがAmazonに出店しているため「メーカー直販」でき、且つ「値引きに」加え「最大3.5%のポイント還元」を受けれるため。

Yahooショッピングや楽天でも販売されていますが、代理店からの購入になるためリスクがあります。

その点、Amazonでは銀座や表参道のAppleストアで購入するのと何ら変わりないので、購入方法としては最も安全。

街の家電量販店でも売っていますが、交通費や移動時間を考えるとAmazonで購入するのが最も効率良いです。

 

もし、AmazonでiPadを購入する場合は「チャージタイプのAmazonギフト券」がおすすめです。

最大2.5%のポイント還元を受けることができ、通常のポイント還元と合せるとマックス3.5%。

僕は日用品、食べ物など全てをAmazonでまかなってるのでよく利用します。

Amazonでのお買い物は『Amazonギフト券 チャージタイプ』がお得!

買い物前にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

 

Amazonギフト券をチャージする

 

スポンサーリンク

まとめ:【2021年】iPadシリーズの「値段比較」まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「iPadシリーズの値段比較」についてまとめてみました。

iPadの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました