【実録】2021年版iPhone向け最強ガラスフィルムレビュー

iPhone

【09/25】Amazonで「AriPods Pro(第二世代)」が5%還元(1,990ポイント)


09/25現在、Amazonで2022年9月23日に発売したAirPods Pro(第二世代)が5%ポイント還元中!

5%ポイント還元(1,990ポイント)の実質「37,810円」でAirPods Pro(第二世代)を購入するチャンスです。

現時点で最もお得に購入できるのはAmazonです。


スポンサーリンク

【実録】2021年版iPhone向け最強ガラスフィルムレビュー

 

2021年のiPhone向け最強ガラスフィルムはどれ?

iPhoneをぶつけたり、落としても画面割れを防いでくれる最強のガラスフィルムが欲しい!

 

 

日本で圧倒的な人気を誇る「iPhone」。

2021年9月には新機能「シネマティックモード」を搭載した「iPhone 13シリーズ」が発表されました。

自動でフォーカスを合わせたり、撮影後にフォーカス調整できることが話題となりました。

 

そんな便利で大人気なiPhoneですが、切っても切り離せないのがぶつけたり、落下による画面割れ問題。

ガラスフィルムを貼っているにも関わらず、画面が割れてしまって残念な気持ちになったのは筆者だけではないのではないでしょうか。

ガラスフィルムは種類が多く、様々なメディアでレビュー記事が投稿されていますが実際にどのガラスフィルムが最強なのかわからないですよね。

 

・2021年時点での筆者が思うiPhone向け最強ガラスフィルム
・紹介するガラスフィルムの経験談(ガラスフィルムを貼った状態で落下やぶつけた時のお話)

 

今回はiPhone向けのガラスフィルムについて。

筆者が考える2021年時点でのiPhone向け最強ガラスフィルムについてまとめました。

iPhone向けのガラスフィルムは多々ありますが、その中で実際に使ってみて良いと思った製品を中心に解説しています。

 

また、本記事では紹介しているガラスフィルムを実際に使用している筆者の使用感についてもまとめています。

ユーザー目線に立って気になるポイントを抑えていますので、iPhoneを使われている方はすんなり入ってくると思います。

2021年時点でのiPhone向け最強ガラスが気になる方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

2021年版iPhone向け最強ガラスフィルム

まずは本題でも2021年時点での筆者が考えるiPhone向け最強ガラスフィルムについて。

筆者が使っていたiPhone向けガラスフィルムの中で「強度」はもちろん「貼り易さ」を加味すると「NIMASO」と「ESR」の2択。

筆者はかれこれ10年近くiPhoneやiPad、MacBookを使うAppleユーザーですが、ガラスフィルムを含むアクセサリー類がこの2社の製品がほとんどです。

 

強度だけで考えたら製品ページに記載されてる「硬度表示」を参考するのが無難。

ただし「9H」といった硬度が高いガラスフィルムはiPhoneに貼る際に気泡が入ってしまうことが度々あり、それ以降は「NIMASO」や「ESR」といった有名ブランドを選ぶようになりました。

Apple製品のアクセサリーを余り扱っていないマイナーブランドということも原因だったかもしれません。

 

 

強度はもちろんですが貼り易さも大切だと思っています。

貼り易さは当人のスキルに左右される部分もありますが、製品のレビューコメントが参考になります。

実際に使っている人の感想はともて参考になるので、選択する際の参考になると思います。

 

また、「NIMASO」や「ESR」はiPhoneの各モデルごとにガラスフィルムを展開しています。

最新の「iPhone 13」から「iPhone SE」といった旧モデルまで、ガラスフィルムを幅広く展開しているので数世代前でも大丈夫。

有名ブランド、強度、貼り易さ、値段を考えるとこの二社がおすすめです。

 

値段についてはほとんどのメーカーが1,000円程でガラスフィルムを販売しています。

価格差Amazonであれば最短で翌日には届くので、使っているガラスフィルムが割れるといった急ぎで必要な時も安心。

Amazonはレビューコメントも多いのでチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

筆者が使っているガラスフィルムは「NIMASO」

現在筆者が使っているのは「NIMASO」のガラスフィルムです。

筆者はiPhoneを落としたりすことが度々あるのですが、今のところiPhone本体に傷が付いたことはありません。

地面に落とすと凄くヒヤヒヤしますよね。

 

しかしながら、ガラスフィルムが割れたことは2~3回あります。

ガラスフィルムが割れたのは筆者が落としたことが理由ですが、それはiPhone本体を守ってくれた証拠。

実際にこうした経験があるので、筆者は「NIMASO」のガラスフィルムを信頼しています。

 

貼り易さも他社製品(ESR)と比べて大差ありませんでした。

貼る際は細かいホコリを取らないと気泡が入ってしまうのでこの点だけは注意が必要。

ホコリが無ければガラスフィルムをiPhoneへ被せるだけでスッと貼ることができます。

 

スポンサーリンク

まとめ:【実録】2021年版iPhone向け最強ガラスフィルムレビュー

いかがでしたでしょうか?

今回は筆者が考える2021年版iPhone向け最強ガラスフィルムについてまとめてみました。

2021年版のiPhone向け最強ガラスフィルムを探している方は是非参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました