【傑作】iPad Pro2021年モデルは買うべきか

iPad
スポンサーリンク

【傑作】iPad Pro2021年モデルは買うべきか

  • iPadの2021年モデルの出来はどんな感じ?
  • 前モデルと比べ大きなアップデートはあった?
  • どんな用途に向いてるの?

 

日本で大大大人気のタブレット「iPad」。

2年前からiPadは大きな進化を遂げ、PCに劣らないスペックを搭載し様々な活用が出来るようになりました。

昔は動画編集のような高負荷なソフトウェアはPCで動かしていましたが、iPadではサクサク動かせる時代となってしまいました。

ノマドワーカーの増加に伴い、PCよりも手軽に持ち運びできるタブレットで仕事が行える環境をAppleは目指しました。

今回は、そんな「iPad Pro2021年モデル」について。

2021年5月にAppleは新型となるiPad Proをリリースしました。

控えめに言って最高のiPad Proとなった訳ですが、本記事では「スペック」や「利用用途」、「どのような人に向いているか」を解説しています。

iPad Pro2021年モデルの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

iPad Pro2021年モデルのスペックや前モデルとの比較

まずはiPad Pro2021年モデルのスペックを確認していきましょう。

2021年モデルは「11インチ」と「12.9インチ」が発表されましたので、それぞれ分けて解説します。

着目すべきポイントを赤字で記しています。

 

11インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\94,800
セルラーモデル価格:\112,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:466g(WiFi) / 468g(Cel)
コネクタ:Thunderbolt

 

12.9インチモデル

発売日:2021年05月21日
Wi-Fiモデル価格:\129,800
セルラーモデル価格:\147,800
チップ:Apple M1
ストレージ:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
メモリ:8GB(128~512GBストレージ) / 16GB(1~2TBストレージ)
重量:682g(Wifi) / 684(Cel)
コネクタ:Thunderbolt

 

一番のポイントは搭載チップの「Apple M1」。

MacBook AirやMacBook Proに搭載してるチップと同じ物で、PhotoShopのようなアプリケーションもサクサク動かせます。

前モデルからAdobeソフトも動かせることが話題になっていましたが処理速度的にまだまだ不安定。

しかし、今回のアップデートで処理速度が上がり、動画や画像の編集といったPCで行っていた作業をiPad単体で行えるようになりました。

2021年モデルで最も大きなアップデートは「Apple M1」の搭載と言っても過言では無いでしょう。

個人的に、このアップデートだけでもiPad Pro2021年モデルを買う価値があると思っています。

 

そしてそして、今回のモデルは搭載メモリも明示化されています。

ストレージが512GBまでは8GB、1TBからは16GBを搭載。

M1チップを動かすにはそれ相応のメモリが必要ですが、最低8GBという十分過ぎるくらいのスペック。

 

スペックをまとめます。

2021年モデルのスペックに非の打ちどころは無く、高スペックPCで行っていたほとんどの作業をカバーできます。

iPad向け最強アクセサリーの「Magic Keyboard」を装着すれば普段はタブレット、仕事する時はPCとして使えます。

もはやMacBook Proの上位互換となってしまった訳です。

6~7万の中途半端なPCを買うくらいであれば、iPad Pro2021年モデルを買うべきでしょう。

 

スポンサーリンク

iPad Pro2021年モデルと前モデルの比較

最後に、前モデルからの変更点を解説します。

細かいことを挙げるときりがないので、ユーザー視点で利用に直結する部分をまとめていきます。

 

搭載チップが「A12Z」から「Apple M1」へ進化

前モデルでは「A12Z」を搭載していましたが、2021年モデルでは「Apple M1」に進化しました。

2021年モデルを発表したイベントではM1チップ搭載が大きな話題に。

今まで何となくMacBook Proと同じスペックだろうと言われていたことが明確になりました。

2021年モデルの一番の売りは「Apple M1チップ」であることに間違いありません。

 

ファイルの「最大40GBps」の転送が可能に

iPadを購入する際に一番迷うのがストレージ容量ではないでしょうか?

写真だけだったらまだしも、イラストや動画を管理するとなるとストレージ逼迫は死活問題。

仮にストレージを2TBへ拡張したとしても、仕事で利用するのであれば半年も経たずに底をついてしまうでしょう。

そこで登場するのが外付けSSDですが、難点としてはファイルの転送速度。

動画など大容量ファイルを転送する場合はそれなりの待ち時間が発生します。

しかし、2021年モデルでは「最大40GBpsというとんでもない転送速度」により大容量ファイルの転送問題を解決しました。

このアップデートにより心置きなく128GBのストレージを選択できるようになりました。

【2021年版】iPad向け『SSD』おすすめ4選
iPadで使えるSSDのおすすめを知りたいですか? 今回は、SSDが大好きな僕がiPadで使えるおすすめのSSDを紹介します! iPad用にSSDをお探しの方は是非ご覧ください!

 

2021年モデルの11インチは「重量を削減」された

上のような大アップデートが行われた2021年モデル。

そんな11インチタイプは重量が「5g」削減されました。

 

こんな大きなアップデートをしたのに重量を減らせるって謎じゃないですか?

逆に上がっても何ら不思議じゃないのに。

たった5gと言われたらそれまでですが、Appleのユーザーに快適に使って貰いたいという企業努力を感じたのであえて記載しました。

 

 

個人的に今回のアップデートは大満足です。

かくいう僕は2021年モデルが前々から気になっていたのですが、本記事を執筆してる中でAmazonでポチりました。

今持ってるMagic Keyboardと合わせ最強のノマドワーク環境を構築したいと思います。

 

 

もし、AmazonでiPadを購入する場合は「チャージタイプのAmazonギフト券」がおすすめです。

最大2.5%のポイント還元を受けることができ、通常のポイント還元と合せるとマックス3.5%。

僕は日用品、食べ物など全てをAmazonでまかなってるのでよく利用します。

Amazonでのお買い物は『Amazonギフト券 チャージタイプ』がお得!

買い物前にAmazonギフト券をチャージするだけで最大2.5%還元されます!

 

Amazonギフト券をチャージする

 

スポンサーリンク

まとめ:【傑作】iPad Pro2021年モデルは買うべきか

いかがでしたでしょうか?

今回は「iPad Pro2021年モデル」についてまとめてみました。

iPadの購入を検討している方は是非参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました