【解決】AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法

AirPods Pro
スポンサーリンク

【解決】AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法

『AirPods Proを落としたらケースが故障してしまった』
『ケースが故障したら修理?それとも新しく買い直し?』
『AirPods Proが部分的に故障したらどうすれば良いの?』

AirPods Proの故障に関するこのような悩み。

AirPods Proを使っていたら一度はあるのではないでしょうか?

 

今回は、AirPods Proのケースが充電できない時の対処法をまとめました!

外へ持ち出す機会が多いAirPods Proは落として故障させてしまうのはあるあるです。

本記事ではAirPods Proのケースやイヤホンが部分的に故障した時の対処法を解説しています。

AirPods Proの充電仕様は分かり辛く「実は充電できていた」ということもあるある。

合わせて充電方法や確認方法についてまとめていますので、AirPods Proを使われてる方は是非参考にしてみてくださいね。

【2021年】国内正規品の『AirPods Pro』をとにかく安く買う方法
国内正規品の『AirPods Pro』をとにかく安く買う方法を知りたいですか? 本記事では国内正規品の『AirPods Pro』をとにかく安く買う方法を詳しく解説しています! AirPods Proに興味を持っていたり、購入を検討してる方は是非ご覧下さい!
スポンサーリンク

AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法 ①実は充電されている

『充電できていないと思ってたら実は充電できていた』というパターン。

「何を言っているんだ?」と思うかもしれませんが、これかなりあるあるです。

AirPods ProはLightningケーブルを挿して充電中でも『充電ランプ』は点灯しません。

Lightningケーブルを刺した直後は点灯しますが、すぐに充電ランプは消えてしまうのです。

何も知らないと、オレンジ色という明らかに「充電が足りていないことを示す色」が点灯し、すぐに消えてしまうので、何も知らないと勘違いしてしまいます。

 

でもご安心を。

充電ランプが消えても充電器が壊れていない限りちゃんと充電できています。

AirPods Proの充電の確認は、ペアリングしたiPhoneやiPadからしか行えません。

充電ランプの消灯を理由に充電できていないことを疑ってる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【解決】AirPods Proの『充電ランプが消える』について
AirPods Proの『充電ランプが消える』挙動についてまとめました! Lightningケーブルを刺したのに充電ランプが消えて困惑してる方は是非ご覧下さい!
スポンサーリンク

AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法 ②充電器の故障

『充電器のアダプタやケーブル』が壊れているパターン。

特にケーブルは断線し易く気付いたら使えなくなってたというのはよくあります。

充電器やアダプタとケーブルにわかれていて原因の切り分けが難しいのが難点。

まずはAirPods Pro以外の電子機器にケーブルを挿してみて、別の機器でも充電できないか確認してみましょう。

 

ケーブルは折り曲げたりすると断線の原因になります。

ケーブル類はかさばるのでまとめたくなりますが、なるべくゆるーく巻いて保管
してあげましょう。

ゴムなどで括らずかるく巻いてるだけでも故障率を下げることができますよ。

 

しかしながら充電器は消耗品です。

経年劣化による故障もあるので、もし壊れたらすっぱり諦めて新しい物を購入しましょう。

参考までに僕が使ってる充電器をご紹介します。

AirPods Proは『30W』充電器を使うことで高速充電することが可能!(純正品が20Wなので約1.5倍早く充電可能)

1家に1つあるととても便利なので、是非お手に取ってみて下さいね。

1つ目は『AUEKY』のケーブル充電器。

コンパクトでありながら30Wという高速充電が可能で、しかも¥2,900とコスパが良いのが特徴です!

純正品と値段はほぼ変わらないので、メーカーにこだわりが無ければこちらの充電器がおすすめ。

カラーもブラックとホワイトから選べるので、好みに合わせて選択できるは良いですね。

 

2つ目は『RAVPower』のケーブル充電器。

Type-CとUSBの2ポートで、それぞれ最大31Wで充電できるのでiPhoneを使ってるユーザーには最適!

汎用性が高い充電器なので1つ家にあるととても便利。

Appleの1ポート充電器と同じサイズなので完全な上位互換ですね。

スポンサーリンク

AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法 ②ホコリが溜まっている

『Lightningポートにほこりが溜まり』接触が悪くなってるパターン。

AirPods Proのような精密機器はほこりや汚れに弱く、これらが原因で充電できなかったり、ノイズキャンセリング不調の原因に。

Lightningポートにほこりが溜まるとケーブルを挿しても接続が届かず充電できない時があります。

 

ホコリ以外にも汗など気付いたら汚れていることが多いので、定期的に掃除してあげましょう。

AirPods Pro以外にPCやゲーム機にも使えるので、電子機器を多くお持ちの方にはおすすめです。

 

1つ目は、目に見えないホコリをとってくれる『エアダスター』。

ゲーム機やPCを長く使ってるとファンがうるさくなる時がありますが、原因のほとんどはファンにホコリが溜まってることです。

AirPods Proも防塵機能は備えておらず、ホコリには弱いので定期的に払ってあげましょう。

エアダスターは利便性が高く、PS4やNintendo Switchといったゲーム機や、自宅のお掃除にも使えるので一家に一つあるととても便利。

 

2つ目は汚れを拭き取る『液晶用ウェットテッシュ』。

AirPods Proは耐汗機能を備えてますが、乾いたら「塩」なので拭き取りましょう。

こちらもPCやゲーム機など幅広く使えるので1つあると便利ですね。

エレコムは値段も安く、ネットでもすぐ購入できるので個人的におすすめです。

スポンサーリンク

AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法 ②Appleサポートへ連絡

『原因がわからない』というパターン。

ユーザーが試せるのは上で紹介した3つが限界でしょう。

ここまでやって解決しない場合はハードウェア側の問題である可能性が高いです。

ハードウェアの問題となるとユーザーではどうしようもないので、Appleのカスタマーサポートへ問い合わせましょう。

Appleのカスタマーサポートへ連絡する場合は お問い合わせ - Apple サポート から。

 

尚、アップルストアへ直接行っても対応してくれないことがほとんど。

カスタマーサポートは『ジーニアスバー』というシステムで、お客と担当者のスケジュールを管理しているので事前予約が必須です。

アップルストアでは「ハードウェア診断」を行ってくれるので、故障してる場合は一発でわかります。

カスタマーサポートへは電話もしくはチャット形式で行うことができます。

スポンサーリンク

まとめ 【解決】AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法

いかがでしたでしょうか?

今回は、AirPods Proの『ケースが充電されない』時の対処法をまとめました!

ケースが充電されずお困りの方の参考になったら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました