【解決】iPhoneのアラーム音がデフォルトになる時の対処法

iPhone

Amazon BLACK FRIDAY(12/01 23:59まで)の目玉商品まとめ!




今年も始まりましたAmazonのBLACK FRIDAYによるビッグセール。

まずはこちらから「ポイントアップキャンペーンにエントリー」しましょう!

キャンペーンにエントリーすることで最大10,000円分のポイント還元を受けることができます。

 

Amazonギフトカード(チャージタイプ)


キャンペーンにエントリーすることで誰でもAmazonギフトカードをチャージすることで0.5%のポイント還元を受けられます。

クレジットカードもOKなので購入前にAmazonギフトカードをチャージするだけで0.5%のポイント還元を受けられちゃいます。

尚、プライム会員であれば更に0.5%追加の計1%もポイント還元されます。

 

「プライム会員」の初回30日間無料体験はこちら


 

【29%off(-11,180円)】Apple AirPods Pro(第一世代)


第一世代のAirPods Proがなんと29%offの11,180円値引き。

値下げやポイント還元どころか円高で価格が上昇したAirPods Proをここまで安く購入できるのはこの機会くらいでしょう。

Apple Watch SEと並ぶ人気商品であるため前回は2日目にして売り切れました。

【10%off(-4,961円)】Apple iPad(10.2インチ)


2021年に発売した新型iPadが10%offの4,961円引き。

廉価版iOSタブレットとしてイメージが強いiPadですが昨年のアップデートで大きく進化。

そこら辺のWindows PCやAndroidタブレットと凌駕するスペックを有しており幅広く利用できとても人気です。

 

【22%off(-7,200円)】Sony WF-1000XM4


SonyのノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が24%offの8,000円引き。

AirPods Proと比較されがちなWF-1000XM4ですが、音質が良くバッテリー持ちも良いのでとして人気です。

コスパが良いのでAndroidユーザーにはおすすめです。


【19%off(-4,500円)】Kindle Paperwhite & 純正ファブリックカバー + 保護フィルム


今回も対象となったKindle Paperwhiteはセットで19%offの4,500円引き。

仕様上、iPhoneと同じでカバーは防護フィルムは必須なので初めてKindleデバイスを使う方におすすめ。

Paperwhiteは防水使用なので入浴中にも使えるので、ゆっくり湯船に浸かって漫画を楽しんだりと汎用性は高め。


【51%off(-61,300円)】ルンバ i7+

created by Rinker
アイロボット(IRobot)

水拭きにも対応したルンバのハイエンドモデルが51%offの61,300円引き。

お掃除ロボットとして大人気のルンバが半額以下で手に入る大チャンス。

上の値段はあくまで値引きだけなので通常の1%ポイント還元とキャンペーンポイントも考えると異常です。


【20%(-898円)】Anker Nano II 65W


コンパクトなのに65Wというパワフルな充電力で人気のNano IIが20%offの898円引き。

W数だけで言えばAppleの純正品の約2倍あるのでiPhoneはもちろんMacBookでさえもすぐに充電できるから超便利です。

本体サイズがかなり小さいので持ち運びにも便利です。

 

【50%(-3,500円)】Fire TV Stick 4K MAX


テレビでYouTubeやNetflixを見れることで人気のFire TV Stickのハイエンドモデルが50%offの3,500円引き。

過去のセールではだいたい35~40%offを推移していたので今年のFire TV Stickはかなりお買い得です。

とても便利なアイテムなので動画コンテンツをよく見る方は是非試してみてください。

   

【36%off(-8,720円)】エルゴトロン MXVモニターアーム


モニターアームメーカーとして信頼性が高いエルゴトロンのMXVモニターアームが36offの8,720円引き。

モニターアームを装着することでディスプレイの台座が無くなり机のフリースペースが広がります。

ゲームをプレイする方など机前にいる時間が多い方におすすめです。


【22%off(-991円)】SAVAS ホエイプロテイン


Amazonのセールで大人気のSAVASも22%offの991円引き。

プロテインは朝食代わりなど栄養補給としても優れているので筋トレをしない方でも利便性が高いです。
筆者はいつもAmazonのセールでストックしてます。


スポンサーリンク

iPhoneのアラーム音がデフォルトになる時の対処法

 

iPhoneのアラーム音を設定してもデフォルトになってしまう・・・。

 

国内で高いシェア率と人気を誇る「iPhone」。

2021年9月に新機能「シネマティックモード」を引っ提げ、大きくカメラ機能が向上した「iPhone 13シリーズ」を発表。

発表イベントではiPhone 13 Proを使って製作されたショートムービーが公開され話題になりましたよね。

 

そんなiPhoneはユーザーに適した様々な設定が可能で、目覚ましなどで使うアラーム音も自由に設定することができます。

筆者もiPhoneのアラーム音を設定していますが、設定しているにも関わらずデフォルトになってしまったことがある方は多いのではないでしょうか?

iPhoneは設定項目が多いので、設定したのに意図した動きをしないと何かiPhoneに問題があるんじゃないかと不安になってしまいますよね。

 

・iPhoneのアラーム音を設定してもデフォルトになる時の対処法

 

今回はiPhoneのこのような内容について。

iPhoneのアラーム音の設定をしてもデフォルトになる時の対処法について解説しています。

筆者が過去にアラーム音を設定してもデフォルトになった時に実施して解決した方法をまとめています。

 

また、本記事ではアラーム設定の項目について詳しく解説しています。

iPhoneではアラーム設定を幅広くカスタマイズすることができるので、無機質なアラーム音が苦手な方は是非チェックしてみてください。

iPhoneのアラーム音の設定をしてもデフォルトになることにお困りの方は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

iPhoneのアラーム音を設定してもデフォルトになる時の対処法

まずは本題でもあるiPhoneのアラーム音を設定してもデフォルトになる時に対処法について。

筆者の経験上、「アラーム音のダウンロード確認」と「iOSの最新化(再起動を含む)」の2点を確認することで解決しています。

順に解説していきます。

 

アラーム音のダウンロード確認

アラーム音をの設定はアラーム編集の「サウンド」から行いますが、ストアから購入した音楽を設定している場合は要注意。

サウンドで設定している音楽がiPhone本体にダウンロードしていないと、仮に指定していたとしても音楽が鳴りません。

iPhoneの容量を整理するために不要なデータを削除する際、アラーム音として指定した音楽を誤って削除してしまうことが原因と考えられます。

 

iOSの最新化(再起動を含む)

現在、iOSでは指定したアラーム音が鳴らない不具合が発生しているようです。

仮に既存の着信音(アップリフトやオープニングなど)を指定しているにも関わらず、デフォルトの着信音(レーダー)が鳴る場合は不具合を踏んでいる可能性が高いです。

不具合自体は一時的なようですが、2016年頃から再現しているようで未だ解消していない可能性が高いです。

 

対策としてはiOSの最新化と端末の再起動。

まずは「設定アプリ」から「一般」>「ソフトウェア・アップデート」からiOSが最新か確認し、もし最新のiOSがリリースされている場合はアップデートをしましょう。

iOSをアップデートする際はインストールしているアプリの互換性を確認しておくことをおすすめします。

 

ソフトウェア・アップデートを開いてiOSが最新である旨が表示されたら端末の再起動を行いましょう。

iPhone本体の側面にあるボタンを長押しし、ディスプレイの案内に従って操作しiPhoneを再起動をします。

筆者の場合、アラーム音を設定してもデフォルトになる問題が発生したらiPhoneの再起動を行うことで解決することが多いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneのアラーム音がならない時の対処法

最後に、iPhoneのアラーム音がならない時の対処法について解説します。

アラーム音とiPhone設定の関係を知ることで、アラーム音を設定していてもならなくて気付けなかったという事態を避けることが目的です。

iPhoneのアラームを多用している方は是非参考にしてみてください。

 

アラーム編集の「サウンド」が「なし」になっているとアラームがならない

アラーム編集の「サウンド」ではならすアラーム音を設定できますが、「なし」を設定することもできます。

「サウンド」が「なし」になっていると仮にそのアラームが有効になっていてもアラームはなりません。

個人的に不要な選択肢だと思っていますが、誤って「なし」にしているとアラームに気付かない事態に陥るので覚えておきましょう。

 

iPhone本体の音量が小さくなっていないか

iPhoneの側面には音量を設定するボタンがあります。

音量が小さくなっているとアラーム音も小さくなるので、目覚まし時計として設定している方は常に音量は一定にしておくことをおすすめ。

筆者はマナーモードにしておけば音量は中くらいに設定していていますが、今のところ日常生活で支障を来すことはありません。

 

「マナーモード(サイレントモード)」でもアラーム音はなる

よくある疑問の1つがマナーモード下のアラーム音について。

iPhoneではマナーモード(サイレントモード)であったとしてもアラーム音がなります。

マナーモードにした状態で寝てもアラーム音は鳴るので安心してください。

 

「おやすみモード」でもアラーム音はなる

マナーモードと同様におやすみモードでもアラームはなります。

おやすみモードにするとLINEなどの着信音がならなくなりますが、アラーム音はちゃんとなります。

おやすみモードの設定は「設定アプリ」の「集中モード」>「おやすみモード」から行えます。

 

スポンサーリンク

まとめ:iPhoneのアラーム音がデフォルトになる時の対処法

いかがでしたでしょうか?

今回はiPhoneのアラーム音がデフォルトになる時の対処法について解説しました。

iPhoneのアラーム音がデフォルトになってお困りの方は是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました